クラッチオーバーホール修理!滑り過ぎに ご用心!【ミニキャブ・クリッパートラック編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

ある日、突然 

「リリり~~~ン」と 電話が鳴り 出てみると 


『クラッチが 滑ってきてるので 直して~!』  と お客さん からでした


車を走らせて・・・・・・20分後に 到着!


対応されたのは 事務員さん


いつもの様に 鍵だけ 渡されて 「後は お願いね!」



早速、工場へ帰還しようと 車に乗り込むが・・・・・・・  『えッ! 全然 動かへん!』( ̄^ ̄)


 「滑り かけ」 と 思い込んだのが 「失敗!」やった  


「ミイラ取りが ミイラに?」   『オイラが SOSしたい!』


クラッチペダルが 「パン パン」 に張っているが  調整をすれば 「少しは 動くかも?」


しかし、工具らしき物は 何一つ持参してないのが 『イタタタぁ~~』


一旦、引き返す事も 考えたが 「めんどい」 ので 


車内に有った 使えそうなモノを 拝借して 「何とか 調整完了!」 


しかし、走るとは言え 「チャリとエエ勝負!」  には参ります


途中、ミラー越しに後ろを見ると 我が車両を先頭に 始まった 「大渋滞!」  


オイラは 「すっかり 悪者扱い!」 
  

そんな中 ようやく戻ってきました ミニキャブ OEM車両 クリッパートラックです 

ミニキャブ・クリッパートラック

学んだ事は 「クラッチの SOSは 気~付けよ」



では 車両をリフトアップして 見てみましょう!


とは言っても 症状が明らかで 診断する必要も無いので


「クラッチの オーバーホール」を やります


ミニキャブ・クリッパートラック

先ずは この辺から 外して



その他 次々に 引っ付いてるパーツを 取り除き

ミニキャブ・クリッパートラック

軽トラぐらいなら 「人力」で いけそうな 気もするが


ミッションジャッキで 受けて降ろします


ミニキャブ・クリッパートラック

クラッチの ディスク と カバー を 外します


ミニキャブ・クリッパートラック

カバーのプレッシャープレートの 表面は


指で ナゾルと 凹凸が 酷くて 「ガタ ガタ」 です


ミニキャブ・クリッパートラック

ディスクの 「スリット」 は 


「遥か昔に!?」 消え失せた模様  


リベットが 「こんにちは!」 しており 



メクレ上がる寸前で 大変危険です


ミニキャブ・クリッパートラック

フライホイールは




ミニキャブ・クリッパートラック

説明するまでもないでしょう!


ミニキャブ・クリッパートラック

クラッチオーバーホールで


ディスク と カパーは 交換するのに 


このフライホイールは 「そのまま使用!」 って事も見掛けますが


使用時の 「シャクリ」 や 「減り」 に 影響しますので


「面研」 で対応します

ミニキャブ・クリッパートラック

パイロットベアリングも 「ゴリゴリ!」 で


交換です


ミニキャブ・クリッパートラック

左  :  新品                             右 : 取り外し品

ミニキャブ・クリッパートラック


ミッションケースの中も


クラッチディスクの 削れカスで 真っ黒


しかも 「焼けた」 臭いが プンプン


ミニキャブ・クリッパートラック

ケースの 汚れが とても 気になるので


この際 綺麗にしてやります。


「シュッ シュッ」 と 化学兵器で 汚れを 浮かして

ミニキャブ・クリッパートラック


洗い流すと


見違えるように 綺麗に なりました



ミニキャブ・クリッパートラック


新品の スラストベアリングの摺動部分に 




こってり グリスを 詰め込み


ミニキャブ・クリッパートラック


ベアリングを リテーナーに 収めます



この時 「メンドラの ガタ!」 も確認しておくのが 大切です


ミニキャブ・クリッパートラック

後は


クラッチの 取付を します


今回は sst を 使ってセンター出しします


ミニキャブ・クリッパートラック


ミッションを 載せる前に


この 「ノックピン!」   


ミッションを 抜く時に これが硬くて 格闘したので



ヤスリ で 「ゴシゴシ」 丸めときます


ミニキャブ・クリッパートラック

ミッションを 近づけて


取付ボルトの 位置関係を 確かめて

ミニキャブ・クリッパートラック

ガチャコン します


時の運で スプラインが 硬かったり 


センターが ズレでたりして 手こずる事もしばしば



今回は 「ノックピン」 を仕上げたお陰?で



意外に すんなりと 入ってくれました


ミニキャブ・クリッパートラック


ミッションオイルも汚れてたので



ついでに 交換しておきまして



ミニキャブ・クリッパートラック

最後に クラッチの 「切れ」 「シャクリ」 など


異常が無いのを 確認して


クラッチオーバーホールが 完成しました



思えば クラッチ修理よりも   『引き取り作業 が エラかった!』 



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示