効かない!車のエアコンを修理しましょう!【マツダ プレマシーエアコン修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

こんなに 暑くなって来ると 



「エアコンが 効かない!」       「エアコンの 効きがイマイチ!」




と言うような症状が  顕著に表面化してきます。



今回は 「ネットを見た!」と言う



マツダ プレマシー車両です



マツダ プレマシー


入庫して お客さんから お話を聞くと



 『エアコンの季節になり いざ!使ってみると 効かなくて・・・


  カー用品店で ガス補充してもらったが 暫くして・・・・・・・』




 
ダメのようです



では、どんな感じか!  



とりあえず ゲージを突っ込み 診てみます


マツダ プレマシー


幾らかは? 残っているみたいですが



「明らかに 少ない!」 ようです




そして エアコンのスイッチを 入れてみますが   『30.7℃』



マツダ プレマシー


冷気らしいものは 感じられず




まったくもって 「送風!」 




これじゃ~  「我慢 ならん!」 のも解ります


マツダ プレマシー


では、 作業開始 と行きましょう!




バンパー周りから  バラしていきます


マツダ プレマシー



マツダ プレマシー

ガス切れ状態 でもあるし   これまでの整備暦など



知らない事ばっかりなので




まずは 


「効き具合」   「圧力状態」     「詰まり」 等々 



漏れ関係 以外に    「冷えない 要素!」 が ないか?



エアコン基本システムの  「動作状況を 確認してやる!」   



「基本点検診断!」 が 重要である考えます。



その時  多少ガスが残ってるから!といって 「補充!」 や 「継ぎ足し!」 みたいな事は 遠慮して



基本である    真空引き ⇒ ガスチャージ 



をする事で 本来の状態が 把握できると思います


マツダ プレマシー


十分な 真空引きを 済ませて



ガスを 注入してみます


マツダ プレマシー

エアコンスイッチを 「ON!」



暫くすると   ダクトから それなりの  「冷気!」 が 出だして



エアコンシステムは  「生きている!」 のが 確認できました

マツダ プレマシー

しかし、「生きている!」 だけでは 物足らん!



「どんだけ 冷えるか!?」  「エアコン サイクルに 問題ないか!?」 が 重要です



適正な量まで ガスを充填していき



「ゲージ」 と 「サーモメーター」 を 繰り返し見比べて



システムの 良否 を 判断していきますが




どんな お車でも  「能力劣化!」 しているものですから



総合的に  「判断する!」  のが難しいもんです


マツダ プレマシー

.8℃』 


作動 や システム には 問題ナシ  「良」  と判断しましたところで



お次は 本題の  「漏れてる!」 ところを 探しましょう!



とりあえず ココから

マツダ プレマシー


「痕跡が有るぞ!」 


マツダ プレマシー


続きまして



室内機の エアポレーターを 探りましょう!



フィルターを 取り除いた



マツダ プレマシー


その僅かに出来た 「隙間!」 から




「スケベ心?」   で   「そっと 覗き見?」




すると


どうやら 「反応アリ!」 と判断!


マツダ プレマシー


コンデンサーは? と言うと



これといって 怪しいところは 見つからず



で 良しとします


マツダ プレマシー

後は パイプ&ホースを確認して


最後に ココ


ガスを注入したり  エアコンの良し悪しを診る時に


ゲージを 突っ込む  「サービスバルブ」


マツダ プレマシー


ゲージホースを 引き抜けば  自動的に  「栓をする!」 ので



ついつい 最終確認を 怠る所で ありますが



マツダ プレマシー


こんな具合です


マツダ プレマシー

点検 & 診断 が終われば


取替作業に 掛かります



手始めに


エアコンの心臓部である  コンプレッサーです


マツダ プレマシー

マツダ プレマシー

コンプレッサーの取り付けが 終われば



エバポレーターの 取替を やってみます


マツダ プレマシー

このお車は エンジンルームから 室内へと引き込まれる



エアコンパイプが 見えず



アチコチの 部品を 取り外すことになります



マツダ プレマシー


こんな感じで バッテリーの 裏側に 連結されております


マツダ プレマシー



マツダ プレマシー

連結パイプを 取り外した後は



室内側に 回り込み



エアコンユニット目掛けて バラします



マツダ プレマシー

マツダ プレマシー

中央に 映っている  黒くて 四角い物体が ユニットです


奥の方の 取り付けボルト ナット その他の 部品を外して



「グリ グリ!」  引き出してみましたが  



ダッシュの 一部分が    「邪魔して 抜けへん!」



たまに こんな車が あります


マツダ プレマシー

こんな時は 問答無用で!



「ゴリ  ゴリ  ゴリ ・・・・!」   やりま


マツダ プレマシー

「切ってください!」 と言わんばかりに  スジが 入っていたので  


「間違いない!」 ハズ?(笑)




どうせ 切り込まれる  「運命?」  なら


メーカーも 初めから取ってくれれば エエのに!

マツダ プレマシー


コレが  取り外した エアコンユニットです


マツダ プレマシー

そして ユニットを 分解して 外した エバポレーターです

マツダ プレマシー

新品の エバポレーター


比較してみれば  「黒ずみ」 が 違います

マツダ プレマシー


取り外した エパポレーターを



もう一度 「痕跡!」 を確認してみます




マツダ プレマシー



マツダ プレマシー


マツダ プレマシー

エバポレーターを ユニットケースに組み込み



元の位置に 取り付けまして



お次は


エアコン修理に 欠かせない 定番品! 



 「リキタン」

マツダ プレマシー

これも 交換しときます

マツダ プレマシー


最後に


「エアコン修理の盲点!?」


マツダ プレマシー


所詮  「Oリング!」 ですから



そのうち  「漏れまっせ!」


マツダ プレマシー

交換作業が 終わったので



  真空引き ⇒ ガスチャージ 



やってみます

マツダ プレマシー

入念に 真空引きを やりまして


長時間、放置しときます



そして 真空状態の 確認をしてから



ガスを 注入します


マツダ プレマシー

早速


エアコンスイッチ 「ON」 して


コンプを 働かせて  「冷え具合」 を みます



27.7℃』

マツダ プレマシー


16.1℃』


効いてきました

マツダ プレマシー


.6℃』


この程度なら 「良」 です

マツダ プレマシー


.0℃』


かなり エエ感じ

マツダ プレマシー


十分 冷えましたので


最後に 取り付け部分の 再確認を 済ませて



エアコン 「漏れ 修理」 が 完了です



今回は ありがとうございました



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> R134→R12に変換可能でしょうか???


ヤリましょうか?

凍死しますけど(笑)





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示