水が漏れてるぞ!ウォーターポンプ&ホース修理【ホンダ アクティ・ストリート編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は 


車検で お預かりしました



仕事に! 街乗りに! 最適な ワンボックスタイプの 「軽」



ホンダ ストリート(HH3) です  


ホンダ アクティ ストリート 


お客さん曰く


「普段は 月に数回の ちょこっとした買い物に! そして 年に数回の墓参りに 使うぐらいで


 全然乗ってないし、 どこも悪くないので・・・・・・・・」  



ホンダ アクティ ストリート 

と お決まりの 常套句?


車齢が そこそこ逝ってるので 怪しさ満点!


タイヤを外して 見ると



早速  「発見!」



「アカ~ン やん!」  「水が漏れてるやないかいっ!」 


ホンダ アクティ ストリート 


エンジンを掛けている 間は



「ポタ ポタ」  滴り落ちてきます  



「滲みやっ!」 みたいな程度なら どうにか誤魔化しで? なんとかやってみるところですが 



それどころの次元じゃなく   ガッツリ  「アウト」  です


ホンダ アクティ ストリート 

ウォーターポンプや! というよりは



その辺り 全部や! って感じ  


ホンダ アクティ ストリート 

リヤゲートをオープンして


ホンダ アクティ ストリート 

エンジンサービスカバーを 開けて 見渡すと


怪しさが プンプンしてきます
 

ホンダ アクティ ストリート 


下から 覗きこんでみたら  「ヤッパリ!」

 
アッパーホースからも チョロチョロ と  クーラントが 漏れ出していて


これまた アウトです  



ホンダ アクティ ストリート お


お客さんに 報告しますと  


「しゃ~ないなぁ~  水漏れ関係、修理しといて~」


と シブシブ? 了解してもらって バラし 開始です



ホンダの この手のエンジンは



タイミングベルトに カバーが掛かっているのは 勿論ですが



ファン&クーラー ベルトまで カバーが掛かっているので



点検や バラし にも 手を焼かせる やり難いエンジンです



ホンダ アクティ ストリート

ホンダ アクティ ストリート 

タイミングベルトが 見えるところまで バラして

ホンダ アクティ ストリート

ホンダ アクティ ストリート 

ウォーターポンプの 周囲を見ますと


カビが生えたように  


あちこち クーラントが 漏れ出した 痕跡が あります


ホンダ アクティ ストリート 

では、ホースを 取り外していきます


ホンダ アクティ ストリート 

アッパーホ-スも交換です

ホンダ アクティ ストリート

ホンダ アクティ ストリート 


ホースが 終われば


サーモケースと ウォーターポンプ を 外します


ホンダ アクティ ストリート 


サーモケースの取り付け部分からも


染み出している 感じが 分かります


ホンダ アクティ ストリート 

長年 お役に立った サーモスタットも



この際 交換しておきます


ホンダ アクティ ストリート 

サーモケースを 取り付け 


ロアーホースと ヒーターホースも 


当然 交換しておきます


ホンダ アクティ ストリート 

お次は  ウォーターポンプを やります


このウォーターポンプは Oリングで シールして 水漏れを防ぐタイプですが


右の 取り外した ヤツ には 液体ガスケットも 合わせて 塗られています


不安要素たっぷり? の メーカー設計?



この辺りが ウイークポイント かもです



左の新品 Oリングは 幾分か 太く見えます



って事は 「対策 Oリング?」  



ホンダ アクティ ストリート 


ウォーターポンプの 取り付け面を きれいにして 準備しておきます

ホンダ アクティ ストリート 

ウォーターポンプを 付けまして


ホンダ アクティ ストリート 

タイミングベルトも 張り

ホンダ アクティ ストリート 

後は バラした パーツ達を 組み付けまして

ホンダ アクティ ストリート 
組みつけが 終われば


クーラントを入れて エア抜きをしていきます


ラジエターが前にあって エンジンが後ろにある


リヤエンジンタイプの車は  とにかくウォーター経路が 長い上に


ホースや パイプの アップダウンも 絡み合って  エアが抜けにくい構造になっております



「抜けた かな?」 と 思って放置してたら


「空焚き」 になってた と言う話も聞きますので 要注意!

ホンダ アクティ ストリート 

エア抜きが 済んだら


漏れを確認して 終了です


車検も 合格して 無事 納車となりました。


==================================================================================


よく オーナーさんから 



「調子が ええで!」 「何も悪いとこ 無いで!」  という事を聞きますが



そんな場合に 限って 「何かが 有る!」 事が多い様に 思います。



大抵そんな場合は 「乗っている感覚だけ」 の判断でしかなく



あらゆる箇所が 悲鳴を上げてるものです



特に エンジンに対しては 「オイル」 と 「水」 関連が



最も重要な 整備箇所であり 寿命を左右させる 「生命線」 であると言えます



「事が 起こってから」 「問題が 起こってから」 「異常を感じてから」 の修理は



時に 原状回復が 見込めない場合が ありますので 



「予防整備」に 勝るもの無し と 思うのですが・・・・・・



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示