FC2ブログ

ゴム部品の交換!!故障を未然に防ぎましょう!【キャリー トラック修理】  東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は


車検で お預かりしました キャリートラックです 


ボディー寸法が すこし小さい 旧規格! ですが まだまだ 現役バリバリです   


キャリー トラック 

年数や走行に 比例して 「アカン!」 所が出て来ますが


この車も 「プンプン」 臭います?  



そういった 想い? で 点検してみましょう


キャリー トラック

眺めていると 早速 、「発見」 


ステアリングラックのブーツが 「パックリ!」  です


このまま使用すれば 走行中に 巻き上げた 「水 や 泥」などの 進入によって 


「ギヤ」 や 「ベアリング」 がやられて ハンドル操作に 影響がでます


それより 車検が 通りませんので 交換です

キャリー トラック

後ろの方を 見てみると

キャリー トラック

デフの お尻が 「ベタベタ!」

キャリー トラック

どうやら デフ と フランジ の取り付け部から オイルが漏れ出しており


これも 判定は 「アウト!」 で修理が必要です


キャリー トラック

それでは 泥 や ホコリ 油汚れを 取り除いてやるのに


温水スチームで サッパリ させてやります


キャリー トラック

リフトアップして


タイヤハウス から エンジンルーム 、メンバー関係の 裏面の隅々まで 


「2年分の垢」 を洗い流してやります


こうする事によって


次回の 車検や点検までの間に 起こるかも知れない? 



「オイル漏れ」などの   「早期発見!」 や 「的確な判断!」 が 容易になりますので 



スチーム洗浄をしてやります


キャリー トラック

下回りの 洗浄が終ったので


「アカン!」 ゴム部品達 を交換していきます


まずは ラックブーツから しましょう

キャリー トラック
ブーツは ジャバラ状になって 


その部品の動きに 合わせて伸び縮みしますが


年数や 使用環境によって ゴム本来の柔軟性が 失われ、やがて 破れます


よく逝かれる 部品です


キャリー トラック

キャリー トラック 

この車は  「重ステ」 なので ブーツを外せば ギヤ が 剥き出しになります


なので ブーツを被せる前に  シャフトを   「グイッ」  っと引っ張り 


十分に グリスアップしておきます


キャリー トラック 

新品 ラックブーツです

キャリー トラック 

新品ブーツを はめて バンドを 締めれば 


完成です


キャリー トラック 

続いて


デフの オイル漏れを 修理していきます


ペラシャフを 取りまして


キャリー トラック 

フランジを 引き抜きます


「長い間、外した事が ない!」    「風雨や潮風に さらされて!」


みたいな ヤツは 硬くて 取れない ので こんなのを使って 抜きます


キャリー トラック 


それでも 抜けない ヤツ は 最終手段の 「ファイヤー 」  でやりますが


今回は 奥の手は 使わずに 済みました


キャリー トラック 

この シールが へたって 漏れ出しているようです



ミッション や  デフは  共に 多くの 「ギヤ」 や 「ベアリング」 が 入っていてので



その潤滑には オイルが 欠かせません



キャリー トラック 

車が動いている時は 常にプロペラシャフトが 回転しておりますので


シールの リップ部分が 走行と共に 痩せてきます


このオイルシールも そんな感じです


キャリー トラック 



キャリー トラック 


新品の オイルシールです


キャリー トラック 

シールを 「バチコ~~ン」 と 打ち込んで やりますが


少々 コツ がいります


キャリー トラック 

シールの 打ち込みが 終れば


フランジを 取り付けて ピニオン ロックナットを 締めます


この締め具合が 「生死を分ける?」  ので 頃合いが必要です


キャリー トラック 

最後に プロペラシャフトを 付けて  「回転具合」 を 確かめます


これが 地味ですが 重要でもあります


キャリー トラック 

「ゴム 修理」 の おまけ?


で これも交換しておきます

キャリー トラック

キャリー トラック


キャリー トラック 


他にも色々 修理しまして

車検も無事、通りまして 完成です  


======================================================================



車には さまざまパーツが 組み合わさって 出来ていますが



その大部分を占めているのが


 
鉄やアルミなどの「金属」  と  ブラスチックやゴムなどの「樹脂」 です



その「金属」と「金属」が 組み合わさる部分には 「パッキン」 「シール」 「Oリング」など と呼ばれる



ゴム部品が 入り込んで 「気密を保つ」 重要な役割をしております



タイヤに 、ラジエターホースに ブレーキホース



エアコンパイプの継ぎ目    エンジン関係なんかは 腐るほど?



漏れに うるさい 「ヤツ」 ばかり!
 


しかしながら ゴム部品は 金属部品に比べて 劣化を 起こしやすく 



使用せずに 放置するだけでも 「置き傷み」 もしてきます



「あんまり 乗ってないから 大丈夫!」  



なんて  ゴムには 通用しませんので ご用心を!!




車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示