ブレーキ&ハブ修理  エッ こんなにっ!! 後編 【イスズ ピアッツァ編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回の  ハブ&ローターのリフレッシュに 続き



じっくり 漬け込んでいた キャリパーに手を入れていこうと思います


イスズ ピアッツァ

洗浄液に漬け込んでいた キャリパーを 取り出してみると


ブーツが ブヨブヨ に ふやけて 


ゴムにまで浸透してるみたいで 


長年、熱や雨風に さらされて ゴムの性質が変化しているのが 伺えます


この時点で な~んか 嫌~な 予感?  

イスズ ピアッツァ

キャリパー ピストンを ポコンと抜いてみますと 


思わず  「うわっ!」 


サビに やられてるぅ  


イスズ ピアッツァ

右が そうなら 左も 当然 同じくで


前が そうなら 後ろもです  


イスズ ピアッツァ

本来は いくら車齢が いっている といっても



適した時期に 適したメンテを 行っていれば 防げるものです



メンテを先延ばしにして 一旦 サビを抱えてしまえば サビが サビを呼び



それが原因で 動きが シブく なったり 固着したりします



フルブレーキの 時に 大きな違いを感じますが



その場面に遭遇したとき 「すでに遅し!」



なんて ならないように するのが メンテなんですけど・・・・



話は それましたが

イスズ ピアッツァ

やれたピストンは 「交換やっ!」 



てな感じで 部品問い合わせしてみるが   



予想通り?の 「生産中止!」 で あえなく 撃沈 


イスズ ピアッツァ

とにかく このピストンの再生を やってみます



何層にも堆積した サビの処理を 粗削り するのに 思いついたのが 砥石です



力は 入れず、 やさしく 表面を滑らす様に 状態を確認しながら



慎重に 周囲を 削ります

イスズ ピアッツァ

最後に ペーパーで 仕上げて


こんな感じです  

イスズ ピアッツァ


ピストンに 続いて 



キャリパー本体に 移ります



中身を 見てみますと 思わず  「ゲッ!」



サビ混じりに変色した ブレーキオイルを 見ると



この中で ピストンが ドップリ浸かって 



ブレーキを 効かして? 車を 止めていたかと 思うと  「恐わっ!」


イスズ ピアッツァ

こんな キャリパーは  アカ~ン!!「交換やっ!」  



てな感じで 部品問い合わせしてみるが   



またも  予想通り?の 「生産中止!」 で  再撃沈 



なので またもや 再生に取り掛かります


イスズ ピアッツァ

とにかく ブーツを取り外して いこうと やってみますが


ブチブチ 切れて いっこうに 作業が 捗らず

イスズ ピアッツァ


この様に 色んな条件が重なると



キャリパーの 「鉄」 と ブーツの 「ゴム」 が 同化する? 



「ゴム」 が 土に返る途中?  



イスズ ピアッツァ


なので 先の見えない作業が 続きます  



この時 頭をよぎるのが  



「新品パーツが 在ればなぁ~」


とか


「せめて チョイと ましな 中古パーツでも 在ればなぁ~」 で




「乗りかかった船?」 は  どうやら 片道キップ! 



イスズ ピアッツァ

どうにか こうにかで



ここまで仕上げて 



我ながら 「良くやった!」 との 想いです 

イスズ ピアッツァ

イスズ ピアッツァ

手配しておいた 貴重部品の キャリパーキットです



当時物 では なさそうで ゴムも ピンピンしており



安心です


イスズ ピアッツァ

キャリパーの再生に すっごく 時間を 費やしてしまったので



手際よく 組み付けて いきましょう!


イスズ ピアッツァ

サクサク と 組み付けまして


だいぶ 見違えりました

イスズ ピアッツァ

最後は 入念に 「動き」 を 確認しておきます



この動きが 悪いと  ブレーキの 引きずり や 片効き を 起こして



バッドの磨耗を早めたり フィーリングが 何か変?



みたいな事になりますので 重要ポイントです



一般の 使用過程車でも よくある事で



ディスクローターの表面が ザラついていたり 磨耗の模様が均一でなければ



キャリパーの 動きが変なので オーバーホールが 必要と 考えます


イスズ ピアッツァ

組み上がったキャリパーを ローターに ドッキングしまして

イスズ ピアッツァ

イスズ ピアッツァ

ブレーキオイルを注入して エア抜きを 済ませます

イスズ ピアッツァ

タイヤを組んで 


早速、テストドライブに 出掛けます


この時 普段より 多めに ブレーキペダルを 踏んでやり


効き具合の確認は 勿論ですが アタリ付けもしてやりまして


イスズ ピアッツァ

ブレーキ&ハブ の オーバーホールの完成です




流石に 今回の キャリパーには 驚かされました



外した時点では 普段みている状態にも関わらず



「バラして 見なければ わからないぞ!」  と  ビックリな サビ



やはり 外見だけでは 判断できない事が有るのが よく分かり



定期的な オーバーホールの 大切さを 痛感し



ちょびっと経験値が上がった 修理でありました


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: たいへん

こんにちわ! s さん 

いつも、遠くから お越しいただき 有難うございます



今回の キャリパーには 私も大変 驚きましたし、良い経験にもなりました

バラして初めて分かる事の恐怖 盛り沢山! 何とか成るもんです(笑) 



これからも? 「気に いら~ん」 事が出てくるかも知れませんが


部品の調達できる限り? 「愛着」を持って乗り続けて下さい !!



ありがとう ございました!

たいへん

タイヘンな苦労をおかけしたようですね。スミマセン
スッキリ組み上げられたパーツの写真を見ると嬉しくなります。
ありがとうございました。
海外パーツはどうしても!というような時はたよって
みたいのですが、出来るだけ made in Japanでいきたいです。
25年以上も経っていると、どこまでどうやってるのか?
さっぱりわからないですし、そもそも時間経ちすぎですし
いろいろお手数おかけすると思いますが‥
また、よろしくお願いします。
プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示