燃料漏れ?謎は深まります?配線修理!!②  【日産アトラス OEM エルフ編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回のつづき


謎の「車両火災?」 原因不明で 困らせます


エルフ OEM 日産アトラス 車両です  

エルフ OEM アトラス


配線が こんな感じで パイプと擦れあい? 炎上?



これって あまりにも不自然?


エルフ OEM アトラス

とにかく ヒューズを確認してみます  

エルフ OEM アトラス

とりあえず この辺りの ヒューズかな?


ってな感じで 抜き取り 確かめてみます

エルフ OEM アトラス


やっぱり ヒューズが ブッ飛んでいまして  


エルフ OEM アトラス


ショート切れを起こしており 配線が擦れた為に 「炎上」  と言うのは 薄らいだようですが 



原因が掴めないまま とりあえず 焼けたハーネスの取替をしていきます


エルフ OEM アトラス

ハーネスは 目立たぬように 取り回しされている事が 殆んどなので


いざ 取替え となると そこらじゅうの 部品達を 外さなければならないので


意外と大変な作業です
 

エルフ OEM アトラス


まずは 配線がどのように配置されているかを ある程度、把握しておき


バラしていきます


エルフ OEM アトラス

そこそこ バラしていけば ハーネス全体が浮き出てきて


もう簡単に取り外せそうな 気がするのは 気のせいです


エルフ OEM アトラス

この辺から 意外と大変なものです



見えないところに 配線止めの バンドがあったり 



エルフ OEM アトラス

そのバンドを止めている ボルトが 妙に外しにくかったり 


カプラーが 新車の組み立て時から 一度も外されていないことで 思うように抜けなかったり 


エルフ OEM アトラス

ようやく ハーネスを抜き取った 瞬間です


長年の同じ姿勢だったこともあり


変な癖がついていて クチャクチャです

エルフ OEM アトラス


被覆が溶けた 銅線むき出しの 部分です


普段、なかなか お目にかかれない レアな姿


エルフ OEM アトラス

取り外した ハーネスと 長さや 線の数 カプラーの相違を 照らし合わせてみます


当然、「合っている!」と思いきや ここで トラブル発生!!


一つだけ カプラーの形状が 「違ってるぅ~」


カプラーの形状が 違えば差込が出来ないし  もちろん それを差し込まない状態では 



作動や制御に影響がでるのは 明らかで 使い物になりません



って言うか  「これって違うもの?」 



しかし 心あたりが ない訳ではないのも事実です



というのも 実は 「姿」 「形」 は 「いすゞ エルフ」でありますが  



車名は 「日産 アトラス」 であるので  



これが ややこいさを 招いた?



日産に部品を注文してみたら 「現在、 在庫がないので 納期は未定!」



いつ手元に届くか分からないとのこと  (これが元祖でない OEMの泣き所!)



そんなに待てないので 少ない脳みそで  「ひねり出した知恵?」 が 「あだ?」 に



想像がつくとは 思いますが いすゞ車両での類似型式で 「いすゞ」 に注文してみた!



「これで上手くいく!」 と 目論むが   こんな目に合うとは  トホホ です  


エルフ OEM アトラス

幸いにして どうやら 違うのは カプラーの形状だけで



その他の 配線の配列や 色は 同じだと 確認が出来ましたので 一安心 



「移植手術!」で なんとかしてやりました  


エルフ OEM アトラス

軽油の漏れた フューエル リターンパイプの ガスケット

エルフ OEM アトラス

当然、新品に変えてやります

エルフ OEM アトラス

焦げた フューエル デリバリーパイプには 現在の所 漏れは確認できませんでしたが


今後、腐食の事を考えて 交換しておきます

エルフ OEM アトラス

ハーネス部品の問題も なんとか解決できましたので 


組み付けていきます


狭く限られたスペースに ネジレを 考慮しながら 配線を押し込んでいき


取り回しが 終わったところで 配線を固定する バンドを留めていきます 


この時に 今後 接触振動によって 被覆が捲れる可能性が 高いと思われる部分に


補強のテープを しっかり巻いておきます



エルフ OEM アトラス

ハーネスの交換作業が 終わりましたので


付属関係部品を 組み付けて


早速、エンジン始動!


「キュル キュル ブオ~ン」  何事もなく 一発始動です


暫く 様子を見て 燃料漏れの無い事を確認して


作業の終了です


なんとか 無事に納車できる運びになりました


エルフ OEM アトラス


原状復帰としての 修理は完了しましが 


この様になる 原因は 最後まで 掴めないまま  何か しっくりこない 修理でした



後々ですが

数ある 作業写真の中に この1枚の写真が 埋もれていました

エルフ OEM アトラス


ネックレスらしき? 「鎖」


こんな 金属性の異物が エンジンに グロープラグ辺りに転がっていたら


火災の可能性は 有ると考えます


ブロープラグの電極端子は 「裸」 で


グローの通電時間も長く 大電流の為 ちょとやそっとでは フューズが飛んでくれません



よく、テレビで報道された 走行中の車両火災は こんな感じの部類が多いようです



フューズ容量が大きい為に 「ヒューズが飛ぶ」 前に 「ファイヤー」 です



この車両に関しては

飽くまでも 推測の域は 出ませんけど!  電気は恐ろしい~~


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示