ブレーキ&ハブが心配!!オーバーホールしましょう!【三菱キャンター特種車両編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は


当ブログを いつも見て頂いてます?


知り合いの方から


「ブレーキ&ハブ  オーバーホール やってぇ~~!」

との依頼で入庫しました


車重は 「ヘビー級?」の  


キャンター特種車両です  

キャンタートラック

街中で 誰もが 一度は見かけたことの有る  


電気工事 専用車両ですが


自重が ヤケに重く    同じタイプの平ボディ車両に比べて


2.5倍程の重量になりますが


付いているブレーキはと言いますと 


自重の軽い 平ボディーと同じなので


足回りには かなりの負担が掛かっています  


なので、早め早めの オーバーホールが必要です


キャンタートラック

リフトアップして 作業をしていきます。

キャンタートラック

リヤシャフトのボルトを取り外して

キャンタートラック

リヤシャフトは デフからの 駆動力を車輪に伝えるためのもので


車幅が広くなれば それだけ長くなります。


その長いシャフトを 「ニョキ~ン!」 と抜きまして

キャンタートラック

続きまして ハブのベアリング関係を 抜いてやります


キャンタートラック

ハブベアリングが抜ければ


タイヤにドラムを付けたまま 取り外しますので


ドーリーをセットしてやります


キャンタートラック

「ゴソゴソ もそもそ」 とジワジワ 軽く揺らして


インナーベアリングの様子を 


ドーリーのハンドルを 握る手で感じ取りながら


ゆっくりと 抜きに掛かります

キャンタートラック

今回は 何の問題も無く 抜けていきましたが


時には 何回も揺すりながらやっても うまく抜けない場合


力任せにやってしまうと


インナーベアリングが リヤホーシングに引っ付いて残り


さらに ベアリング処置に めっちゃ時間が掛かるので


うまく抜くには  やや 「コツ」 がいります 

キャンタートラック

そしたら 「スルリン」と 抜けまして

キャンタートラック

ブレーキが 顔を出します  

キャンタートラック

ブレーキは ドラムで 閉じ込められていますので


ライニングの 磨耗カスで 茶色に汚れています

キャンタートラック

ドラムの内側にも ライニングのカスが たくさん残っています


キャンタートラック

ハブオーバーホールしますので


残ったインナーベアリングを


「棒」 と 「トンカチ」 を使って 叩き出してやります。  

キャンタートラック

この時 むやみやたらに ベアリングを叩くと


レースを傷めてしまい 


せっかく抜き出したベアリングが 使い物にならなく なりますので


急所をめがけて 「バチッコ~ン!」  と打ち込んでやる必要があります


今でこそ 何気なくベアリングを叩きだしてやりますが


「入門?」当初は、叩きどころを間違えて 


ベアリングを 「ゴミ行き」 にしたことがあります。 

キャンタートラック

ベアリングを抜いた ハブです

キャンタートラック

ベアリングも かなり汚れて このまま使用していたら


「焼きつき」 が心配です  

キャンタートラック

それでは 「ブレーキのオーバーホール」を 始めて行きます

キャンタートラック

昔は 「こんな部品 付いてなかったな~」 と思いながら


アジャスターを外します


キャンタートラック

キャンタートラック

ブレーキライニングも バラして

キャンタートラック

走ってなくとも 定期的な メンテナンスが必要な 


ブレーキ重要部品である


ホイルシリンダーを バラし

キャンタートラック

運転者が ブレーキペダルを踏む度に


その踏力に応じた油圧を この小さなピストンカップが


一手に引き受けて 車を止めています


しかし、ピストンカップはゴム部品である以上 


使用回数 又は 年数とともに 「張り」が無くなり劣化していき 


「一定周期」を迎えると なんも前触れもなく


突如、漏れが発生し 制動力が失われていきますので


漏れが無くても、オーバーホールしてやるのが 重要です



キャンタートラック


各パーツを 洗浄液にひたして 「汚れ」や「グリス」をおとして


「サビ」 や 「かじり」 などがあれば ペーパー掛けで整えてやります

キャンタートラック

洗浄液で洗ってやった 後に


温水パーツ洗浄機で 仕上げ洗いします


キャンタートラック

こうすると 「汚れ」 「グリス」 が 隅々まで取れて


ベアリングの 耐久性が 変わります

キャンタートラック

キャンタートラック

ホイルシリンダーの 内面も

キャンタートラック

目立った 「えぐれ」 「腐食」 は ありませんが


ホーニングして 整えてやります

キャンタートラック



キャンタートラック

グリスは 主に摺動部分の 潤滑として 塗りますが


防錆の役目も同時にしているので


ピストンに タップリとグリスを馴染ませてから


カップを組み付けていきます

キャンタートラック


シリンダー、アジャストギヤ、ライニングをつけて


ブレーキの組み付けが完了です

キャンタートラック

ブレーキが組みあがれば ハブに移ります



水が浸入しないように キャップを被せてから


ドラム内に溜まった ライニングの カス を


洗い流してやります


キャンタートラック

ドラム目がけて 放水して


汚れを流して

キャンタートラック

綺麗さっぱり こんな感じです

キャンタートラック

先ほど 洗浄したベアリング

キャンタートラック

グリス注入マシンにセットして


ポンピング作用で ベアリングの中の隅々まで グリスを充填させて

キャンタートラック

キャンタートラック


キャンタートラック

洗い上げた ハブにインサートしておき

キャンタートラック



キャンタートラック

シールを変形させないように ハブの面まで


新品ハブシールを トンカチで 打ち込みます

キャンタートラック

ブレーキオイルを注入していき エア抜きをしてやります


キャンタートラック

ブレーキオイルラインは 鋼管とホース達で連結されて


外観上では 中の様子は伺えないので エアの噛み具合 に注意しながら


4輪とも 抜いてやります


キャンタートラック

エア抜き作業が 終われば、


ドラムを入れて

キャンタートラック

グリス注入したベアリングを 入れていきます


この時 ベアリングを 締めこむ時に


「締め付け しすぎず」 「緩み しすぎず」 が 重要です


キャンタートラック

バックプレートのグロメットを外して ブレーキのクリアランス調整をします


日常使用において このプレーキは 


クリアランスが 「一定」 に保たれる自動調整式構造には なっておりますが


オーバーホール後は 手動で 調整作業を やってやる必要があります

 
キャンタートラック

ブレーキ調整が 終われば


エンジンを掛けて リフト上で タイヤを空転させて


ブレーキの 「引きずり」 「聞き具合」等の 確認をして


最後に オイル漏れ、 ベアリングのガタを 見て


ブレーキ&ハブの オーバーホールが 終了し


無事、納車となりました。




======================================================================


思いますに


特種車両の場合は


平ボディーと違い 重量が重い分 負担も大きく


同じ走行距離でも 重量に比例して 数倍も酷使されております



よく「ぽっちゃり型?」 の人から 


「膝が痛い!」 「腰が痛い!」 と聞くことがあります


ついてるものは 同じなのですが  掛かる負担が大きい からだと 思うのです


人は 「痛~い!」 と訴える事が出来ますが


車には 口が ありません


たまには、 車の「心の 叫び?」 を聞いてやりましょう




車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示