プチ レストア?気になる所を防錆しましょう! 前編 【イスズ ピアッツァ編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

 前回 お越し頂いた お客さん 


再び入庫の


昭和の珍車?(笑) イスズ ピアッツァです  



ヘコミ や 艶などの ボディペイント関係であったり


タイヤ や サスペンション などの ドライブフィーリング関係であったり


ブレーキ や ベアリング などの セーフティー関係であったり


人それぞれ 気になる所は 違うもので 


今回も前回同様の 「気になる!」 ところの 修理です  



ピアッツァ


お客さん曰く

「年式が 年式だけに あちこち 気になる所がありまして

 とりあえず サビ が 気になり  他のページに載せてる  対策をしてほしいのですけど・・・

 その他にも 部品は こちらで用意しますので スタビ ブッシュの交換も頼みます」




と言う事で


リフトアップで 作業を始めます



ピアッツァ


温水スチーム洗車をする前に


タイヤを外して


ざっと 下回りを確認してみます


サスペンションの辺りは 強烈な感じでは ありませんが


タイヤハウス内は 所どころ 「サビ」が 発生しております


ピアッツァ



ブレーキ回りを見ますと


ローターが サビにやられて腐食して


無数に 「ほじられて」 ます


ピアッツァ

リヤを 見ますと


フロント同様に ブレーキローターが 「サビ」にやられています


また、ローターに  「スジ」 が出来ているので


パッドのアタリ不良と キャリパーピストンの 戻りが 悪くなっているようです


これは 次回の 「宿題?」 にしておきます(笑)


ピアッツァ

エンジンの 下回りを 見ますと


黒くて 分かりにくいですが


オイルの 「にじみ漏れ」 で あちこち ベタついています


ピアッツァ

「オイルにじみ」は

オイルフィルターボディ から オイルパン回りにかけてと


パワーステアリング ラック回りが 特に目立ちますが


その他にも 有るようです

ピアッツァ

リヤの下回りは


デフホーシングなど 塗装が めくれて 「サビ」 が 沸いており


対策が 必要である事が わかります


ピアッツァ

では 下回りの 確認を済ませたところで


スチーム洗車を やっていきます


ピアッツァ

泥 や ホコリ は もちろんですが


今回は オイルにじみも からんでいるので


そこらへんを 「サッパリ」 するように


重点的に 洗ってやります  


ピアッツァ

前から 横からと スチームガンを 当てて 洗っていきます


このスチームは


何処かの テレビショッピング販売されている   

 「お家の 壁や ブロック塀が こんなにきれいに!!」   

  「女性でも 簡単に 車の汚れが 見る見るうちに!!」   


みたいな 触れ込みでお馴染みの スチーマーと 違い


ひとたび グリップを握ると その噴射の勢いで 持つ手が押し戻されて とても疲れます


女人禁制の 「ガン」 です  


この位でないと 油汚れは 「サッパリ」 しません


ピアッツァ

パワステラックも 一皮むけて アルミの肌が 見えて


エンジン下回りの 油汚れが 「サッパリ」し    


「ヤワ」な 塗装も メクリあげます   

ピアッツァ

デフホーシングも サッパリ感が出て 


いい感じに洗い上がりました

ピアッツァ

洗車も 終わり

ピアッツァ

工場内での 作業を やってみます

ピアッツァ

お客さんが 


ネットオークションを 通じて用意した


ピアッツァ用 スタビ ブッシュの 部品です   


ピアッツァ

早速 スタビライザーの 取付マウントラバーを 外して


取替をしようと はめたところ


いきなり  「問題発覚!?」  



「サイズが ちがうぅ~」

ピアッツァ

元々この車に 付いていた 黒いマウント と 並べて比較してみると


目測でも 分かりますが 穴が大きさが 違います


これじゃぁ~ 使い物になりまへん


と 眺めているうちに 「新たな 発見!!」


赤色した  「マガイ物?」 マウントに


イスズの ロゴマーク & 部品番号 の 刻印が ハッキリ見えます


「マガイ物」 のくせに こんな所だけ 「忠実に再現?」しております (笑)


ピアッツァ

そして マウントブッシュを 並べて 見ていると


「またまた 発見!!」


ピアッツァ

「良く似ている?」けど 

方や  「右用」  「左用」 に分かれていますが


マガイ物は  「右用」  「右用?」

ピアッツァ

右の靴を 左足で履く 園児のように 


起用には 履けません

ピアッツァ

さらなる 取り外した部品を 比較して見るとこに!


またまた またぁ~~?



「問題?」 発覚


見るからに 「短ッ!」

ピアッツァ

ブッシュだけを 見比べても 「小ちゃ!」


ピアッツァ


「ダメ もと」で 付けてみることに   


スタビの取付位置が 低くて


ブッシュの当たる面積が 小さいことで


窮屈な取付になってしまい


本来の役割を 果たすのに 疑問を感じましたので   


やっぱり 「ダメ」 でした    


ピアッツァ

ダメだし された部品は おいといて


幸い 予備用として    


用意していた ブッシュを確認すると


元々 付いていた部品と 殆ど同じ大きさなので


これを使います  

ピアッツァ

スタビボルトとかは そのまま使用しますので


取付た時の 位置関係には 問題ないので


安心です  


ピアッツァ

締め上げたら 取付部の傾斜に沿って


ブッシュが変形して 特に問題が 無いようです

ピアッツァ

ピアッツァ

紆余曲折が有りながら


本来のテーマである 「サビ」 対策に移ります


先ずは 下回りの 防錆塗装ですが


外敵に強い 油性塗料を 使っていきます
 
ピアッツァ


ピアッツァ


おもむろに

スプリングから 塗ってやります

ピアッツァ

じゃんじゃん 塗っていきます

ピアッツァ

フロント側も

ピアッツァ

ガンガン 塗っていきます

ピアッツァ

エンジン下回りも

ピアッツァ

ビシバシ 塗っていきます

ピアッツァ

もちろん リヤ回りも

ピアッツァ

ガチガチに 塗りたくってやります


お客さん の要望もあり

鉄という鉄 、普段は 塗らないタイヤハウスや 


スプレーガンの 入りそうなすべてを


とことん 「爆塗り」 してやりまして 


ピアッツァ

前編である 下回りの 防錆対策と 


ネットオークションにおける裏事情?


が 終了です




後編へ つづく・・・


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

こんにちわ!

コメントありがとうございます


グレードが変われば 仕様も変わり

旧車の 部品調達は やはり苦労がいりますし 勉強代もいりますね(笑)

部品探求の旅は 未知?の世界ですけど それが旧車の魅力かもしれません

これからも 「愛車」を大事にしてやってくださいまし!


次回、お会いするのを楽しみにしてます



No title

お世話になっております。後から分かったのですが(こちらのミスです)この車種ではターボモデルのみが径が2~3mm太いそうです。中古市場に出回ってるのがほとんどターボモデルなので、そういう意味ではめったに合うことはないアフターパーツではあるのですが‥ベーシックグレードやDOHCモデルには適合するんじゃないかと思います。(それらも各々僅かには違うようです。)

ブレーキ周りがまた気になってきました。(笑)
(オイルにじみも)

またおねがいします。
プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示