ハブベアリング オーバーホールしよう!【三菱キャンター編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は


車検で 入庫しました アルミバン キャンター車両です  


ボディに 傷が 全くない 極上トラックです

キャンター

ハブ&ブレーキの


中身も 極上に 仕上げてやります 

キャンター

まずは ドラムハブを スッポリ抜いてやり


ブレーキを 裸にして  

キャンター

点検です  


ライニンングの厚みも 良好で  
 

ホイルシリンダーにも 漏れは ありませんが


オーバーホールしてやります

キャンター

抜きたての ハブです  

キャンター

ハブシールを 取りますと


結構 グリスが 汚れているのが 分かると思います 

キャンター

ベアリングも見ますと こんな感じです

キャンター

個人差は ありますが


これを見て いい気分は しないと思います   

キャンター

ベアリング達を 洗い場に 入れて  

キャンター

洗浄剤で 隅々まで グリスを 洗い流してやり

キャンター

こんな風に グリスが 落ちますので

キャンター

ベアリングの ローラーの 「キズ」 や 「腐食」を チェックして  


キャンター

「すすぎ」 に移ります


「大型食器洗い機?」で 手洗いだけでは 落し切れない 汚れ や 油分まで


洗い流して やります。


 これが なかなか いい仕事 を しよります  

キャンター

カゴ の中に 部品達を 入れ


温水スチームで 待つこと 5分間

キャンター

完全に 古いグリスが 取れて 


油分も ありません


キャンター


すっかり いい感じに 仕上がりました  (ここまで するのが 大事です)



続いて ホイルシリンダの ピストンを 抜いて

キャンター

ベアリング同様に 洗浄


キャンター

キャンター

きれいに なった ホイルシリンダーパーツ達

キャンター

くたびれた ホイルシリンダーカップの 廃棄部品 です

キャンター

役目を 終えた ハブシール です


キャンター

グリスを 手作業で ローラーの隙間に 入れると


どうしても 注入不足が 起こり
 

後々の トラブルの 原因に なる事が ありますので


ウチ では 「グリス 注入マシン?」 を 使います



キャンター

洗浄した ハブベアリングを マシン に セットして


ローラーの 中から 注入してやることで


ベアリングの隅々まで グリスが 行き渡ります

キャンター

ベアリングの 入る ハブ側も きれいに してやってから

 
キャンター

グリス注入 したてのベアリング を いれてやります

キャンター

ベアリングを ハブにセットして 


キャンター

ABSの ギヤを 傷つかせないように 気を配りながら


新品の ハブシールを 打ち込みます


これで ハブベアリング オーバーホールが 終わりです

キャンター

汚れた バックプレートも

キャンター

きれいに してやります

キャンター

ホイルシリンダーを組み


ブレーキシューを取り付け

キャンター

「ブレーキオイル 入替マシーン」を 使います

キャンター

オイルタンクに セットして 


オイルを 圧送してやりますので


エアが きっちり 抜けて 「出来るヤツ」 です


キャンター

エア抜きが 終わると


ドラムハブを 抱きかかえて 組み込んでやります

キャンター

組み込んだ 後に


ブレーキ調整をして 「引きずりの有無や 効き具合みて


オイル漏れが ないか 確認して 


完了です

キャンター


思いますに


その昔 「丁稚時代?」 に


先代から オーバーホールは 「こう するんや!」 と教えられ 


ハブオーバーホールと言えば 


この様にするのが 当たり前だと 思っておりました。



が しかし 


とある日


何かの 用事で


某トラックディーラーに 立ち寄った時に


何気なく 車検整備の風景を 見ていたら 


「かなり汚れたベアリング」の 上っ面のグリス だけを ペーパーで ふき取り


汚れが タップリ残った その上っ面に 


新しいグリスをベアリングに 塗って ハブに 収めて 「ハイ !おしまい」


みたいな やり方を 見たときに 愕然としました。


こんなやり方で 


「ハブ オーバーホールしました!」  「ベアリング グリス を 詰め替えました!」 と


 いっぱしの 説明 や 請求を ユーザーに いていたの かと思うと 悲しくなります。


言うならば

「ハブ オーバーホールしました かも?」  「ベアリング グリスを 詰め替えました かも?」 です




確かに ハブベアリング オーバーホール は 幾つかの工程が あるので


「時間」 や 「手間」 が掛かります


手作業の 介入が入る以上、「速く」 「完全に」 「低料金で」 では 無理な話です。


年々 ユーザーが 「価格に敏感?」に なっている事を 思えば


ディーラーも そこまで やってられない のが 現状かも?



これもどうかと 思います。





おしまい  




車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示