FC2ブログ

警告灯が点灯!その解決策を探る?②【プレリュード修理】東大阪 《車の車検・トラックの修理》


前回修理の続きでありますが


まだ ご覧になっていない方は

まずは こちらを クリックしてください



警告灯が 点灯することによって 始まった修理



ホンダ プレリュード (BA7) 



「オイルのプレッシャーが 足りてない!」  を 突き止めた

 

までは良かったが?



色々と バラしを進めていく中で 



 「黄金のラメ」  に出くわし



更なる 深みに はまっていく予感が  ・・・・・


ホンダ プレリュード修理


当初は  手探りな状態でもあり



まず シリンダーヘッド単体を 降ろしてみたものの



それだけでは 修理方針を 決められず



結局のところ ブロックを 降ろすことになった 


ホンダ プレリュード修理


エンジン本体を 降ろすには


サスペンション周りの  取り外し作業が増えるので


それはそれで 少しメンドイもんである


ホンダ プレリュード修理


補記類  配線類   それに配管などを分離させて



いよいよ 吊り上げに入る  その前に  



今回  ミッションは 車両側に 残しておくので



自作のSST?で 固定させておく



見事な 出来栄えだ (笑)


ホンダ プレリュード修理


それでは 準備が整ったところで



クレーンのフックを エンジンブロックに  引っ掛けて



ホンダ プレリュード修理



周囲のパーツ達との干渉に  気を配りながら



ジワリ と 持ち上げる


ホンダ プレリュード修理


そして


エンジンスタンドに セットまですれば  一安心


ホンダ プレリュード修理


これで 少しは  作業が やり易くなりました



ホンダ プレリュード修理


まずは  



ウォーターポンプに オイルポンプなどを  取り外して



ホンダ プレリュード修理


クランクシャフトの ベアリングキャップを 順番に外していきます


ホンダ プレリュード修理



すべての キャップの取り外しを 終えまして



クランクシャフトを 抜き取れる状態には なりましたが



改めて ジックリと 見ていくと



3番のジャーナル部分の様子が 



「変?」 である事に 気付いた


ホンダ プレリュード修理


何かが 挟まってる?



そこで ピンセットを使用して 異物らしきモノを 引っこ抜いて




よく見てみれば   「欠片?」 のようだった



そうです 



こやつが 「黄金の ラメ」  の正体だったのです


ホンダ プレリュード修理


更に そこを ジックリ観察してみると



「おやっ?」  



クランクジャーナル が 段つき磨耗を 起こしてるのか?


ホンダ プレリュード修理


クランクシャフトを降ろして  解ったのですが



段つき磨耗に 見えたのは  ペラペラになった  ベアリングだった



それとは 対照的に キャップ側に取り付けてある ベアリングは



幾分かは 原型を留めている 



そう ブロック側の ベアリングだけが 極薄状態に磨り減っていたのです



どおりで オイルパンを 剥がした時に 気付かなかった訳だ


ホンダ プレリュード修理

コンロッドやクランクの ベアリングは



半円の形状からなり



それを 上下に  「固定」 させて 



クランクジャーナール部を覆い



回転するシャフトを 潤滑させながら保持して



ストレスの無い  動きの手助けを 行っているモノです


ホンダ プレリュード修理

その 「固定」 されたベアリングが



クランクジャーナルに 固着してしまって



「共に 回ってたのか?」



これは  結構ヤバイどぉ~


ホンダ プレリュード修理


光沢の有る 表面の一部に



削られた? 感じのする グレーの箇所



その表面を指で なぞっていくと



明らかに  「段」  が感じられる



はたして  このままの使用は  



「出来るのか?」


ホンダ プレリュード修理


そこで   


幾分マシな 他のベアリングを 被せて



「ガチ!」 っと   ホールドされるか? を確認してみたが



思った以上に  「ガタ ガタ」 であった


ホンダ プレリュード修理

お次は



キャップに ベアリングを セットして

ホンダ プレリュード修理


最終の 組み付け状況を 想定しながら



もう一度 ベアリングの 「遊び」 を 診てみたが



大きなガタは まったく 解消しておりません


ホンダ プレリュード修理


私的な見解であり これがすべての要因だとは 断言できませんが


「オイルプレッシャーが 足りない!」  原因は


ベアリングが 「ガタ ガタ」 になり


過大なオイルクリアランスが 生まれ


そこに 流れてくるオイルが  


オイル穴 以外に吐出していくからではないかと? ・・・・・・・・・


 「ブロックの 供給が無い!」  のに


今更 そんな分析をしても  むなしい話でして ・・・・・


部品が無い以上  修理をあきらめるのは 仕方あるまい


残念だが 


「修理が  出来ません」   と言おうかな?


お客さんに





次回につづく ・・・・・


車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         
東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: プレリュード

スペースギアでお世話になりました  様


コメントありがとうございます


> 相変わらずすごい修理を受けておられるのですね〜


「熱意ある方 限定で?」 やったりします (笑)

だだし 治るとは限りません(笑)


> どんな旧車の修理でも頼めますね〜
> 次回どうなるか楽しみです(^^)



次回のブログも是非ご覧ください


ありがとうございました

Re: 引っ張りますねぇ!

hisa さま


コメントありがとうございます


> 引っ張りますねぇ!


実にロングスパンな修理でありますので

そこんとこは ご勘弁を(笑)



> 次回完結でしょうか。
> ((o(´∀`)o))ワクワク しながら、お待ちしています。


次回を乞うご期待?(笑)

プレリュード

相変わらずすごい修理を受けておられるのですね〜
どんな旧車の修理でも頼めますね〜
次回どうなるか楽しみです(^^)

引っ張りますねぇ!

引っ張りますねぇ!
次回完結でしょうか。
((o(´∀`)o))ワクワク しながら、お待ちしています。
プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示