ヒーターが効かない!さて どうしよ?【いすゞジェミニ修理】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今シーズンの冬は  例年と比べて


暖かい日が  多く



このまま 春を迎えてくれたら・・・・・



などと願っていたが



最近になって  本格的な寒さが  訪れて来ているようです



そんな 寒い冬の訪れと 共に



一台の  「渋い!」 マシーンが  入庫してきた



その お車は



いすゞ ジェミニ  (PF50)   です


いすゞジェミニ ヒーター修理

いすゞジェミニ ヒーター修理


フロント ガラスに  貼り付けてある



検査ステッカーを  見れば  



車検の有効期限は   「平成29年」  になっている



そう 昨年末に  「車検 受け」  を済ませた ばかりです


いすゞジェミニ ヒーター修理


お客さんに  お話を聞くと



毎回 お願いしている 某Dラーへ  車検を 出したところ



「水漏れを  起こしていた!」  らしく



車検を通すべく  処置を行ったが



その 「処置」 の代償として ? 



「ヒーター が  犠牲になった!」  と言うのだ



お客さんは  たまらず  担当者に   



「どんな方法でも  エエから  ヒーターを効くように してぇ~!」 



と 頼み込んだが



「部品が  無いので  修理は  出来まへん!」 



その代わりに?



「色んな修理を している 所を紹介しますから ・・・・・・」



こんな感じで   舞い込んで来た  のである


いすゞジェミニ ヒーター修理

ウチに来た時



お客さんは  



「○○ さん から紹介されまして・・・・・・・・」



Dらー担当者が用意した 「資料?」  と 名刺 を 見せてくださった



名刺を見たら  その営業所は オイラも知っている所だが



その方は 誰だか?  ちんぷん かんぷん  である



それに 「資料?」  らしきモノを 見せてもらったところ



「エっ!」  と 思わず 大きく目を見開いた



オイラのブログ記事を  プリントアウトした用紙が  「どっさり」 と ・・・・・・



少々 「驚いた」  (笑)



それより  「意地」  も   「プライド」  も無い対応に



だいぶ 「驚いた」  (笑)


いすゞジェミニ ヒーター修理


こちらの  ジェミニは



昭和50年 生まれの 満40歳だが



走行距離は   85,000キロ を  超えたところ



「10万キロ走行」  を想定していない?  メーターが



実に  年代を 象徴しています



ボンネットを 開けた  エンジンルームを  見ると



空間が多くて  実にシンプルです  


いすゞジェミニ ヒーター修理


そして このジェミニ  



当時としては  珍しい?  「クーラー付 !」  である



しかし  残念?なことに  「今は 効かない」  らしい (笑)



お客さんが 言うには



「夏の 暑さ!」  よりも  



「冬の 寒さ!」 が 我慢できない らしい (笑)



オイラなら  「夏の 暑さ!」  を 迷わず取るけどね  (笑)


いすゞジェミニ ヒーター修理

あんまり自信は無いが



じゃぁ  「ヒーターの修理」  を やるべ!



まずは   現状を確認してみる事から  始める



水漏れの 痕跡がある 「ヒーターコック」 から



ヒーターホースを  取り外してある


いすゞジェミニ ヒーター修理


エンジンから  吐出される温水を    



ヒータコック や ヒーターコアを  通過させずに  



再びエンジン側へと バイパスさせてある 



どうやら  「処置」  とは



この バイパスのようだ


いすゞジェミニ ヒーター修理


漏れを起こしている   この 「ヒーターコック」  を  



どうにか しないと ダメないのは  解っているのだが



スグには  良い案が  浮かばない



いすゞジェミニ ヒーター修理


一先ず



ヒーターコック  を  取り外して



ジックリ 眺めながら



検討に 入ることと した


いすゞジェミニ ヒーター修理


ワイヤーの動きで  温水の通路を  開閉させて



ヒーターを コントロールするのだが



このタイプが  現存している  ヒーターコックと言えば



日産 や  トヨタ  に代表される  有名な旧車に限られる? のは  容易に推測できる



この  ジェミニの ヒーターコックのように



「L字型 パイプ」    「プッシュ式 タイプ」  



それに 付随するブラケットの   形状を考慮すれば   更に狭き門に  ・・・・・



色々と  探してみたが   ここで  おもいっきり行き詰る



水道の蛇口のように  



直接 ハンドルをひねって  開閉させる 汎用タイプのコックを使えば 



修理としては 簡単で  事が足りるのは  分っているのだが



操作の為に  イチイチ ボンネットを開けて  コックのハンドルを 回すのは



とてもメンドイし  「仕事」 としては   余りにも 能が ないと思う



「悩み」  「モガキ」  「苦しんだ」  末に



辿り着いた  結果



コチラを  取り付けました


いすゞジェミニ ヒーター修理


ヒーターコックの選定が  無事に? 終える事が 出来ましので



それに  合わせるように  付属部品たちも  組み付けていきましょう



まずは  ホースの  取り替えを  します



バイパスさせる為に 取り付けられていた



L字パイプ を  抜き取り


いすゞジェミニ ヒーター修理


そして



インマニから 突き出る  ホースを抜き取るのですが



これが また 尋常でない 固着に襲われる


いすゞジェミニ ヒーター修理


カッターで 切り込みを入れて



格闘すること  数十分?



40年の歳月は   手強かったよ


いすゞジェミニ ヒーター修理


抜き取ったホースを 新品部品に 交換




ヒーターコアへの  連結は なんとか終了 




いすゞジェミニ ヒーター修理


エンジンルーム内の  作業は  




ほぼ 計画通りに?  進んだ



いすゞジェミニ ヒーター修理


今回は  色んな事情により




ワイヤー駆動の方式を   断念して




「電気仕掛け?」  を  選択していまったので




コントロールスイッチの  増設も 必要となります


いすゞジェミニ ヒーター修理


ダッシュを  見渡す限り  



後付スイッチを 埋め込む  最適な場所が  ほとんど 無いどぉ?



あえて  思いつくところと 言えば 



「この パネルかな?」



いすゞジェミニ ヒーター修理


と パネルを  取り外してみたけど




意外と  スペースが無いことに 気付く


いすゞジェミニ ヒーター修理


ラジオ横の 僅かなスペースを  利用するには




ピンポイントの  穴あけが  要求される




実に  気を使うぜ



いすゞジェミニ ヒーター修理



こんな感じで  スイッチの 増設を  終えまして



いすゞジェミニ ヒーター修理




では   ラジエターに  クーラントを 注ぎ込んで



いすゞジェミニ ヒーター修理


エア抜きを しながら




水温が  上がるのを  待つ




十数分 経った頃  でしょうか  




水温計の針が   中央付近に  近づいてきました



いすゞジェミニ ヒーター修理


温度計を  持ち出してきて




指す温度を  確認してみると




ただ今の 気温は  「7℃」  ほどでしょうか




結構な 日差しは 有るものの    「寒い」  です  



いすゞジェミニ ヒーター修理


では  早速  ブロアファンの 




ダイヤルスイッチを  ひねってみる


いすゞジェミニ ヒーター修理


吹き出す風は



「おぉ~~  温いぜ!」



感無量の 瞬間でした



60℃以上の  温風が出れば  



お客さんも  きっと満足することでしょう


いすゞジェミニ ヒーター修理


苦労した  「ヒーター修理」 も



完成させることが  出来まして



無事に  納車となりました



今回は  ありがとうございました


いすゞジェミニ ヒーター修理


気がつけば   「いすゞ」   が 集まってる (笑)



得意でもないし  専門店でも  ないよ (笑)




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         
東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

通りすがりの整備士  さま


コメントありがとうございます


> 水漏れ処置がデフロスタの除氷機能に影響してる事を考えると
> 道路運送車両法第45条窓ふき器等の性能要件を満たしてないような気がします

そう言われれば そうかも知れませんが
私には良くわかりません


「バイパス」して 陸運局で車検を受けてみたら ハッキリしますね(笑)


通りすがりの整備士 さん 是非とも人柱になって下さい(笑)


  

これからも ヨロシクです

No title

某ディーラが指定か認証かわかりませんが
水漏れ処置がデフロスタの除氷機能に影響してる事を考えると
道路運送車両法第45条窓ふき器等の性能要件を満たしてないような気がします
我々雪国では笑えない事態になります

うちの店には来ない車が見れるので楽しみにブログ見てます

Re: No title

y.k さま


コメント ありがとうございます


>父親が乗っている車のイメージは、あの真っ赤なジェミニのままです


良い お言葉で感動させますね~


しかし車って 不思議ですよね 


その頃の世相や 自身の過去を思い出させてくれるのですから


私の場合は y.kさん と違って

親父は 仕事柄? 人の「お古」ばっかりで 新車の思い出が ありません (笑)

そんな お古も 「二流?」が多かった (笑)

その中でも思い出のある 車は ”スカイライン”でして

「ジャパン!」が 入ってきた と そりゃ~喜びましたよ


丸のテールがトレードマークのスカイラインですが

よくよく見れば 「四角」でした(笑)




これからも ヨロシク!です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。いつも楽しく修理ブログを拝見させていただいております。
この度は、拝見した写真の車にあまりにも「懐かしさ」を感じてしまい、初めてコメントさせていただきました。 私が物心ついた頃、ウチの親父が乗っていたのが、このPF型の真っ赤ないすゞ「ジェミニ」でした。当時親父が「待望の長男(私)が生まれたので、うれしくて記念に新車で購入した」とよく言っていたのを記憶しております。(因みに、私は昭和51年生まれです) その後10年程乗っていたでしょうか・・・ 「生意気」の一つも言うように成長した私は、「ウチの親父はいつまでこんなエアコンもないボロい車にのってるのか?」なんてよく思ったりもしたもんですが、当時のいすゞが、オペルのカデットをベースに開発したというこの車、今見ると何ともオシャレでカッコイイんですよね(笑) それから少しして、親父は病気になり、少々早めに「あの世」へと行ってしまいましたが・・・、40年チョットのその生涯の中で、新車で購入した自家用車はこの「ジェミニ」だけでした。 私もこのジェミニとほぼ同い年になりましたが、今だに父親が乗っている車のイメージは、あの真っ赤なジェミニのままです(笑) 今から40年前の、しかも乗用車から撤退してしまったいすゞの旧車を維持していくのは何かと大変かと思いますが、オーナー様には是非とも長く乗っていってほしいです。 
この度は長々と失礼しました。これからも様々な「修理」の記事を楽しみにしております。 
プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示