ギヤが入らない!原因は?【デコトラ いすゞフォワード修理】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

近頃は  多数の方に  車検や修理の依頼を  頂きまして とても 有難いが



滅多に見ない?  手掛けたことのない?  お車が チョイチョイ混じる



そんなのに限って   「重たい!」  作業が 多い (笑)



こちらの   デコトラ も   そうかも知れん (笑)



「誰それ さん  からの紹介?」  と言うことで



まずは   入庫しての 下見からです



イスズ フォワードクラッチ交換修理

お客さん から  話を聞くと


 「ギヤが 入らない!?」     


とか


 「ギヤ鳴りもする!?」


とか


 「クラッチも  滑ってる?」   らしい



どうやら  複数の症状が  あるみたい?



問診を済ませて  運転席に乗り込み



作動状況を 確認した後に   思う事を伝える



お客さんは  「すぐに 修理してほしい!」   事だったが



抱えていた  仕事があり 



手いっぱいだったので    暫く待ってもらうことに 了承を得て・・・・・・・



時期が 来ましたので   再びの入庫となり



それでは  修理を  やるべ!



現在の 走行距離は  



トラックにしては ケツが青い? たったの 36万キロ (笑)


イスズ フォワードクラッチ交換修理


室内を  見渡せば    



シックに? まとめ上げて  とてもキレイだが



中年のオイラには   「目が 痛い!」  (笑)


イスズ フォワードクラッチ交換修理


では、  デコトラを リフトアップさせて 



ミッションを   降ろしましょう


イスズ フォワードクラッチ交換修理


薄暗い 車体の下に  潜り込み



照明の準備を  済ませて



修理の開始です


イスズ フォワードクラッチ交換修理


プロペラシャフトの 連結ナットを



ロングな メガネを使用して



ハンドパワーで  ギコギコと  地道に緩める


イスズ フォワードクラッチ交換修理


重いペラシャフ なので



ここは 頼りになる  相棒? に がんばってもらい  



イスズ フォワードクラッチ交換修理




プロペラシャフトを 降ろします



イスズ フォワードクラッチ交換修理


序盤の お遊び?は  ここまで



重量級な  ミッションゆえ



ナメてると  大事故に 繋がりかねないので



慎重に事を 進めていきます


イスズ フォワードクラッチ交換修理


ミッションの 補機類である  ブースターを




取り外して



イスズ フォワードクラッチ交換修理


その後の  エア抜き作業が メンドイので



今回は 油圧ホースの 切り離しは避けて



邪魔にならない 場所に



固定しておきます


イスズ フォワードクラッチ交換修理


そして  



4t車以上の トラックに 搭載されている  パワーシフト



シフトチェンジを   「より 軽く」  「より スムースに」  と



快適装備が 追加される度に   我々 修理する立場からすれば  



肝心な 空間が 失われていくので



ボルト ナットの  取り外しが  



見ため以上に大変


イスズ フォワードクラッチ交換修理

センサー や ハーネスなどの  取り外しも終わり



ミッションが  裸に なったところで



ジャッキを   下に 潜り込ませて



イスズ フォワードクラッチ交換修理


 「パカっ!」  開いてくれるのを  ひたすら 願うだけ (笑)



イスズ フォワードクラッチ交換修理


デカい  クラッチが  顔を 出してきました



イスズ フォワードクラッチ交換修理



イスズ フォワードクラッチ交換修理


クラッチカバー や  クラッチディスク を



取り外して



正面に 見えるのが  フライホイールです


イスズ フォワードクラッチ交換修理


ハンディーな インパクトで 試みたが 



強烈な トルクで  締め付けられている ボルトには 敵わない



強力な インパクトを   持ち出してきて



「バリ バリ 」  と  緩めるほうが  勝負は早い



イスズ フォワードクラッチ交換修理


ディスク や カバー 



それに   フライホイールを   



やっとの思いで  降ろして 点検してみたが



想像通りに  磨耗しており



イスズ フォワードクラッチ交換修理


「焼き」  が 入ってます



イスズ フォワードクラッチ交換修理


クラッチの 取り外しも 終わったので



車両下から  ミッションを 引き摺り出して 



イスズ フォワードクラッチ交換修理


さあ   バラ そうかいな?


イスズ フォワードクラッチ交換修理


と 眺めていると



ここに  目が留まった



新車から  数年も 乗り続けていて



その間  車検や修理等 



それなりの事を 掻い潜っているにも 関わらず



はみ出した  「グリス」  の量に  違和感を覚える



使用年数を 考えると



べちゃべちゃ に成っていても  おかしくない? 


イスズ フォワードクラッチ交換修理


ふと 見れば



 『 グリスホースが  破れてるじゃ ね~かよ 』



ただ   気になるのは  「穴」  から 



グリスが 噴き出した  様子も 見受けられない



「ギヤ が 入らない!」      「ギヤ鳴り がする!」  は



潤滑不良が   原因のひとつであることに  間違いなさそうです



イスズ フォワードクラッチ交換修理


キズついた  リテーナーを



ペーパーで  整えて


イスズ フォワードクラッチ交換修理


キレイに  仕上げまして


イスズ フォワードクラッチ交換修理


スラストベアリングの  摺動部分に



耐磨耗に優れた グリスを  詰め込み


イスズ フォワードクラッチ交換修理


組み付けます



イスズ フォワードクラッチ交換修理

そして  クラッチオーバーホールで  忘れガチな?



フライホイールの  扱い



荒れたままでも 使えなくは  ないですが



「切れ」   「シャクリ」  「ジャダー」  に 影響しますので



ここまで バラすなら  ヤルべきだと  思います


イスズ フォワードクラッチ交換修理


ブレーキディスクの  仕上げとは  異なり



エンジン シリンダーの  ボーリング同様に



「 馴染みを 持たせた 」  仕上げが  ポイントです


イスズ フォワードクラッチ交換修理


フライホイールを  取り付ける  その前に



ハウジング内部が  クラッチの 磨耗による ダストで  



少々  きちゃない



「見なかった ことにしよう!」  (笑)


イスズ フォワードクラッチ交換修理


とも  考えたが



せっかく なので


イスズ フォワードクラッチ交換修理


そして



フライホイールを  取り付ける


イスズ フォワードクラッチ交換修理


その後



クラッチディスク  と  カバーを 



組み付けて


イスズ フォワードクラッチ交換修理


軽自動車 から  2tトラックまでの 



クラッチカバーとは  構造が 異なりますので



「 寸法 」  を 確認しておく  



これが 大事 

イスズ フォワードクラッチ交換修理


クラッチ部分の  取り付けが  完了したので



いよいよ   ミッションの 組み付けに



作業を  移しましょう!


イスズ フォワードクラッチ交換修理


クラッチの  正面まで  ミッションを移動させて



ドッキングの  体制に  入ります



大型車両に なれば成るほど   入れにくい モンなんで



前もって  とある事を  やっておく必要が  あります


イスズ フォワードクラッチ交換修理



では   「グイっ!」  やってみましょう



イスズ フォワードクラッチ交換修理


ミッションの 装着に 成功して



付属パーツたち  を 組み付けたら



完了です


イスズ フォワードクラッチ交換修理


動作確認を  してみたところ



シフトは  スムースに  入り



「ガキ~~ん!」  の  ギヤ鳴りも  治まったようです



再度、下回りを   点検していると



一際目立つ 



 「ややこしい  造りの マフラーたち」  (笑)


イスズ フォワードクラッチ交換修理


顔面は  



とても  いすゞ フォワード  には 思えね



イスズ フォワードクラッチ交換修理


無事に 納車となりました


今回は ありがとうございました

車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         
東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

大昔の整備士  さま

コメントありがとうございます

> 懐かしいですね~、、44年前に大型トラック専門で修理してました。


ほぼ半世紀前のことですね

私は かろうじて この世に生まれてましたよ(笑)



> クラッチは普通のフロアーで専用ジャッキでミッション外してましたが、、
> 何せ重量物だらけで力技なので非力な私は苦労しました。


最近でこそ 便利な設備機器が充実して作業性は良いですが

私の入門当初の頃も フロアジャッキでミッションを降ろしてましたよ

当然ながら 寝転びながらの作業が伴うので

白い作業服は たちまちコテコテの油で真っ黒になる上に

メインの道具と言えば 「メガネ」&「スパナ」でやんす(笑)

それはそれは ボルト一本を外すにも時間が掛かり 大変だったのを思い出しますね



> ガッバッテクダサイ!!

ありがとうございます

これからもヨロシクです

No title

懐かしいですね~、、44年前に大型トラック専門で修理してました。
巨大なクラッチ見たら泣けそうでした。
クラッチは普通のフロアーで専用ジャッキでミッション外してましたが、、
何せ重量物だらけで力技なので非力な私は苦労しました。
その内力が付くと難なくこなせました。
エンジンやらMTやらの完全OVHもしてました。
その後別の仕事について、久し振り昔の仲間に合ったら大分前から1速のみクラッチ踏むが後はクラッチ踏まないで良いと話してました。
大型も進化してますね。
只、力が要るのには代わりが有りませんが、整備と言う楽しさは乗用車とは段違いに楽しい!!。
ガッバッテクダサイ!!

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示