ピアッツァのエアコン修理とATF完全交換!その他 盛り沢山?東大阪 《車の車検・トラックの修理》

とある日の事


慌ただしく 仕事に追われている中



「修理してもらいたい のですが ・・・・・・」  と 一本の電話が 入りましたが



ちょうどその頃  工場では 



抱えていた仕事が多くて  たいへん混み合っていたので



申し訳なかったが  暫く待ってもらう事で 了承を頂き・・・・・・



そんな訳で  



随分と お待たせしまして  



入庫したる  お車は 



真っ赤な ボディが 眩しく ステキな



いすゞ ピアッツァ (JR130)  です


ピアッツァ エアコン修理

お客さんは



忘れん坊な オイラを  知ってか? 知らずか?



あらかじめ 箇条書きに記した  「メモ」  を 手渡してくれました



見ると  



まいど、毎度に?   要望する内容が  盛り沢山



ヤリ易い ものから  



明らかに苦戦する? ものまで  入ってます(笑)


ピアッツァ エアコン修理

その後 お車を  お預かりしたものの



未だ他の作業に  追われてたので   お車の放置が 続いたが



ようやく  手掛けられるように なりましたので



本格的な 作業の  一発目は  



深夜の? テストドライブに  出掛けて みる



普段は 交通量の多い道路も  



夜間ともなれば  スイスイと  走行が出来て とても助かる



そんな ルンルン気分で?  走行中に



前方の 信号が赤に  切り替わったので



ブレーキペダルに 足を掛けて 減速するつもりだったが  



そのまま 信号前で  「エンコ」  してしまった



慌てて エンジンの再始動を 試みたが  セルの回りが弱く ・・・・・・・


ピアッツァ エアコン修理

すぐさま ピアッツァから降りて 



ドア越しに ハンドルを握り  



後続車両に  気を配りながら  道路の左端に 寄せておいて



トボトボと  一人寂しく 工場に向けて バッテリーを 取りに帰る



ヘトヘトになって  ピアッツァの元に  戻って来たところで



「あっちゃぁ~~」



持ってくる つもりだった  サーチライトを  忘れたことに 凹む



この状況で  戻る気力も 湧かないし 



と 半ば諦めていたが



スマホの 存在に  助けられた
  

ピアッツァ エアコン修理


そんな 「夜の テストドライブ」  で 得たモノは



 「疲れた」  だけだった (笑)


ピアッツァ エアコン修理


昨晩の テストドライブで  



幾つかの項目について  確認をする予定だったが



事態が急変して  それどころ話では 無くなったので



改めて   エアコンの調子を  診てみます


ピアッツァ エアコン修理

お客さんの話では  



「まったく 効かないよ!」  では  ありましたが



「そこそこ 効く!」  じゃない?



かと思えば  突然に  「効かなく なる」   ??



また、 暫くする放置すると  「復活?」  したりもする



実に  不可解な症状です


ピアッツァ エアコン修理


サイトグラスを  見れば



確かに  ガスが  少ないようにも  思うが



それだけが  原因じゃないようです


ピアッツァ エアコン修理


ゲージの指す 行方を  見守りながら



判断を 下すのですが  未だ不明な点も多い



しかしながら   「予感?」  がしたので



お客さんに  この事だけは伝える


ピアッツァ エアコン修理


下から  見上げた



エアコンコンプレッサーは   どうやら 漏れ出している感じで



コチラは  明らかに  ダメです


ピアッツァ エアコン修理


あ~かな?    こ~かな?  と



エアコンの診断している頃



偶然にも



一台のマシーンが  飛び込んで キタ (笑)


ピアッツァ エアコン修理



「テールランプが  点かねぇ~」   らしく




「配線図が 無い」  修理なので




笑い事じゃ  なくなった



ピアッツァ エアコン修理



手探りで  何とか  原因を 突き止める



ピアッツァ エアコン修理


自分なりの  対策修理を  施し



ランプが  点灯するまで  漕ぎ着けた




修理の  ダブル ピアッツァ は 心身共に 宜くないので




早々に   納車が出来て  ホッとした


ピアッツァ エアコン修理


元へ戻して  赤ピアッツァの  



エアコン修理に  取り掛かります


ピアッツァ エアコン修理


ベルトを  取りだして



問題のあった   コンプレッサーを



真っ先に  取り外す


ピアッツァ エアコン修理


次は



他のパーツ達よりも



先に 見てみたい?  コチラを  外していきます



ナットは  スンナリ回ったが   



肝心な  パイプが  なかなか抜けない


ピアッツァ エアコン修理


苦戦したが



ようやく  取り外しに  成功


ピアッツァ エアコン修理


リキタンを 手に取り  



早速 覗き込んで見ると



「予想通り?」 


  
この時点で  修理の方針が  ほぼ固まった?


ピアッツァ エアコン修理


次に   コンデンサーを  抜き取る


ピアッツァ エアコン修理


出口側の  様子を




確認してみると



ピアッツァ エアコン修理


内部の  洗浄だけでは



治まらない のが  すぐに解る



ヘタな 悪あがきは  避けて



交換するのが  ベター 


ピアッツァ エアコン修理


次に パイプの 連結を解いて



確認は  してみたが  


ピアッツァ エアコン修理

粉っポイ  サビらしきモノが



チラチラ 見え隠れする



低圧側が こんな状態なので   



タチの悪さが   浮き彫りになった


ピアッツァ エアコン修理


最後に  室内側の



クーラーユニットを 取り外します


ピアッツァ エアコン修理


こちらが 取り外した  クーラーユニットです


ピアッツァ エアコン修理



フィルターが無い お車のわりには




エバポレーターに付着した ホコリは  少なく感じるものの



ピアッツァ エアコン修理


肝心かなめの



エキパンには  不純物が  堆積している模様


ピアッツァ エアコン修理

そんなエキパンに




ピンセットを使い  汚れをツマミ出してみた




「冷えたり」    「冷えなかったり」  の原因は




配管内に 不純物が 蔓延する事によって




起ったに違いない


ピアッツァ エアコン修理


パイプや ホースは  口径が大きいので



洗浄で  対処できそうだが



その他の パーツ達は



残念ながら  「全滅」  と言う  最終判断を 下す

ピアッツァ エアコン修理


漏れを 起こしていた コンプレッサーは



修理で  対応して

ピアッツァ エアコン修理

仕上がった  コンプレッサーを



早速  組み付ける

ピアッツァ エアコン修理


エバポレーターは  新たに 作成して


ピアッツァ エアコン修理



ピアッツァ エアコン修理



室内に  取付



ピアッツァ エアコン修理

ダメな  コンデンサーも




いすゞからの  部品供給は 無いので





作成で  乗り切る


ピアッツァ エアコン修理


作成した  コンデンサーを




ドッキング


ピアッツァ エアコン修理


リキタンに ついては



姿 カタチ は そっくりだが




「サービス バルブ付」  が 見当たらなかった

  


ゲージに繋げないと  これから先も  困るので  




「良い方法は ないか?」   と   思案する


ピアッツァ エアコン修理


そんな リキタンに  




連結させる  このパイプだが



ピアッツァ エアコン修理


サービスバルブを  取付けて




難を逃れる



ピアッツァ エアコン修理




ピアッツァ エアコン修理


エアコンパーツ達の 新調を 済ませて




いよいよ




ガスの投入を  する




ピアッツァ エアコン修理


真空引きを  時間を掛けて  




ジックリと  行う    




これ大事 アルよ



ピアッツァ エアコン修理

エアコンのスイッチ  を  「ON」 にして



コンプレッサーを  働かせ



冷え具合を   確認する



当然ですが  



「冷えたり?」   「冷えなかったり?」   などの  




不安定さは   解消されましたので




エアコン修理に つきましては    これにて完了です



ピアッツァ エアコン修理

慌ただしい ですが



お次の 修理を やってみましょう!



請け負った時から 



エアコン修理よりも コチラの方が  苦戦するのは  



解っていたので  不安で いっぱいだ



スモールランプの  スイッチを



ひねっても


ピアッツァ エアコン修理

メーター内の 照明が  「点灯 しない!」   てヤツ です



その他の



各種警告灯 や ハザードランプ などは  灯る



この写真で見る限り  タコメーター や スピードメーター は



「見えてる じゃねーかよ」   と 思うかもしれませんが



「悪夢の テストドライブ?」  では   



真っ暗でしたよ


ピアッツァ エアコン修理


各種機能を コントロールさせるスイッチを



一つの ボックスに 束ねた



この 「サテライト スイッチ」 



ピアッツァ エアコン修理


一度 運転席に 乗り込むと   



飛行機の コックピットを連想させ



高級感 や 重厚感に 溢れており 



「さあ  運転するぞ!」   



と  高揚感に つつまれるのは  運転する人だけ (笑)



バラす 我々にとっては   実に 困った   「創り」  になっている


ピアッツァ エアコン修理


一般の方は 解らないかも 知れないが



我々 修理を行う者にとって  



電気系統の修理は   「配線図が 命!」   なのです



例えると



見知らぬ外国へ 出掛けるのに  



場所を記す  「地図」  などを 持たずして  「探し当てる!」  のと同じです



コチラの お車も 皆さんの想像通りの  ありさまで



格闘を 余儀なくされる


ピアッツァ エアコン修理


青 や 赤  それに 緑 に 白 など



それぞれ 役割を持った 「配線」  なのだが



いったい  「どれが?  何処に向かって?」 



何とか  解読しようと  頑張るものの



時間ばかり  過ぎ去っていく


ピアッツァ エアコン修理



室内側から 掴む  「情報?」  と共に


ピアッツァ エアコン修理



ピアッツァ エアコン修理


判明した? 配線から  



テープを 巻きつけて


ピアッツァ エアコン修理


メモに 書き込んで



自分なりの  「配線図?」  を  おこしてみるが ・・・・・・



どうにも  解決できない  配線が多数に  およぶ 



お客さんに  「ギブアップ宣言」  しようかと  



正直  何度も思った


ピアッツァ エアコン修理

どうにも こうにも



行き詰って しまったので


ピアッツァ エアコン修理


こんな時は 決まって


ピアッツァ エアコン修理


荒ワザで 解決しちゃう (笑)


ピアッツァ エアコン修理


「お~~」 




「明るく なったぜ!」


ピアッツァ エアコン修理


最上級の? 山を 乗り越えて  一安心




残りの  作業を やりましょう




お次は   「ATFの交換」  です



ピアッツァ エアコン修理


抜き取った ATFは





今まで   「交換したこと あるん?」  でした 



ピアッツァ エアコン修理


誰もが 嫌がる?  未知なる世界へ




さらに 突き進みます


ピアッツァ エアコン修理

見た目は  ベテランでも



こんなに  脱がされる?のは



初めて かな (笑)


ピアッツァ エアコン修理


やさしく 拭き取ります


ピアッツァ エアコン修理


見れば



ATミッションの バイパスパイプにも



てんこ盛りに  付着した 「鉄粉」 を発見


ピアッツァ エアコン修理




えげつねぇ~量の  鉄粉が  取れましたよ



ピアッツァ エアコン修理



パイパスパイプを  下にズラして



僅かに空いた スペースから ストレーナーを  抜き取る


ピアッツァ エアコン修理



ストレーナーの 部品供給は  在りませんので



付着した 鉄粉を  



キレイに 洗い流してやり 再使用します


ピアッツァ エアコン修理


汚れた  ATミッションの 内部も



ペーパーで  コマメに 拭き取って


ピアッツァ エアコン修理



ストレーナーを 組み込みます



ピアッツァ エアコン修理


そして  オイルパンを  組み付けて


ピアッツァ エアコン修理


いよいよ  トルコン太郎の  出番です


ピアッツァ エアコン修理


抜き取った分の ATFを  補充して


エンジンを  始動させてみます


新油とは  比べモノに ならない程


まだまだ  「真っ黒」  な 状態です

ピアッツァ エアコン修理


では、 「目指せ!  完全交換!」  へ向けて



スイッチ  「ON !」


ピアッツァ エアコン修理


じぇん じぇん  変んね~な


ピアッツァ エアコン修理


それじゃ  もう 一回 やってみる


ピアッツァ エアコン修理


たいぶ マシには  なっているが



マダマダ  です


ピアッツァ エアコン修理


もう 一回 で



スイッチ を 「ブチっ」


ピアッツァ エアコン修理


キレイなのは キレイだが



なんだか  納得 できね~ので


ピアッツァ エアコン修理


しつこく やってみる


ピアッツァ エアコン修理


お客さんに  見せても



恥ずかしくない くらいに  なったのでは?


ピアッツァ エアコン修理


さあ  ラストスパートへと  参りましょう



「漏れ」  のあった   ラジエターのホースです



ラジエターホースは  抜き取ったものの  



部品供給は  終了しており



行き当たり  バッタリで  考える(笑)


ピアッツァ エアコン修理


こんなのは   「どうかな?」



とりあえず  ホースを入手して   試してみる


ピアッツァ エアコン修理


最終的に



こんな 感じに  仕上げて



これで  我慢してもらう (笑)


ピアッツァ エアコン修理


いよいよ  最終の 修理です



「ネズミ に  カジられた?」  配線 



にわかに 信じがたい? が


ピアッツァ エアコン修理


それっぽくも  見えたりもする



作動に 支障をきたしている 訳ではないが



お客さんは メチャ気になるらしい


ピアッツァ エアコン修理


要望する修理を  伺ったときに



 「この修理を!」  



強調したように 聞こえた(笑)


ピアッツァ エアコン修理


こんな感じで  今回の修理は  終了です


ピアッツァ エアコン修理


しかし なんですね


見れば 見るほど


ホレ込む  「真っ赤な  ピアッツァ」   


はたして 全国を探して 二台目は  在るのかいな?


と つくづくと思う


なので  是非とも  末永く  乗り続けて もらいたい ものです


今回は ありがとうございました




「あっ!」  


最後に  謝っておきます


エアコン修理をしたが   「夏が 終わってしまった !」  事を (笑)



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

Sue さま


返信コメントありがとうございます


普通の中年オッサンですので

あまり 「大きな期待?」はせずに

機会があれば お越しください


ありがとうございました


No title

高井田サービス様
返信コメントありがとうございます。

ご質問させていただいた輸入車整備の件ですが

>日本車に比べて接する機会が少ないので

>正直なところ 「まかせろ!」とは言えません

>しかしながら 

>何でか?依頼が舞い込んできます(笑)

拝見していると何とかして頂けるのは良く伝わります。だから、?の依頼が舞い込むんでしょうね。(笑)

私もまずはオイル交換から手始めにお願してみたいです。機会があれば整備工場の見学だけでもお伺いしたいです。

ありがとうございます。

Re: ホントいい仕事されていますね

Sue  さま


コメントありがとうございます

> 今回は廃盤部品の多い旧車の修理が最後はどうなるかとハラハラ、ドキドキ、ワクワクしながら見ていました。相当苦労され修理されているのが目に見えてわかりました。ホントいい仕事されていますね。感動しました。またの投稿楽しみにしています。


依頼事項が多数に及ぶ時は 必ず?ややこしい作業が混じっているので
それは それは ドキドキしながら作業を進めてますよ


本心では失敗の少ない 「オイル交換!」の依頼がウレシイ(笑)


> 質問です。輸入車も対応可能でしょうか?
> VWパサートセダン2013年モデルであと2年は延長保証があるのでまだすぐにはお世話になる事はないと思いますが、参考までに。


日本車に比べて接する機会が少ないので

正直なところ 「まかせろ!」とは言えません

しかしながら 

何でか?依頼が舞い込んできます(笑)




まずは 

ハードルが低めの 「オイル交換!」から(笑)

ホントいい仕事されていますね

高井田サービス様
いつも楽しみに拝見させて頂いています。
今回は廃盤部品の多い旧車の修理が最後はどうなるかとハラハラ、ドキドキ、ワクワクしながら見ていました。相当苦労され修理されているのが目に見えてわかりました。ホントいい仕事されていますね。感動しました。またの投稿楽しみにしています。
質問です。輸入車も対応可能でしょうか?
VWパサートセダン2013年モデルであと2年は延長保証があるのでまだすぐにはお世話になる事はないと思いますが、参考までに。
余談ですが、前車はアウディA4 2.4クワトロセダンに乗ってました。新車からコツコツ手を入れて13年で11万キロ乗りました。最後は高速走行中にタイミングベルトテンショナーの取り付けボルトが折れてタイミングベルトが破損しバルブ破損となり廃車。タイミングベルト一式予防交換時にボルト類を新品に交換しなかったのが原因でした。部品代をケチった為高い授業料になりいい勉強になりましたが。

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示