FC2ブログ

車のエアコン修理!のアレコレ? 東大阪 《車の車検・エアコンの修理》

近頃は とても ムシ暑い日が 続いてるせいか


絶え間なく  エアコン修理の 依頼があり  


とても 有難いが


車のエアコンは 診断や点検時に  エンジンを掛けての 作業を伴うので


熱風が オイラを襲い  少々バテ気味だが


気合いをいれて  カーエアコンの修理 やってみるぜ!(^o^)/


まず 最初に登場する お車は   


日産の名車   スカイライン GT-R   (BNR32)  からです

R32 エアコン修理


走行距離は  20万キロを 超えたところ



ウチに来る前の   



昨年 と 一昨年   エアコン修理に  「だいぶ 突っ込んだ!」   らしいのだが



またもや  今シーズンも  「 効かない!」  そうだ


R32 エアコン修理


お客さんには  「時間は  くださいね! 」   と  伝えて



お車を  預かり



早速、  エアコンの調子を  診てみる


R32 エアコン修理

エアコンを作動させてみると



いきなり  「40°」  の 熱風が  吹き出してきやがる



こんな事なら  エアコンを 使わない方が  よっぽどマシだ


R32 エアコン修理


ゲージを  突っ込んでみたが   明らかに 「 ガス欠 」 だった



なので



エアコン診断の基本  真空引き&ガスチャージで




「ガス漏れ!」  はモチロンだが



システムの診断から  してみましょう!


R32 エアコン修理


真空引きも 終わったところで



ガスの  投入です


R32 エアコン修理


コンプレッサーが  働き



順調に  冷えだして きました


R32 エアコン修理


ここまで  冷えるので



エアコンサイクルとしては   問題なさそうです



冷えない  原因は  ガス漏れに  絞られましたが



いったい  何処だろう? ・・・・・

R32 エアコン修理


エアコンコンプレッサーの  周辺や



パイプ ホースを  調べてみたが



どうも  反応が 見られへん

R32 エアコン修理


コンデンサー  や  リキタン



それに  連結部分も  見渡したが   



ここも    「白」   かな?

R32 エアコン修理



それでは



「ここかいな ?」


R32 エアコン修理


隙間から  覗き込んだ



エバポレーター は  いかにも 真新しく



以前の修理時に   交換されているようだった



一応  「反応」  を 見てみたが  



漏れている様には   思えないし



じゃぁ    いったい 何処からだぁ?


R32 エアコン修理



最後に 残るのは


R32 エアコン修理

ここからの   スローリークと  結論付ける事にする



ここは あまり確かめない  ところで



エアコン修理の  「盲点」 です


R32 エアコン修理


今回の修理で



お客さんの要望が あるので




その為  リキタンは   交換しておきます

R32 エアコン修理




R32 エアコン修理


それでは   


改めて  真空引きを  行い


R32 エアコン修理


お客さんの 要望である




「134a」  の ガスを  入れます

R32 エアコン修理




R32 エアコン修理


では  エアコンのスイッチを   




「ブチッ」


R32 エアコン修理


冷却能力を  上げる為に




「改造」  も  施して

R32 エアコン修理


強制的に   コンデンサーファンを



回してやります


R32 エアコン修理



コンデンサーが  「冷え冷え」  なので



R32 エアコン修理


GT-Rの 走りと同様  



立ち上がりが  抜群で


R32 エアコン修理


一気に 上り詰めます


R32 エアコン修理


ガスチャージを  終えたところで




テストドライブに   出掛けてみます



R32 エアコン修理



R32 エアコン修理



R32 エアコン修理

十分に冷えたのを



確認して  工場に 帰還




お客さんに  現状を 説明して



サービスバルブの交換をして  様子を見てもらう事で



納車です

R32 エアコン修理


お次は 


ボルボ ワゴン



角い ボディーが  ステキな お車ですが



「エアコンが 効かない!」  と言うことで  入庫しました


ボルボ エアコン修理


走行距離は   13万キロ



結構  走ってます


ボルボ エアコン修理


「まったく  効かない!」  事では  あるが




まずは   確認してみる


ボルボ エアコン修理



時間が経てども



ヌルい風が   出るばかり



お客さんの  話では




去年も  「ガス切れ」  を起こして 



その時は  補充で  凌いだが・・・・・・・・


ボルボ エアコン修理

今シーズン になって



エアコンが  効かなくなった  らしい




どうやら ガス漏れ? に間違いなさそうだが ・・・・・・・




真空引きを  して



エアコンガス と共に   蛍光剤を  入れてみる


ボルボ エアコン修理





ボルボ エアコン修理


エアコンスイッチ を  「ON」   で



マグネットクラッチに  通電して  



コンプレッサーが   働き始める



ボルボ エアコン修理


ガスの入れ始めは



外車特有の?  マグネットクラッチが  入り切りを  繰り返すので



日本車をメインに  扱ってるオイラは



「大丈夫 !?」  って   ドキドキ  してしまう


ボルボ エアコン修理

通電の繰り返しが  落ち着いてきた頃




グングンと  冷え始めて


ボルボ エアコン修理


エアコンシステムは  良好なようです



ボルボ エアコン修理



エエ感じだ



ボルボ エアコン修理


エアコンパイプも  びちゃびちゃに なり



冷えてる  証拠です

ボルボ エアコン修理


それでは   



「漏れてる 処は ?」  



あちこち 確認してみたが



蛍光剤を 投入して



そんなに 時間も  経ってないせいでしょうか  



ハッキリとした 漏れが  確認できなかったので



「効きが  悪くなった頃に  また来てね!」   



と言う事で



一旦   納車です

ボルボ エアコン修理

お次の



エアコン修理の  患者さんは




スズキ ラパン  です


スズキ ラパン エアコン修理



走行距離は   7万キロを 過ぎたところ



スズキ ラパン エアコン修理

お客さんの 話では



ウチに来る前に



Dらーに  出向いて 診てもらったところ



「エアコン全部 交換せな  あきまへん!」  



やて



そんな  アホな!(笑)

   

オマケに 言われた事が



「こんな 新車ありますが  どうでっか!?」



やて



ヤッパリか!(笑)


スズキ ラパン エアコン修理


では、  早速



スイッチを 入れて



エアコンを  みてみる


スズキ ラパン エアコン修理


まったく 冷えない訳では  ないが




少し 物足らん 


スズキ ラパン エアコン修理


エアコン診断の基本?




真空引き&ガスチャージで 
 



状態を 確認してみる


スズキ ラパン エアコン修理

この時  



僅かに  真空があまいのは  気付いていたが



ガスを  投じる


スズキ ラパン エアコン修理

ゲージの 動向を



注意深く 見守ると




理想より  ズレてる事が 解り




ひとまず  コンプが 駄目だと  判断


スズキ ラパン エアコン修理


それに  「真空の あまさ」  からして



漏れも 調べます


スズキ ラパン エアコン修理


バンパーを 取り外して



痕跡が 無いか?

スズキ ラパン エアコン修理


コンデンサー周りは   異常なし と判断して





室内側を  調べます




スズキ ラパン エアコン修理


見ることの  出来る範囲は



限られてしまうが



頭を床に擦りながら  潜り込み



ランプを  エバポレーターに向けて 照射しながら  



ジックリと  見たが  漏れは  無さそうです


スズキ ラパン エアコン修理


色々と  探したところ




ココから   漏れてました


スズキ ラパン エアコン修理



新品の  エキパンを  組み付けて



スズキ ラパン エアコン修理



エアコン修理の  必須アイテム



スズキ ラパン エアコン修理

レシーバードライヤーの




フィルターを  取替ます

スズキ ラパン エアコン修理


そして  コンプレッサー  です


スズキ ラパン エアコン修理


交換部品を   すべて組み付けて




真空引き &  ガスチャージ



スズキ ラパン エアコン修理






スズキ ラパン エアコン修理


無事に  納車となりました


スズキ ラパン エアコン修理


お次は




ホンダ ストリームの  エアコン修理です




ホンダ ストリーム エアコン修理


走行距離は  9万キロ



お客さんの 話では



「ある日に  エアコンのスイッチを入れたら  突然 エンジンが止まってしまう!」  



らしいのです



しかしながら エアコンの スイッチを 押さなければ



「走行も 可能」  と 言う事なので  自走して 入庫してもらいました


ホンダ ストリーム エアコン修理


ウチに 来る前に



Dらー で エアコンの状態を 見てもらったら



修理するより



「こちらにある  中古車 どうでっか!?」



やて



またかっ!(笑)


ホンダ ストリーム エアコン修理

エンジンを 始動させて



お客さんの言う  現象を確かめて 見たところ



エアコンのスイッチを 押すと 同時に   『ガクン!』  とエンジンが  止まる



コンプレッサーの 焼き付きに   間違いなさそうです



原因が解ったところで

 

早速  バラシに  取り掛かりましょう


ホンダ ストリーム エアコン修理


パワステポンプを  少しズラして



オルタネーターを  引き抜き


ホンダ ストリーム エアコン修理


そして



コンプを  外します



ホンダ ストリーム エアコン修理


コンプと  連結されていた  



パイプを   手に取り


ホンダ ストリーム エアコン修理


パイプの中を   ジックリと 観察してみたら




コンプが ロックした 割りには  中身は 意外とキレイ




「う~~ん   五分 五分かな ?」


ホンダ ストリーム エアコン修理


一方   取り外した  コンプに



レンチを 掛けて   ひねってみたが   



駄目だわ     ちっとも  回んねぇ~



完全に ロックしてやがる



ホンダ ストリーム エアコン修理


コンプの  次は



バンパーを  外して


ホンダ ストリーム エアコン修理


コンデンサーを  取り外します


ホンダ ストリーム エアコン修理


コンデンサーに 内蔵されている



フィルターを  抜き取りますと



結構な  汚れ方を  しております


ホンダ ストリーム エアコン修理



ホンダ ストリーム エアコン修理


本来  「コンプの焼き付き」 による  修理では



当然  エキパンも 交換すべきである



コンプだけの 交換修理では



組み付け後 すぐに  



「エキパンを 詰まらせたり」    「コンプのバルブを 傷めたり」   したりして



「再度の取替」  が発生したという   


     
何とも悲しくて 痛い目にあった お車を 幾度となく 見てきましたが



「懐事情が 許さない?」   らしく



リスクは 承知の上で   エキパンは   見送ることになった


ホンダ ストリーム エアコン修理


コンプを  取り付ける



ホンダ ストリーム エアコン修理



その上から   オルタも  取り付けて



ホンダ ストリーム エアコン修理


最後に  パワステポンプを  組み付ければ


ホンダ ストリーム エアコン修理


真空引き & ガスチャージ です


ホンダ ストリーム エアコン修理


では、エアコンのスイッチを  



入れて みましょう


ホンダ ストリーム エアコン修理


只今の  気温は    約33°  くらいかな



とにかく暑い です


ホンダ ストリーム エアコン修理



順調よく  冷えはじめまして



ホンダ ストリーム エアコン修理


ここまで  来れば   良いでしょう



今回は  エキパンの交換や  パイプの洗浄までせずに



回復できたのは  ラッキーでしたが



今  思えば   



「前触れもなく!  急にロックした!」   のが  良かったのかも しれません



以前から   「ガラ  ゴロ  ガラ ゴロ 」  



『音が  していた!』  なら   システム全体に 「粉」 が 回っていたことでしょう



ホンダ ストリーム エアコン修理



お次の



エアコン修理の  お車は



またもや



スカイライン  BNR32  です




思えば  そこそこ年数も  経っているのに




どこかで  ひっそりと?   残っているもんですね



スカイラインBNR32 エアコン修理



走行距離は    もうすぐ  21万キロ の  ワンオーナー




「NISMO」  が  眩しいぜ!



スカイラインBNR32 エアコン修理



強く 握り締めてたのか? (笑)



スカイラインBNR32 エアコン修理



とても  愛着を感じる ばかりです(笑)


スカイラインBNR32 エアコン修理

実は  昨年の とても暑い日に



「エアコンが 効かねぇ~」   



「ガスが 抜けてるのは  解っとる!」



「だが  何処だか?解んねぇ~」



と 来てもらった お客さんでして



その時は  ガスと蛍光剤を ほり込んで対処



「エアコンが 効かなくなったら  また来てね!」   と 伝えたところ
   


この 夏に 再び入庫です



昨年に  下ごしらえを していたので



では  「ガス漏れ」 を 探していきましょう


スカイラインBNR32 エアコン修理


早速  怪しいところを  発見



漏れてる量は  少ないようなので


一先ず   グレーかな?


その周辺では  コレといって



問題は 無かったので

スカイラインBNR32 エアコン修理


リフトアップして



下から  攻めてみましょう


スカイラインBNR32 エアコン修理


薄暗い中を 探ってみると



痕跡を  見つけました



コレは  「黒」  に決定


スカイラインBNR32 エアコン修理


コンプレッサーと パイプの 連結部分からも



漏れた跡が  見つかりました


スカイラインBNR32 エアコン修理


エンジンルーム内の 確認が終わったので



室内側を   調べてみます


スカイラインBNR32 エアコン修理


クーラーユニットが  見えてきましたので



覗き込める  空間を探し当て


スカイラインBNR32 エアコン修理

見てみます



お客さんの 話では



数年前に?   「エバポレーターは 交換済」  らしい
 


見て取れる範囲を  慎重に調べてみたところ



痕跡らしきモノは  見つかりませんでしたので



こちらは   「白」  と判断します


スカイラインBNR32 エアコン修理


では、  漏れのあった  ホース目掛けて



作業の開始です



目の前の  エアーダクト や ホース



そして  エアクリを  取り外しまして


スカイラインBNR32 エアコン修理


長期間  取り外されていない  パイプは

 

カチコチになった ゴムホースで  縛られて



外すのに  骨が折れる


スカイラインBNR32 エアコン修理


特に  奥ばったところは



隙間に  こじ入れる道具も 限られるので



556を  思いっきり  垂れ流して 



染み込んでくれるのを   ただ 願うだけ


スカイラインBNR32 エアコン修理


このホースに 数十分も  格闘してしまった



ホースの多い  車を いじるのは  だから疲れる


スカイラインBNR32 エアコン修理


おてて も  汚れるし  (´;ω;`)


スカイラインBNR32 エアコン修理


僅かに 見え隠れしている  エアコンのホース



取付ナットが  見えているので  



このまま 取り外しても  良さそうでは  あるが



油を含んだ泥が  コンプの  中に入り込んだら  困るので



洗い流してから  ホースを 取り外す


スカイラインBNR32 エアコン修理


とは 言っても   



ホースを 抜き取る頃には



ベタベタ になる


スカイラインBNR32 エアコン修理


低圧ホースを 外してから



高圧ホースを  抜き取る


スカイラインBNR32 エアコン修理


そんな  ホースを 確認してみると



米粒程度の 裂けた跡が  見つかり



恐らく この辺りから   漏れていた ようだ


スカイラインBNR32 エアコン修理


他の所も  確認してみたら



ホースを 保護する ラバーに  隠れて



ぷっくり  膨らんでました


スカイラインBNR32 エアコン修理


新品の  ホースが準備できましたので




取り付けに  掛かります


スカイラインBNR32 エアコン修理


入り組んだ  狭い所に  ホースを  潜らせて



ナットを  締め込む 


スカイラインBNR32 エアコン修理


スカイラインBNR32 エアコン修理


最後に  コレ



リキタン  だけは   交換しておきます


スカイラインBNR32 エアコン修理



スカイラインBNR32 エアコン修理


組付が  終われば




真空引きを   して


スカイラインBNR32 エアコン修理



今回も   こちらの  ガスをいれます



スカイラインBNR32 エアコン修理


134a 対策として



強制ファンの 改造を  施してやり


スカイラインBNR32 エアコン修理


ガスを投入 していきます


スカイラインBNR32 エアコン修理



今の 気温は  言うのも  「暑い!」



スカイラインBNR32 エアコン修理


コンプを  働かせて


スカイラインBNR32 エアコン修理


涼しくなりかけて  きました


スカイラインBNR32 エアコン修理

そして   コレから  という時



なんだか   コンプの作動が  変?



そんなに 温度も下がっていないのに



マグネットクラッチへの  通電が 停止する



だが  すぐに復活して コンプが 働き始める



そんな事が  度々 繰り返される

スカイラインBNR32 エアコン修理

去年の 段階では  見受けられなかった 症状だ



気になったので



エアコンの コントロールパネルに内蔵されたコンピューターの


 
自己診断機能を利用して  エラーコードを 読み取る事にした



見つかった  コード番号は  ”25”  であるが ・・・・・

スカイラインBNR32 エアコン修理

一応  及第点?には  達したので


とりあえず  漏れの修理は  完了しましたが・・・・・


お客さんに  連絡を 入れると


一先ず  引取りに 来ると言うので


詳しいお話は  その時にした


コンプの様子が 変なのは


多分   「アレが悪い!?」   だろうと・・・・




皆さん ありがとうございました

じゃぁ  またね ( ´ ▽ ` )ノ



車検・修理の お申し込みは こちらをクリック!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 



やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示