エルフの修理は早めが吉!?【クラッチ・ハブ オーバーホール編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

まだまだ 寒さが厳しい ある日のこと



電話が 鳴り出し  出てみると



話し声に 聞き覚えがある? 方から



「オイル交換 してくれへんかな?  

  仕事が 終わってから  持って行くので・・・・・・・・・」




 少々   到着が 遅くなるらしいが

 

待つことにした



日中は  交通量の激しい  工場前の道路ですが



夜も更けて  行き交う車も  チラホラとなった頃



ようやく やってきました 



イスズ エルフ トラック (NKR81) です


エルフ修理


看板の    『危!』    に 



見覚えの ある方は  マニアックな 人だと思う (笑)



何の事だか?   分からない方は



過去のページを   辿ってください 


エルフ修理


前回に  登場した時よりも




お車が  数段 グレードアップしており




商売繁盛で?  威勢がエエのは 解るが




このポーズは  ヤリ過ぎやろ! (笑)



エルフ修理


オイル交換なら  どこでも 対応してくれるのに



わざわざ  オイラの所まで  持ってきてもらって



ウレシイ 限りです



では、 早速リフトアップして



オイル交換を  始めます


エルフ修理

トラックの下に 潜り込み




ドレンコックを 緩めて




オイルを 抜き取ります


エルフ修理

抜き取りが 終わり



オイル注入の為に



少しばかり  キャビンを  持ち上げたところで 



何やら  引っ掛けた ような   「音」 が したので
 


上げかけた キャビンを 



一旦  下に 降ろして  辺りを見回すと



「ブチっ!」  っと  



引き裂かれた  配線の存在  に  気づいた


エルフ修理


そんな  配線の出処ろを  見ると



プロ の  「仕事」  ではないのは  すぐに解る



見えない 所へと  配線する 手間を考えれば



ドリルを 使っての   「一撃!」 は  とても 合理的? (笑)



「勝負は 早い」   が   「仕事は 荒っぽい」


 
あの方が  しそうな事や (笑)


エルフ修理


銅線部分の 処理も  テープで  グールグル



オイラには  



(+) (-)  見分けが つかね~ ので



放ったらかして置くのが  一番



後は   お客さんに  任せることにする


エルフ修理



規定量の オイルを  注入して



エルフ修理


オイル交換作業が  終了したところで



フロントガラスを   ふと 見上げれば



「点検ステッカー」  が  目に入った



『23年 !』   



エエ感じだ (笑)


エルフ修理

翌日の  早朝に 



オイル交換が 済んだ  トラックを  引き取りに  こられました



例の   結線方法が  分からなかったので



「そのまま  そっと している!」   事を伝えますと



お客さんは   



手馴れた 様子で   結んでいた



(+) も (-)  も  同じ 白線なのに



本人には   違いが 分かるようです



ある意味   天才ですな (笑)


エルフ修理

作業が 終わってから



トラックを  移動させている時に  気づいた



「クラッチの  酷いシャクリ !」    を伝えてみたが



今は  かきいれ時 なので



「まとまった 日数を 空けられない!」   らしくて  



シーズンが  終わってから



「また  持ってくるわ!」    と言う話で まとまった



そんな 訳で



暖かくなった 頃に  再び 登場の  エルフです

エルフ修理
お客さん 曰く


「クラッチは  モチロンだが

 ブレーキ や ハブ  の方も 心配なので  診て欲しい・・・・・・・・・」




半年後の 来シーズンに向けて   「準備!」   らしいの です



とても 慎重な方  です (笑)



そんな 慎重な方ですが



配線処理は   相も変わらず ・・・・・・・・(笑)



前回の教訓?  もあり



配線に  マーキングして   処理を  しておきました

エルフ修理

バッテリーの端子に   繋がった 配線は



独自の 取り回しで?  混み合ってますので



最低限の  結線だけ を  取り外して



クラッチ交換の   作業を 開始です

エルフ修理

まずは  



セルモーターから  外して

エルフ修理


お次は   プロペラシャフト  です


エルフ修理



サイド ドラムが  裸に なったので



エルフ修理


サイドドラムを  取り




サイドワイヤー  を  引き抜きます


エルフ修理

そして


各部のセンサーの  カプラーを   切り離したり



チェンジコントロールの   ワイヤーを 外したりして



いよいよ  ミッションの  取付ボルトを  外していきます



ミッションの後方から   



ロングな  エクステンションバー を



ハウジングボルト  目掛けて 突っ込んでみたが


  
『ど~~も   ソケットが  入らねぇ~』

エルフ修理

ミッションの  横から  



頭を 突っ込む スペースが ないので



カメラを 忍ばせて    「パチリ !」  とやってみる



みたら  ボディの 横ネタ に  



ボルトが  半分ほど   隠れてやがる



それに   メガネなどを   



スペリ込ませる スペースも   無いので



めんどい タイプだ

エルフ修理


このボルト外しは   我が身のキケンを 伴うが   




ミッションを ある程度  落としてからの  作業になる


エルフ修理


何とか   




無事に  ミッションを 降ろせることが   出来ました


エルフ修理


2t車と言えども  このクラッチは   めちゃくちゃ  デカイです

 


4ナンバートラックの  フレーム幅に 収めるには




このサイズが   限界のようです 


エルフ修理


取り外した   クラッチを見ると   




幾分かの スリットは  残っている ものの




プレッシャープレートの 表面が




まだら模様が  浮き出て いるので




このあたりが  「交換ドキ」   みたいです


エルフ修理


フライホイールも  取り外して




見てみます



エルフ修理



クラッチディスクと  激しくミートした  痕跡があり




偏摩耗を 起こしていたのが   良く分かります



エルフ修理


ハウジング内部も




クラッチディスクの   摩耗粉で   汚れてましたので




キレイに  洗浄しておきます



エルフ修理

では  組み付けて  行きましょう!



まずは   スラストベアリング  からです



クラッチペダルを  踏み込む度に



メンドラシャフト上を  摺動するスラストベアリングの  給油は



とても重要ですので



耐磨耗に優れた  グリスをタップリと



塗りこんで  おきます

エルフ修理


給油した    その スラストベアリングを




クラッチリテーナーに  セットする


エルフ修理

荒れた フライホイールの面も



研磨で  対応します



クラッチを  ホーバーホール する時は



フライホイールに   手を加える   か   否かで



後の   クラッチ寿命 や フィーリング に 大きな差が  出ますので



ここが  ポイントだと  思います

エルフ修理


フライホイールを  エンジン側に  ドッキング


エルフ修理



そして  新品の  クラッチを  準備して



エルフ修理



組み付けます



エルフ修理

それでは  ミッションを 載せていきましょう



ジャッキを 使って   程よい高さまで  上げながら



前後左右の  バランスを 確認しつつ



ブチ込むのですが



どデカイ ミッションである割りに  フレーム幅が狭いので



ミッションの右横を 通る  エキパイに  「ゴリ ゴリ」  と 干渉させながら



押し込むのが  大変



やった方なら   解ると思います

エルフ修理

ドッキングに  成功しまして



「ホッ!」    と 一息


エルフ修理


サイドブレーキの  バックプレートも



汚れて ましたので



キレイに して


エルフ修理



ブレーキを  組み付けます



エルフ修理


そして 



サイドドラム  と  プロペラシャフトを  取り付けてから



ブレーキ調整を  施せば   



クラッチの オーバーホールが   完成です



エルフ修理


続きまして



「ブレーキ」   や   「ハブ」  を診てみましょう!



とりあえず   フロントからです


エルフ修理



タイヤを 取り外して




パッドの 残量を    測定してみると




まだ    「5ミリ」  以上も あるので




お客さんの  使用状況から  判断して




次のシーズンは   十分に クリアー出来るでしょう



エルフ修理


と   思ってはみたが




よくよく  見てみると





「異常が ある!」   のに   気がついた
 


エルフ修理


パッドを 外してみると




残量は    そこそこ 有るのだが




それにしても   「割れ」  が   ヒドい




これは   「交換」   せなアカンわ


エルフ修理


ハッドの  お次は




ハブを  バラします


エルフ修理

お客さんも  中古として  入手した関係で



以前の 整備歴が  不明だし



シーズン中の  トラブルは   出来るだけ避けたい!



との 思いは 理解できます



経験上   初めてウチに来る お客さんの  トラックは



ハブの状態が   思わしくないのが   ほとんど



ましてや   フロントブレーキが   



「ディスク」  の場合は 
 


まず  疑っても    ハズレなし です



今回も   「予想通りに?」   



ベアリングが   結構な  汚れ方を   しておりました

エルフ修理

フロントの 次は



リヤに  移ります

エルフ修理

ドラムごと  タイヤを 抜き取り



ブレーキが  姿を現しました



ブレーキライニングは   十分な残量が ありましたので



来シーズンは  問題ないと 判断しまして



このまま 使用することに します

エルフ修理


外した タイヤから




ベアリングを 抜き取りまして


エルフ修理




見れば  やっぱり  きちゃない




エルフ修理


取り外した   ベアリング達を




洗浄剤で 洗い流して




キレイに  仕上げます



エルフ修理


フロントハブも   中に溜まっていた




汚れたグリスを  掻き出しますが




手の行き届かない所は   




ブラシで    「ゴシ!  ゴシ!」 



エルフ修理




「洗い」  が  終わったところで




エルフ修理




ベアリングを  マシーンに セットして




エルフ修理

キレイに 仕上げた  ベアリングに



真新しい  グリスを  注油するのは  気持ちが エエもんです



それと 



何よりも   トラブルを  軽減する為には   大切な事ですからね

エルフ修理


グリスを  詰め替えた   ベアリングを



ハブに  挿入して



ハブシールを 取り付ければ    



ハブの 準備が  完了です



エルフ修理


きちゃない グリス  で  いっぱいだった



ホーシングの  キレイにして


エルフ修理


エルフ修理


ベアリングを  挿入して



アウターナットを 締め付けると



リヤが 完成


エルフ修理


続きまして



フロント側  です


エルフ修理


ナックルに  ハブを ブチ込んで



ベアリングを  入れる



エルフ修理


プレロード調整に  気を配り



ナットを 締め付ける


エルフ修理

ハブキャップを  はめ込み



ディスクブレーキを  組み上げれば



フロントも  完了

エルフ修理


これで  次期のシーズンに 向けて



ちとは  若返ったのでは  ないでしょうか



それに



お客さんの    「気になる  心配事」   も



少しは  解消されたのでは  ないかと思う



予定していた  すべての 修理が 終わった ところで



ふと


フロント ガラス  に  目をやると

エルフ修理


車検は    「更新済!」



多忙な 仕事の  合間を縫って



自ら 陸運局に 出向き



「ユーザー車検で  検査を パスした」  



とは 言ってた


エルフ修理


フロントガラスの  左隅には    



『23年 !』 



まだ  大切に  貼り 付けてある 




これは   「気には  ならんらしい?」 (笑)




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

こに 様

まいど です



> 「あ、タンク無理やり乗せてたあのおじさん!」と分かってしまった僕はマニアですかね?笑


すぐに 気づいた?なら そうでしょ(笑)




> それにしてもユーザー車検のずさんさにも飽きれますねー
> たしかダイヤルステッカーは期限切れたまま貼ってるとNGだったような記憶があるんですが・・・


最近は 陸事の検査体制も 一昔前に比べて

「いちゃもん」が多くなっており 

『プロだから当然 理解しているだろ!』 と言う感じで攻めてきます


一方 「ユーザー車検」に対しては あれもコレも指摘すると

ラインの遅延に繋がるので? 

業務に支障をきたすので?


大きな問題で無ければ スルーさせてる感じですね



このお客さんも そうだっだに違いない!?(笑)


No title

毎度お疲れ様です^^
「あ、タンク無理やり乗せてたあのおじさん!」と分かってしまった僕はマニアですかね?笑

それにしてもユーザー車検のずさんさにも飽きれますねー
たしかダイヤルステッカーは期限切れたまま貼ってるとNGだったような記憶があるんですが・・・

なんにせよ綺麗になったベアリングに「プチュー」っとグリス圧入するのって楽しいですー(笑)

Re: 整備お疲れ様です。

キャニスタ  さま


再びのコメありがとうございます



> 前回のブログでATF交換について質問した者です。
>
> アドバイスありがとうございました。
>
> 無事に交換することを目標にして、工具やらにはこだわらず作業しました。オイルを抜いて補充するアナログ方式でやりましたがとても大変で、ATF交換は一日に何台もこなせない、とハイエースのブログに書かれていた事を身をもって知ることができました(笑)
>

聞いたり 見たりシテル分には 容易く感じても

何事も体験すれば 解るでしょ (笑)



>写真の運ちゃんはもしや黒の軽トラの方ですか?


あえて ソコには 触れずに そっとしておきます

ご本人は シャイですから(笑)



整備お疲れ様です。

前回のブログでATF交換について質問した者です。

アドバイスありがとうございました。

無事に交換することを目標にして、工具やらにはこだわらず作業しました。オイルを抜いて補充するアナログ方式でやりましたがとても大変で、ATF交換は一日に何台もこなせない、とハイエースのブログに書かれていた事を身をもって知ることができました(笑)


写真の運ちゃんはもしや黒の軽トラの方ですか?

新しいトラックにはイギリスの旗が貼られていないのですね。
なんで国旗なんだろうという不思議さがたまらなかったのですが(笑)
プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示