旧車ゆえに!エアコンの部品が無い!なら 造ろう!?【ホンダ プレリュード 車エアコン修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

すでに 暑さが 本番を迎えたのか?


エアコン無しでは しのげない


日々が 続いております  ここ大阪


そんな 暑い ある日に


電話が鳴りだし   出てみると


「エアコンを 直してもらいたい のですが・・・・・・・・・」     と言う お客さんでして


早速、お越しいただいた


ホンダ ブレリュード (BA7)  です


ホンダ プレリュード

とても 懐かしい限りの お車です


その当時


このお車で 夜のスポットに 出掛けると


その人の 「身なり!」 に 関係なく


「ゲット 出来る!」  って噂も チラホラ


俗に  「ナンパカー!」  と称され


若者が こぞって憧れた 一台でした


ホンダ プレリュード

そんな 当時の事情なんか  知る由もないような


お若い お客さんが 


「顔面 汗だく!」   で 車から 降りてきた



そして  


詳しく お話を 聞きましたところ


「エアコンが 効かない!ので

 Dらー に持ち込んで 見てもらったところ

 ガスチャージを してみたが 

 何処かで 詰まっていて ガスが 入らない!

 だから 修理が出来ない!」
 




Dら-  も お手上げ  らしい


『詰まって  ガスが 入らん やと!』


『ホンマかぁ!?』


ホンダ プレリュード

お車を 預かりまして


早速 

エアコンの 点検 診断をしてみましょう!


最初に 気づいたことは 


全く 「ガスが 入っていない!」  事でした


なので


「真空引き」  &  「ガス チャージ!」  から始めます

ホンダ プレリュード

無事に 真空引きが 終了して


いよいよ 


ガスの 投入!  です


「何処かで 詰まってるから!  ガスが入らん!」  って言われた事も



ある方法で  


すんなり   「入りましたぞ!」



すぐさま

スイッチを   「ON !」  させて


エアコンの作動中に


ゲージの 成り行きに 注視して 


システムの 良否を  判断していきます。


ホンダ プレリュード


ホンダ プレリュード

ボチボチだが


冷え出してきました

ホンダ プレリュード

コンプレッションは 問題ないようだが


サーミスタの設定で?


若干 、あまい様な 気もするが



一昔前の システムなので



ヨシ! としよう


ホンダ プレリュード

作動システムに 問題は 無いので


残すは


「ガス漏れ!」  を 疑ってみましょう!



その症状が 現れるまでには


「数日で出る!」  事もあるが


しかし 車によっては 「数ヶ月!」  といった  


長期に渡る 場合もあるので


この辺りが 困るのです。



とりあえず ガスチャージから 数日が経過した日の


夜に


「調査を 決行!」 

ホンダ プレリュード

天井の照明を 落として


判別しやすように 整えてから


調べていきます


すると


「コンプレッサー」  と  「エバポレーター」 が


「ダメ!」  でした

ホンダ プレリュード

翌日の朝


主要な  「交換 部品!」  の  問い合せをして



待つこと 数時間



一枚の  「回答!」  が


FAXで 送られて キタ━(゚∀゚)━!



『がっ!』



『物が  無い~~!』


ホンダ プレリュード

お客さんに 連絡してみると


どうやら   「覚悟は してた!」   みたい



残された道!は 


時間や費用は 掛かるが


「現物の対応!」  や  「造る!」   しかない



協議の結果  やってみる事に 決定しまして



早速 取り外しに かかります  


ホンダ プレリュード

ベルト関係から 外して


オルタを 引き抜いてみると


ホンダ プレリュード

スグそこ に コンプレッサーを


目の当たりに して


簡単に 取り外せそうだが



なんの! なんの!


コンプレッサーの ブラケットから


 「ニョキ!」  っと


突き出た ステイが  おもいっきり 邪魔っして



『アカンやん!』

ホンダ プレリュード

その ブラケットを 取ろうにも


コンプレッサーが 邪魔して  


取り付けボルトまで  アクセス 出来ない始末


一旦、 コンプレッサーを 隅に避けておいて


先に ブラケットを 外して

ホンダ プレリュード


コンプレッサーを 抜く!  といった



泣かされる タイプ  でした

ホンダ プレリュード

お次に


室内側に 回り込み


ホンダ プレリュード

クーラーユニットを


取り外し


ホンダ プレリュード

じっくり 見てみると


エバポレーターの 角に近い 底の 周囲が


激しく 反応が ありました


ホンダ プレリュード


ユニットを バラして


ホンダ プレリュード

エバポレーターを


裸に して 見てみたが

ホンダ プレリュード


ピンホールでしょうか?



目視では 「穴」 の 確認は 取れませんでした


ホンダ プレリュード


ユニットの ケースに 納まるように



エバポレーターが 無事に 作成できました



ホンダ プレリュード


エバポを  ケースに 


組み付けて


ホンダ プレリュード


室内に 取り付けます


ホンダ プレリュード


コンプレッサーの 「漏れ!」 も



現物  「再生!」  で



生まれ変わりまして


ホンダ プレリュード


組み付けまして


ホンダ プレリュード

真空引きを 


いつもより じっくりして


ホンダ プレリュード


ガスを 注入します

ホンダ プレリュード


コンプレッサーが 働きだして


冷えて きました


ホンダ プレリュード


ホンダ プレリュード

冷えてる 証で


床が   「びちょ びちょ」  になって

ホンダ プレリュード

どうやら  この辺が


限界の ようです

ホンダ プレリュード

最後に


「漏れ!」 を



確認しまして


ホンダ プレリュード


長~~い  修理になりましたが


無事に 完了です。


早速、 お客さんに 出来上がりの


報告をしまして


後日 、引取りに 来られました時に


「実は こちらに来るまで 

 Dらー を 5件ほど  ハシゴしまして・・・・・・

 もう アカンかな? と 半分 諦めかけていたので・・・・・」



と大変、喜んで頂きまして 


こちらこそ 嬉しい 限り でした。


ありがとう ございました。


車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 頭が下がります。

某トラックDらーメカ  さま


コメ ありがとうございます


> 40代の整備士ですが、トラックの整備も私が入社した頃~10年前くらいまで今回の記事みたいに部品が無い修理は安全性を考えた上でしょっちゅう行っていましたね。先輩たちの作業を見てそうするものだとも思ってましたし。


同世代のようですね
思い起こせば ウチでも 色んな事をやってましたわ
切って 削って どついて?
「直れば エエねんやろ!」 って(笑)


これからも ヨロシク

頭が下がります。

ひょんなことで、こちらのブログにたどり着きました。
「部品が無いから修理できない」と本来ならプロである整備士が簡単に口に出すのは恥ずかしい事です。
でも最近は手間の掛かる作業より利益率の高い作業が最優先ですね。(私が勤めている所も含めて)
40代の整備士ですが、トラックの整備も私が入社した頃~10年前くらいまで今回の記事みたいに部品が無い修理は安全性を考えた上でしょっちゅう行っていましたね。先輩たちの作業を見てそうするものだとも思ってましたし。
最近はディーラーの方が、整備士のレベルが下がってきているような気がします。
整備士ではなく「部品交換士」と言った方がいい者ばかりですね。


Re: 素晴らしいお仕事

hisa  さま


コメ ありがとうございます



> ただ車の故障を直しているんじゃなくて、困ったり、落ち込んだりしているオーナーさんの、心を直して差し上げている感じ。
> 感銘を受けました!(^_^)v



旧車は すんなり行かず 悩ます事が多いので


そう思って もらえたら 嬉しいですわ


しかし こんなの ばっかりだと 参りますけど(/ω\)



これからも ヨロシク

素晴らしいお仕事

素晴らしいお仕事をなさってますね。
ただ車の故障を直しているんじゃなくて、困ったり、落ち込んだりしているオーナーさんの、心を直して差し上げている感じ。
感銘を受けました!(^_^)v

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250

takaida2250@gmail.com



東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示