FC2ブログ

DPDの不具合原因もイロイロ!?【イスズ エルフ DPD洗浄修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は



ある日に 電話が鳴り  出てみると



「エンジンチェック ランプが 点灯して


 それに DPDの再生が 出来なくて・・・・・・・・・  


 持って行きますので 診て欲しいのですが・・・・・・」



ネットを見た! と言う  お客さんからでして


後日 入庫してもらいました


イスズ エルフ  (NKR 81) です

イスズ エルフ DPD


走行距離は  76,000km ほど



トラックに しては  あんまり 走っていない 感じです


イスズ エルフ DPD

お車の状況を 確認してみると



確かに 「エンジン チェックランプ」 が 点灯して



システムの 何処かが 悪いようです


イスズ エルフ DPD


早速  テスターを 繋いでやると



「DPD タイムアウト 回数過多!」


それに


「DPD パテキュレート  過蓄積!」



との 項目が 2つ 出てきました



要するに  「詰ってる!」   って事です  


イスズ エルフ DPD


それから



更に データを 詳しく 調べていきます


イスズ エルフ DPD


ドンドン 見ていき

イスズ エルフ DPD

すると



DPDの 清掃だけでは 



また  「再発しそうや!」  



という 問題の箇所が 見つかりました


イスズ エルフ DPD

その他に



何かないか?と  次の項目を確認してみます



よくイカレる インジェクターは 



幸い そのまま 使えそうな 感じです


イスズ エルフ DPD


お次の項目を 見てみると



やはり  「詰まってる!」    サインが 出ておりました



ここまで くれば  



ドライバー自身による   「手動再生  出来ない!」  



ので


対応する テスターの チカラを 借りて



「強制再生!」    する事になります


イスズ エルフ DPD

ここで 一旦 診断を 終了して


では



「強制再生!」   を  やってみましょう




開始の ボタン を     「ポッチっ  !」   っとな



それから 暫く モニターの行方を 見ていたが


「あれれ・・・・・・?」



いっこうに  「強制再生が  始まってくれないぞ!」 



イスズ エルフ DPD


そう言えば



再生時に   「ブシュ~~!     



って  鳴るハズの 音も  「聞こえんかったよな!?」



色々と 調べてみると



排気チャンバー が イカレて おりまして



「強制再生   出来まへん !」 



何よりも  



まずは  コレを  交換する事が 先決ですので


イスズ エルフ DPD

この 排気チャンバーを



取り外しに 掛かりましたが


イスズ エルフ DPD



走行距離の割りに  サビつきが 激しく



チカラを込めて ヤリかけたが  



ナットを  ナメるとこ だったので



頼りになる



コチラの 出番です


イスズ エルフ DPD



激しい サビつきに 苦戦したが




取り外しに  成功


イスズ エルフ DPD



サビによる 腐食が 進行していたようで




貫通されてある ボルトが



 
途中で  無くなって おりました (>︿<。)



イスズ エルフ DPD


なので フランジパイプも




追加で 交換と なりました



イスズ エルフ DPD





イスズ エルフ DPD



新品の 排気チャンバー を 組み付けて




イスズ エルフ DPD


再び



強制再生を やってみます



イスズ エルフ DPD


「おっ!」



今度は 問題なく



「強制再生が 始まったぞ!」 


イスズ エルフ DPD

テスターの画面を 



注意深く見守り続けて  数十分後



強制再生が 終了して




再生数値を  モニターしてみたら




ウマく いったようです  



イスズ エルフ DPD


ここからは



DPD本体 を  バラシて




埋もれている?  「スス!」  を 取り除いてみます



イスズ エルフ DPD


まずは



差圧パイプの 取り外しから やってみようと



ファイヤー    してみた


イスズ エルフ DPD


が  しかし 



狭さも相まって 熱し方が甘かったのか? 





それとも 神様の イタズラか?




「ナットを ナメてもた !」 




ここは ひとまず諦めて




アッセンブリで 降ろす事になった



イスズ エルフ DPD


先ほどの 失敗を教訓に?



じっくりと 熱を入れてやり



イスズ エルフ DPD

どうにか 外れてくれましたが



なんとも   「ズル剥けた ナットが 痛々しい!」 



それにしても  


「危ない とこやった!」


このパイプが 外れてくれない事には



DPDが バラせないので 


「アセったぜ!」 


イスズ エルフ DPD


続きまして



DPD本体を 挟み込んでいる



ボルト ナット を



「グィっ!」  っと やってみたら


イスズ エルフ DPD


「ポキっ!」  



「あっ!  やっちまった~」  


イスズ エルフ DPD

その後  


何本かの  ボルトを


「ポキっ!」     「ポキっ!」     


これぐらいは 仕方ない



それより DPDが 分割できたことが 何よりです



パックリ開いた フィルターは と言うと



「ビッシリ!」  でした


イスズ エルフ DPD

それでは  DPDの 洗浄です



まずは



入念な エアーブローから



始めて みました


イスズ エルフ DPD


「ゴホッ   ゴホッ   ゴホッ!」 



むせる ほどの ススが  



そこら辺りに 吹き返してきやがる



「マスクしといたら よかった」 


イスズ エルフ DPD

そんなススも 



しばらくすると 落ち着いて来たので



お次は



エアーブローでは 取り除けない



さらに 奥まった所の  「ヤツ」  を


イスズ エルフ DPD



科学の チカラで  攻めます 


開始間もなく


「効いてきたのか?」


DPDの 底から
 

黒ずんだ液体が 


「タラ~~リ」  と滲み出てきた


イスズ エルフ DPD

すかさず 


高圧で 高温な スチームを  DPD 目掛けて


ブチかましてやります


一度 や 二度 の 洗浄では  


奥まったススが  吐き出されてきませんので



何度も 何度も   この工程を 繰り返してやります。



十数回 やった頃でしょうか?



出てくる水が 奇麗に なった



この辺りで 終了しまして


イスズ エルフ DPD


最後に


エアーブローで 


DPDに 含まれた  水分を  


丁寧に 飛ばして 締めくくります

イスズ エルフ DPD


それでは DPDの 組付に入ります



おっと!  その前に



サビ混じりに  腐食しかかった




フランジの 面を 整えておきます


イスズ エルフ DPD


出来るだけ 奇麗にしてやりましたが




腐食の為に  多少の 凸凹は 残ってしまいました



イスズ エルフ DPD


新品の 



ガスケット と 差圧パイプ を 用意して



イスズ エルフ DPD




組み付けていきます



イスズ エルフ DPD






イスズ エルフ DPD


差圧パイプ を 取り付ける その前に




サビつきが  酷かった




ネジ山を 修正してやり



イスズ エルフ DPD



組み付けます




イスズ エルフ DPD


そして



車体へ  ドッキング です


イスズ エルフ DPD



その後



DPDの 清掃だけでは



再発するであろう   


 「問題箇所!」  の  修理を済ませてから



テスターを  繋ぎ  



ボタン を   「ボチっ!」


イスズ エルフ DPD



DPDの 乾燥も 兼ねて




再度  「強制再生!」   やってみます



イスズ エルフ DPD



再生も  無事終了して





イスズ エルフ DPD

最後に



DPDの データーを



リセットして  一先ず  完了です


イスズ エルフ DPD


早速



テストドライブに  出掛けてみます


イスズ エルフ DPD


テスター片手に モニターしながら



調子を 確認します


イスズ エルフ DPD

問題は なさげ でしたので



無事に納車と なりました



今回は ありがとうございました



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ガタガタと伝わるんです!?【デコトラ 日野レンジャー修理編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

とある日


修理に 勤しんでいるさなか


電話が リリリィ~~~~ん   と鳴り出したので


出てみると 


「プロペラシャフトを 診て欲しいのですが・・・・・

 今から そちらに 行きたいので・・・・・・・・・・・・・・」


と 何やら急を要する 内容の話であったので


早速、お越し頂きました


見た目のインパクトが 強烈な? デコトラ仕様 の 日野レンジャー です


日野レンジャー デコトラ

以前に


ブレーキ や ハブの オーバーホール修理をやり


その後  ちょくちょく 来て頂いて おりますが



今回は  どんな修理が 待ち受けてるのか・・・・・
 

日野レンジャー デコトラ

早速 トラックを リフトアップして


お客さんと 共に


車体の下に 潜り込み 点検からしてみます


外装関係は メッキパーツを 多用して


派手に まとめていますが


下回りの方も 負けてまへん!


所狭しと 色んなパーツ達で 賑わして 



└(’ω’)┘   ワッショイ!  わっしょい!  └(’ω’)┘



毎日が  「 お祭り  騒ぎや 」  (笑)


日野レンジャー デコトラ

お客さんに


改めて お話を聞いてみたら




「走行中に 突如 ハンドルが ガタガタと 振れ出し


 タイヤの異変かな? と思い すぐに確認してみたが どうも無かったので


 ひょっとして ミッションなど 動力を伝えるところかな? と


 自分なりに アチコチと見てみたら ・・・・・・・・」



日野レンジャー デコトラ

そんな プロペラシャフトを 見てみたが


「何処が 変なのか?」


日野レンジャー デコトラ


おもむろに  ペラシャフトを  グルっと 回してみたら



「あれっ!」  



「無くなってるぞ!」  


日野レンジャー デコトラ


コレが 正規の 位置関係で ありますが


日野レンジャー デコトラ

部品が 抜け落ちているせいで



ペラシャフトが 左へ 簡単に スライドしていきます



どうやら ハンドルが ブレる原因は 



これに  間違いなさそうです


日野レンジャー デコトラ

しかし 暫くの間とはいえ  よく耐えてくれたもんだ


プロペラシャフトは 


エンジン動力が ミッションを通じて 高速に回転して


リヤタイヤへと 伝達する 重要な部品です


そんなペラシャフトが 少しでも ブレを起こし出すと  


共振をお越してしまい その耐えうる強度が 限界に達すると


ペラシャフトは チギレて 大惨事が 待ってます


今回の場合は 


お客さんが 異変を察知した時に


いち早く 対応した事が 事故を 防いだのかもしれません


日野レンジャー デコトラ

では


修理を やってみましょう!


まずは  ナットの 取り外しから やりまして


日野レンジャー デコトラ

4t トラックとも成ると 


ペラシャフトは ロングで しかも重量級なので


ミッションジャッキの チカラを 借りて



降ろします

日野レンジャー デコトラ

降ろしたペラシャフトを 見ると


すんでの所で 踏みとどまっているが


何かのキッカケで  抜け落ちそうです


日野レンジャー デコトラ

抜けそうな感じは していても



いざ ベアリングを 抜こうとすれば 



なかなか抜けないのが 不思議です


日野レンジャー デコトラ


無事に


ヨークが 取れました


日野レンジャー デコトラ

お次は



スパイダーの 番です



年季の入った せいなのか



これまた  硬かった


日野レンジャー デコトラ


勘合部分は



やはり  サビ ついておりました


日野レンジャー デコトラ


汚れたグリスを  洗い流してやり


日野レンジャー デコトラ

そして



錆び付いていた ところも



キレイに 仕上げて やります


日野レンジャー デコトラ

ヨークも 



グリスを 洗い流して

日野レンジャー デコトラ


よく見てみると


走行中に   「ガチャ  ガチャ 」  と 



打撃を受けていた為でしょう



肝心な ところまで  エグレていたので



残念ですが  これは 交換しときます


日野レンジャー デコトラ


部品が 到着したので



では、組み上げていきます


日野レンジャー デコトラ


ペラシャフトの 寸法を 測定して


日野レンジャー デコトラ


スパイダも 確認しておきます



日野レンジャー デコトラ

ペアリングを 程よいところまで



圧入していき


日野レンジャー デコトラ


サイズの異なる



数ある スナップリングの 中から




マッチするヤツを 選び出し


日野レンジャー デコトラ


挿入します


日野レンジャー デコトラ


スパイダの 組付けが



終わったところで



グリスを 注入しておきまして


日野レンジャー デコトラ

車体に 組み付けて


日野レンジャー デコトラ


エンジンを 掛けて



プロペラシャフトの 回転具合を



確認すれば 終了です


日野レンジャー デコトラ


無事に 納車となりました


ありがとうございました 



=========================================


今回の原因は 定かでは ありませんが


ペラシャフトを はじめとする 回転部分のトラブルは


油脂関係のメンテに よるモノが 多分に関わっていると 感じてます


オイルやグリスが 金属どうしの 摩耗を防ぎ


部品達のクリアラスを  一定に保つ事によって 正常な働きを こなします


そんな バランスが 崩れた時に 



「何かが 起こる ?」  気がします



見えないところにも  「給油を!」



では では    




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示