FC2ブログ

エアコン修理の計画!?【イスズ ピアッツァ エアコン修理編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》 

「夏真っ盛り!」


な ピークは過ぎ去った 感じは するものの


いつまでも 暑さが残る ここ大阪


お車には まだまだ エアコンが必要で あります


そんな中


今回の 修理は


毎度! 毎度? な


イスズ ピアッツア  です

いすゞ ピアッツァ エアコン

「エアコンの 効きの甘さ!」  について


相談を 受けたのが  昨年の暮れでして


その時は  寒い冬の時期 なので  


いずれは  訪れる  「夏本番!」 に向けて


「仕込み!」  を済ませておいて


あれから  数ヶ月!


まさに 「エアコンの 夏! が 到来した頃


電話が リリリ~ん と鳴り


  「エアコンの 効きが・・・・

    持って行きますので・・・・・・・」



いすゞ ピアッツァ エアコン


テストを するには 申し分のない 時期であります 


いすゞ ピアッツァ エアコン

早速 テストドライブに 出掛けて


「どの程度なのか?」    確かめてみます



すると 全く 冷えない 事もなく


この位なら


乗る方によって


「冷えてるぞ!」       「いや! 暑いぞ!」


と 意見が 分かれる ところでは あります


いすゞ ピアッツァ エアコン


テストドライブを 終えて


工場に戻り



辺りが  薄暗くなる頃を  見計らって



点検診断を 行いますと


「コンプに 問題アリ!」  と判明


いすゞ ピアッツァ エアコン


完全に 「漏れてる!」  じゃないか


よりに よって   「コンプとは!」





この状況を   お客さんに 連絡してみると


 「エアコンの問題は ずっと ついて回る事なので


   この際  修理できるなら  やってほしいのですが・・・・・・」




要望は  「修理したい!」  では ありますが



乗用車を 見放した?  イスズ の 部品供給には  


「期待が 持てん!」 



なので

ここは ひとつ なんとか してみましょう


いすゞ ピアッツァ エアコン

と言う事で



問題のコンプを  取り外しに 掛かりましたが


レンチの ストロークが 取れないところに


戸惑い



思いのほか  時間が  掛かってしまった

いすゞ ピアッツァ エアコン

苦闘の末


ようやく  コンプレッサーが 外れました


しかし  「重い!」  「重すぎる !」



最近のコンプと 比べたら ビッグな コンプレッサーです

いすゞ ピアッツァ エアコン


このボルトが 



「鬼門!」  でした


いすゞ ピアッツァ エアコン

コンプの 次は


同時交換が   「必須の リキタン!」  も 取り外します



まず  連結部の ナットに スパナを かまして



「グィ!」  と   チカラを 込めると  僅かに緩んだが 



そこからが    「ビクっ!」  ともせん



サビの 嫌がらせ?


全然    「回らなく なってしまった!」


更に チカラをいれて   「回すべきか?」     それとも 「やめるべきか?」  


部品供給の 問題がアル ので  「悩みに 悩んだ!」


この際だから  「やってみる!」   事にしました


ありったけの 潤滑剤を  連結部に  撒き散らし


目いっぱい リキんで やってみたら



どうにか 取り外しに  「成功!」



先端部分の  ネジ山を  なめてしまったが



パイプ側のナットは  再利用が 出来そうなので   



『助かった!』


いすゞ ピアッツァ エアコン

サイトグラスを 見ると



不純物で 覆われていて



今が   「交換どき!」


いすゞ ピアッツァ エアコン

全く 同じでは ないが


どうにか イケそうな


「リキタン!」 を 入手しまして


コチラを 取付けます


いすゞ ピアッツァ エアコン

コンプレッサーは



「現物の再生!」 で対応しまして

いすゞ ピアッツァ エアコン

では コンプを 載せましょう


いすゞ ピアッツァ エアコン


取り外しに苦労した  「あの ボルト!」



『ヤッパリ 取付難かった!』


いすゞ ピアッツァ エアコン

コンプの据付が 終わり


パワステポンプを 組み付ければ 完了


いすゞ ピアッツァ エアコン

組み付けた 後は


「真空引き!」 を  じっくりしてやり


いすゞ ピアッツァ エアコン

真空度合い を 入念に チェックしまして



いよいよ ガスを 投入してみます


いすゞ ピアッツァ エアコン

エアコンのスイッチを


「ON    にしたら



「パチんっ!」  と  マグネットスイッチの 合図が響いいて


いすゞ ピアッツァ エアコン

コンプが  働き始めました



日が暮れた頃 では ありますが


只今の気温は



『32


いすゞ ピアッツァ エアコン


だんだん 冷えてきました


いすゞ ピアッツァ エアコン


この辺りが 限界のようです


いすゞ ピアッツァ エアコン


翌日


テストドライブに 出掛けて



冷え具合を 確かめてみましたところ



ご覧の 通りです




いすゞ ピアッツァ エアコン

ただ、このお車は  「FR!」 


コンデンサーの放熱を  カップリングファンに  頼っているので


エアコンシステムの事を  考えると  とても 不利でして


炎天下の 渋滞では  冷却能力が 低下して


「効き!」 に 影響を 及ぼします


「FF」 と 比べりゃ  分が悪いが  致し方ない


これも   『旧車の 味?』   に しとこ 

いすゞ ピアッツァ エアコン

無事に


エアコン修理も 終わり



納車と なりました



今回は ありがとうございました 



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

長く乗りたい為に!!タイミングベルト交換&マフラー交換と etc 【スバル プレオ修理】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

とある日に



突然 電話が鳴りだし 出てみると


ネットを見た! お客さんからでして


「ブログを見て 
 
  修理をやってもらいたい と思いまして・・・

  では、○○日の 午前中に!・・・・・・」




と言う事で


入庫して頂きました


スバル プレオ (RV1) です 

スバル プレオ

オイラの 体内エンジンが 掛からぬ 



暖気前?の 早朝に



お客さん が やって来た



聞くと 


日の出 前の  「4時に!」  出発した らしい


「岡山 から!!」

スバル プレオ

修理に ついて


お客さんから お話を聞くと


「マフラーに 穴が あいて・・・・・・
 
  走行距離から タイミングベルトを交換して・・・・・


  CVTフルードの交換も・・・・・


  エアコンの効きもイマイチで・・・・・
 

  大事に乗りたくて!」




と言うこと です




では、


修理を やってみましょう!


まずは  「マフラーの 穴!」  から


見ると


パイプの 途中が  ポッカリ と  「穴」  が あいております

スバル プレオ

穴の周囲には 



以前に  「簡易 補修した!?」  跡があり



問題の 箇所は  広範囲に  及んでおります



パイプの リブ跡から 亀裂が 波及して 



それらの 腐食が 原因のようです


スバル プレオ

マフラーの  「穴!」 


その多くは  「腐り!」  に よるものですが


その場合 修理して 再生する事も 可能でしょうが


後の 耐久性は 新品を 超える事は ありませんし


お高くつくことも あります


旧車で  「部品が 無い!」  なら  仕方がない ところですが


よっぽどでない 限り オススメは しません

スバル プレオ


なので 今回は


新品を 交換するのが  「良い!」 と判断しました



マフラー修理の 次は


「タイミング ベルト交換!」 に 移ります

スバル プレオ

エアークリーナーボックスを



丸ゴト 外して

スバル プレオ

オルタの ベルト と共に



アイドルプーリの  ブラケット アッシーで



取り外します


スバル プレオ


スバル プレオ

グランク プーリの 



取付ボルトを 緩めて



外しに 掛かったが



ハンドパワーでは  「ビクッ!」  とも しなかった 


スバル プレオ

仕方なく 



sst を プーリーに セットして



「グィ !」 っと  やってみると



手応えが 有った ので  



「抜けた かな?」   と 思ったら



「ボルトが やられてた!」


スバル プレオ

ボルト の チョイスが 悪かった




硬そうな ボルトを 探して



再び  「挑戦!」 


スバル プレオ


なんとか





 「抜けてくれた!」 



スバル プレオ

それにしても



メチャ  「硬かった!」



抜けた プーリーの 挿入部分を



見てみると



エラく  錆び付いて おりました 

スバル プレオ

ようやく クランクプーリーが


外れましたので



お次は



タイミングカバーを 取り外します



スバル プレオ

そして




オルタも 外します

スバル プレオ

スバル プレオ

ピストンの トップを




確認して

スバル プレオ

タイミングベルトを



外します

スバル プレオ

カムシャフトの ギヤを

外し

スバル プレオ


クランクギヤも です


スバル プレオ


そして


ウォーターポンプも 外してみます


スバル プレオ


ウォーターポンプの 回転部分は


ガタ は ないものの


動きが 



「渋かった!」



タイミングベルト交換の


その時に 漏れや 異常が 無くとも



同時交換が 「基本!」  と考えております


スバル プレオ

荒れた ウォーターポンプの 





取付 「 面!」 を 



ペーパーで  「ゴシ! ゴシ!」  しときます




スバル プレオ


スバル プレオ

そして  お次は


カムシャフトの オイルシールです


スバル プレオ


走行距離に 比例して



シールの 劣化が進み  



やがて   「オイルが 漏れる!!」 ので



スバル プレオ


交換しておきます


スバル プレオ


クランクシールの


オイルシールも



スバル プレオ


交換します




スバル プレオ


ウォーターポンプを


取り付ける


その前に


スバル プレオ


「バイパス ホース!」  も



取り替えます



スバル プレオ


一度 外された  古いホースは



少しの  「アタリが 変わる!」  だけで



漏れ出すことが 多いので  交換しておきましょう



スバル プレオ


このバイパスホース 



とても短いホースですが



エンジンブロックと オルタブラケット との 間に出来る  



わずか 2~3cm程度の 空間を   「通る!」



 「取り回しが 厄介!」   で   「実に ヤリ難い!」




スバル プレオ


「スバルの 整備は   ホンマ  何かアルな!」



スバル プレオ


バックプレートを 付けて


スバル プレオ


カムシャフトギヤ や テンショナーを


組み


スバル プレオ


タイミングベルトを 取り付けます


スバル プレオ


ベルトの 張りを 調整して



スバル プレオ



タイミングカバーを 取り付けて


スバル プレオ


サビ付き が 酷いところ


ペーパーで  取り除き


スバル プレオ





スバル プレオ


タイミングベルト関係の



組み付け が 終わりまして



スバル プレオ


クーラントの 注入をします



スバル プレオ

水温に 注意して エア抜きを していきまして


ヒーターの 温まりを 確認すれば 完了です




では  お次の 「要望!」  である


「CVTの フルード交換!」  &  「フィルター交換!」 を



やってみます


スバル プレオ


オイルを 抜き取り



オイルパン を 取り外します


スバル プレオ


外した オイルパンを



毎度? のように ペーパーで



「ゴシ! ゴシ!」


スバル プレオ


お客さんは 


「2 万km」  毎に 


「交換してまっせ!」  って




拭いてみたら 


ご覧の ように


 「鉄粉!」   が ありました 


スバル プレオ


液体 ガスケット を


剥がして


スバル プレオ

オイルパンが


スッキリ しました


スバル プレオ


ミッション側も


捲りまして


スバル プレオ


フィルターも 交換しておきます



スバル プレオ

嫌がらせな? 



オイルパンの 取付ボルト


スバル プレオ


「カス!」  を 取り除いて


奇麗に なりました


スバル プレオ


では 組み付けましょう


オイルパンに 液体ガスケットを


塗りまして

スバル プレオ


ミッション側にも


タップリ と


スバル プレオ

こちらの 液体ガスケットは



乾き始めるのが 早いタイブですので



手際よく こなすので ポイントです



スバル プレオ


オイルパンの 組付が 済みましたら


最後に  ミッションケースの 外側に 取付られている



カートリッジ式の フィルターも 交換して



オイルを 入れ替えて やれば


完了です


スバル プレオ

いよいよ


最後の作業に なります



「エアコンの 効き!」 が イマイチ



お客さんが 言うには


「冷える時!  や  冷えない時!  が ある

 曇ってる時は マシだが  

 日差しキツイ時は 全く ダメ!


 それに 

 走ってる時は 冷えて

 停車してる時 は ダメ! 」





らしい

スバル プレオ

では、 ゲージを 突っ込み



「エアコンの 診断してみましょう!」



只今の 室内は 


34 ℃」 程度で  



暑すぎます


スバル プレオ

色々と テストしてみて



お客さんの 言う



「冷える時!」



「冷えない時!」    がありました   

スバル プレオ


「ゲージの 成り行き!」  


で 判断していきまして


スバル プレオ

お客さんには


「アソコに 問題 アリ!」  と お伝えしまして


修理は 次回の  「宿題?」  となりまして



すべての 作業が 終了しました


それにしても

そこそこ デカい都市の 「広島」 は 西隣りに あるし

コチラに 来る途中には 大都市  「神戸」  もあるのに

わざわざ  来て頂き

今回は ありがとうございました 



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ATF交換!無交換車にチャレンジ!?【トヨタ カローラ ATF交換編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回の修理は


とある日に 


突然  電話が鳴り 出てみると


ブログを見た!  と言う  お客さんで



「今まで ATF交換は した事がない! のですが・・・・・


  是非 やってもらいたいのですが・・・・・・・」




という事で

日程の 打ち合わせを してから


お越し 頂きました


トヨタ カローラワゴン (AE100G) です 

トヨタ カローラ


エンジンルームは シンプルな レイアウトで


ほどよく 空間も確保されて


整備性が良く  


お手本? となるような 代表的な エンジンです 


トヨタ カローラ


走行距離は 100,000km を  少し超えたところ です



早速 お客さんから


色々と お話を聞くと


『エンジンオイルの交換で 立ち寄った  なんちゃらバックスで

  あえて?  ATFの汚れを指摘され  

  交換しないと  ミッションが   壊れまっせ!』
   らしい



それに

頼んでもない  「エアコンの 無料点検?」  で 


『エアコンの ガスが少ないようです

 このままでは  エアコンが  壊れまっせ! 』




と  「数々の  ダメ出し営業?」 


されたらしい(笑)


ATは まだしも エアコンについては


そヤツに

『壊れる! 論理を じっくり 聞いてみたい!』


トヨタ カローラ


では




「ATFの 交換!」  を やってみましょう!


トヨタ カローラ

まずは


ATFの ゲージを 抜き取り



汚れ具合を 確認してみると



「今まで 一回も 交換してない!」   だけあって



結構な汚れでした


トヨタ カローラ

お車を リフトアップ させて



ATオイルパンの ドレンコックを 緩めて



オイルを 抜き取ります


トヨタ カローラ

本来、真っ赤な 色をした ATF ですが



抜き出した ATFを見ると見ると 



全くもって 透明感が 無く



エンジンオイルと 間違いそうな感じの


汚れ方を してます


トヨタ カローラ


科学の 授業で 使いそうな



試験管を 用意しまして


トヨタ カローラ


抜き取った  ATFの 一部を


この容器に 入れてみました



これが 抜き取りの


「第 一回目 !」 です

トヨタ カローラ


ATFの 抜き取りの後は


オイルパン外しに 取り掛かります


トヨタ カローラ


オイルパンドレンから 抜き取った ATFですが



オイルパンを 取り外すと 



ドレンからでは 抜き取れない ATFが 


随分と 残っております


トヨタ カローラ

そのATFを 


廃油缶 に 移して


オイルパンの 底が 見える状態に なりました


トヨタ カローラ


じっくり 見てみると 



「異物!」 らしき 物が 



アチこちに  溜まって おりました



それを 指先で なぞってみた ヤツが




「これ !」


トヨタ カローラ


「諸悪の根源!?」  であろう ヤツを



ペーパーで 拭き取ります


トヨタ カローラ

オイルパンが 黒いせいで


分かり難いですが


拭き取ると 


黒々とした  「鉄粉!」 が


付着しておりました

トヨタ カローラ

お次は


AT内部に 取付られた


この 「フィルター!」  も 取り外します


取付ボルトを 緩めると


コレまた 内部に溜まってた  「ATF!!」  が


「ドバァ~~ ドバァ~~ ! ・・・・」


これを 取り外すだけでも  結構な ATFが 抜けてくれます

トヨタ カローラ

取り外した  「フィルター!」 の表面を




指で なぞってみると


トヨタ カローラ

これまた 



「鉄粉!」  が ビッシリ です


トヨタ カローラ

新品の 「フィルター!」 と 比較すると



元々は 



ピカピカした  「シルバー だった!」 

トヨタ カローラ


そして AT内部も 


軽く拭き取ると


トヨタ カローラ

ここも



汚れてます


トヨタ カローラ


手の入る 所を


入念に 拭き取って やってみると


トヨタ カローラ

これだけ



汚れてました 

トヨタ カローラ

出来るだけ  「鉄粉!」  を


取り除いてやり



新品の 「フィルター!」  を 組み付けます


トヨタ カローラ

古い オイルパンガスケットを




剥がして


トヨタ カローラ


オイルパンを 取り付けます


トヨタ カローラ

ATFの 抜き取り や フィルターの交換



それに 各部の 清掃が 終わりましたので



新油を 注入して 

トヨタ カローラ


ゲージの 確認を しましたら



「新油!」  そのもの

トヨタ カローラ

しかし ここまでやっても


実は すべての ATFが


交換できた訳じゃ ありません 


エンジンを ブン回してみると 


 「汚れた ATF!」 が 出てきます



なので  テストドライブに  出掛けてみて


その 「隠れた ATF!!」  を かき出して やりましょう!


トヨタ カローラ

あらゆる 走行を 繰り返し


工場に 帰還して


再び お車を リフトアップして



ATF を 抜き取ります


トヨタ カローラ


トヨタ カローラ


これが  「第 2回目!」   



採取 です


トヨタ カローラ


その後


「ATFの 注入!」  をして

トヨタ カローラ


エンジンを 回転させながら


抜き取り


トヨタ カローラ

そして 「補充!」  して



また 「抜き取る !」




その 作業を 繰り返し




「ATF が 奇麗になった!!」 



ので

トヨタ カローラ


「ATFの 交換!」  が 終了です


トヨタ カローラ

出来上がったことを 


お客さんに   伝えまして


後日  引取りに 来られました時に


ATFの事と 合わせて


テストドライブを した時の 


「エアコンの 効き!!」  について


問題ない範囲の 冷え具合だと お話しましたら


お客さんも


「私も そうだが  嫁さんに 聞いても  

 十分に 冷えてる! って 感じてるのに ・・・・・・・・・」






無事に 納車と なりました


今回は ありがとうございました 




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示