FC2ブログ

もう限界!?ハブベアリングの修理!【スズキ キャリートラック編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

ある日


仕事を終えた夜に 突然 電話が鳴り 出てみると


 「ブログを 見まして・・・・・

 
  キャリートラックなんですが 後ろのタイヤの周囲が 油?でベタベタで


  時折ブレーキが効かなったり 煙も出たりする・・・・ 


  明日、朝の仕事を済ませた後に 行きますので ・・・・」
  


 と言う事でしたが


翌日の 早朝に 再び、電話が!


 「昼ごろ! って 言ってましたが 


  そこまで 持たないので 今から直行します!・・・・・・・」


と 切迫する様子で 入庫しました


スズキ キャリートラックです



ボディの後ろに  「危!」 って


スズキ キャリー

お客さん曰く


「寒さが厳しい この時期が かき入れ時! 今を 逃す訳にいかん!! 生活がかかってるので!


 出来れば 代車を 貸して欲しいのだが・・・・・」
 



たまたま代車が空いていたので 快諾すると お客さんは 車内に常備している工具を 持ち出してきた


見ると ボルトナットの サイズの大小を選ばない 万能工具? 「モンキー!」


その デカいモンキーを 駆使して 「商売 道具!」であるメインタンクの 取付ボルトを 外し始めました


ボルトを外し終わると オイラも協力して ウチの代車に 積み込んで


次に お客さんは ポンプの結線作業を やり始めた


見ると 「リレー」 や 「ヒューズ」 といった安全装置などは 一切無しで!


配線には コレ と言った工夫も 全く見受けられず


銅線むき出しの ヤツを 何のタメライも無く 


「あのモンキーを使い!」


「バッテリー直!」  




『マジかよ!』

スズキ キャリー

お客さんは


「しっかり 直してほしい!」


「修理代! 今から稼いでくるわ!」 と 言い残し 「行商!」 に行かれました



スズキ キャリー

お車を リフトアップして



診てみましょう!


スズキ キャリー



お客さんが 言う



タイヤ付近には




スズキ キャリー



確かに 「油!」 で  ベタベタに なってます



触った感じでは ブレーキオイルではなく



デフオイルの ようだ



『どうせ シールがヘタって ドラムの中に オイルが入り込んだのだろう!』  って感じ





後々判る 「ヒドさ!」 


この時点では 想像しなかった・・・・・・・・・



スズキ キャリー

タイヤを 外して


スズキ キャリー


ドラムも 取り外します

スズキ キャリー

ドラムの 内側は 黒ずんでおり




デフオイルが 回った感じで




少しばかり  「油ってる!」


スズキ キャリー


ブレーキ周りを 見ると


ダスト と オイルが 混じり合ってるみたい


そして



リヤシャフトを 揺すってみたら


スズキ キャリー

異変に気付いた!



『ひでぇ~  ガタや!』



「ガックン ガックン!」




『途中で止まる事なく ココ迄 走って来れたもんだ!』


スズキ キャリー

スズキ キャリー


右側も



タイヤを外して

スズキ キャリー


見てみると



今のところ  「ガタ!」 は なさそうです 

スズキ キャリー

では、 バラして みましょう


まず、ブレーキオイルを 抜いて


スズキ キャリー


ブレーキオイルも 結構 汚れてます




スズキ キャリー

ブレーキのパーツ達を



バラして



スズキ キャリー


リヤシャフトを 「抜こう!」 と スラハン をセットして



「バシ! バシ!」  やってみる


スズキ キャリー

少しばかり 抜けかかった所ですが


ここから 何度やっても  それ以上 抜けてくれません


連続で 「ビシッ バシッ!」  やって 20分位経った頃でしょうか?



とうとう 力尽き このままでは 抜けないのが 解った




『軽トラ!やからと ナメとった』

スズキ キャリー

肉厚も有る ホーシングだけに



避けていたが



コチラの  「出番!」 です

スズキ キャリー

ホーシング目掛けて



「ファイヤー!」  させます


スズキ キャリー

最初は それ程でも 無かったが


温まるに連れて  


「オイル?」  「シール?」   に 引火したのか?


「炎!」  の感じが 尋常では なくなった


『ヤバイ!  ヤバイ! ヤバイ!』


慌てて ガス栓を止めて 炎上を食い止めた


『焦らすな! って』

スズキ キャリー

ホーシングが 熱いうちに 



何度となく 「バシッ! バシッ!」 やってみたら



抜けてくれた!

スズキ キャリー

ファイヤーのせいで?


中から 


「エイリアン?」 が 出てきました

スズキ キャリー


抜きたて ホヤホヤの所


ベアリングの アウターレースを 揺すってみると 


やっぱり 「ガタ ガタ!」 でした


スズキ キャリー

では、いつもの様に


「コレ!」 を 使って 力技で 挑みます


スズキ キャリー

ベアリングの前に 有る


「カラー」 を 責めまして

スズキ キャリー



抜き取ります


スズキ キャリー

お次は  


本命の 「ベアリングを!」 ギュィ~~ン!と思いましたが



持ってみると 


「勘合!」 されて 抜けるハズが無い!のに   


「スルリ?」

スズキ キャリー

ガタが 酷いので



シャフトにも 「悪影響!」  が 及んでいるかも?


スズキ キャリー


それを 「確かめる!」 べく



部品達を 洗浄してみます


スズキ キャリー



バックプレートも ヒドい 汚れなので



スズキ キャリー



「ゴシ ゴシ!」


スズキ キャリー

洗い上がった ベアリングを 見ると


5~6個の 「玉」 が 


「欠けてたり!」  「既に 無くなってたり!」  で



『ひでぇ~ ベアリング!』


スズキ キャリー


リヤシャフトを見ると ベアリングが圧入される 箇所が


インナーレースの 空転によって 削られ



「ガリ ゴリ!」


このシャフトも 使えそうも ありません


予期せぬ 「出費!」  です



早期発見! 早期治療を していれば


「シャフト交換!」 は 免れた?カモしれないのですが・・・・・・・・


スズキ キャリー



荷台を見ると



残された 2本の 「ドラム缶!」



現在使用中の メインドラムを 合わせれば



「600kg 

スズキ キャリー


「350kg 


スズキ キャリー


新品の部品が 届いたので


スズキ キャリー

これから



ベアリングの 「圧入!」 の準備に 入ります


スズキ キャリー

「当金!」 を 探していたら


以前 別の車に使った 


「自作!」 の コレが合いそうだ


なので 今回も お世話になります


スズキ キャリー


合わして見ると   「エエ 感じ!」



スズキ キャリー

では、プレスに 乗せて

スズキ キャリー


「グイ グイ!」 やると


圧入が 完了!


スズキ キャリー

ホーシングへ ブチ込む前に



クリーングを しておきます


スズキ キャリー

まずは ペーバーで


汚れを 拭き取ります


スズキ キャリー

それから



「ゴシ ゴシ!」 やっときまして

スズキ キャリー

クリーニング 終了


スズキ キャリー

「オイル シール!」 も打ち込みまして



ホーシングは  「これで 良し!」

スズキ キャリー


バックプレートに 液体ガスケットを 塗って



シャフトを 入れていきます


スズキ キャリー

シャフトの 取付が完了

スズキ キャリー


ライニングは  「油に 犯されている!」 ので



新品を 組み付けて

スズキ キャリー



ブレーキオイルラインの エア抜きを しまして



スズキ キャリー


ブレーキの  「踏み加減!」  「引き摺り!」 



ベアリングの 「ガタ!」 を診まして



問題なさそうです


スズキ キャリー


最後に デフオイルも 交換しておきます



スズキ キャリー

デフオイルも   「キチャナかった!」



このオイルも コマ目に 交換しないと


デフの  「ベアリング!」 が ヤラれて 


「高額 修理!」 が 待ってます


スズキ キャリー


「ハブ ベアリング!」 と 関係は 有りませんが



お客さんの 「要望で!」


ヘッドライトの 「光軸!」 を 合わせておきます


スズキ キャリー

その要望が   「何故か? 下向きに!」





お客さん曰く


「夜に 走行してると  対抗車両から  パッシングの 嵐に 遭うので!」


スズキ キャリー


おそらく   『ドラム缶の 積み過ぎで!  ウイリーして走ってるからや!』


これで 全ての作業が 完了しました


早速 お客さんに  して

「出来ました!!」 と伝えますと


後日  ドッブリ日の暮れた 夜に


引き取りに 来られました




その時 お客さんと しばし雑談して 


仕事や 私生活の事 はたまた武勇伝? まで色々と 聞かしてもらい


オモロい 人でした


スズキ キャリー

最後に


「積み過ぎ!」 には くれぐれも 「注意!」


「今度は ミッション や デフ まで 逝くで!」 と伝ましたが


相変わらず


デカい 「モンキーで!」  


「商売道具!」を 固定させて


配線は  「バッテリー直!」  でした

ありがとうございました


車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

修理せな!危ないで!【ブレーキ&ハブ修理 デコトラ日野レンジャー編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

ある日に



『ブレーキの警告灯が頻繁に 点灯し おまけに ブザーも激しく鳴り出して・・・

 しかも ブレーキの 効きが アマイ ので 診てほしい!』
   との電話がありました



後日、 簡易点検の為 工場に立ち寄ってもらった その時に


再度、お話を聞いてみると


「ブレーキドラムの中に 油がまわってる!ので 修理した方が いいよ!」 



と 他の修理工場で 指摘されたらしい ・・・・・




その事を踏まえつつ



限られた時間の中で 点検をしてみる事にした



先ずは ブレーキオイルを 見ると  物凄く汚れていたが 空になる程じゃ なかった



次に ドラムの内側に 取り付けられている グロメットを外して



わずかに出来た その隙間から ドラム内部を 覗き込むと 確かに湿った感じは したが



それ以上の事は 掴めないので



後日、「改めて修理に 取り掛かる!」  と言うことで・・・・・・


日野 レンジャー


入庫頂きました



デコトラ 日野レンジャー です



フロントバンパー や サイドガードなどの メッキパーツに 始まり



ランプ類 外装周りを 完璧に仕上げてあります




おまけに  ルーフに どデカい 「バズーカーを 搭載!!?」 打ちのめされそうや!



ご覧の様に



内装に至っても ウッドステアリングに 内張りの 総張り替え 


日野 レンジャー


それに ルームランプを シャンデリアに変更など



見渡せば 「純正の かほり!?」 が しない



手の込んだ トラックです


日野 レンジャー


では、修理を やってみましょう!




まず ブレーキの動作確認を してみますと



ペダルを踏めば 警告灯が点灯すると共に




「ブゥッ------ブゥ~~~ブゥ~~~ !!!」  っと けたたましい ブザー音が 鳴り響く!





『そんな 大きな音 出さんでも 聞こえるわっ!』


『もし運転中やったら ビックリして 余計に危ないやんけ!』


日野 レンジャー


コチラの 警告灯は ライニングが減り 



ドラムとの クリアランスが 「過大に!」 なった時や



何処かで 「ブレーキオイルの 漏れが発生!」 など



ペダルの 踏みしろが 大きくなった時に ブザーと共に点灯しますので



ブレーキ周りの  「オーバーホール!」  を前提として 作業を進めます


日野 レンジャー

ドラムを 取り外す前に  「ガタ!」 を診ますと




「ガタ」 じゃなくて  




「ガタ ガタ!」 でした




しかも 4輪ともに 


日野 レンジャー



リヤシャフトの ボルトを 緩めて



日野 レンジャー




日野 レンジャー


リヤのアクスルシャフトを 引っこ抜きます


日野 レンジャー


アウターのハブシールを 取り外すと




ハブの 中身が とろ~り で  「エライ 事になってるぞ!」


日野 レンジャー




日野 レンジャー



日野 レンジャー

ベアリングも 取り外し



ドーリーを タイヤの下に 潜り込ませて


日野 レンジャー

抜き取ります



日野 レンジャー

早速  問題の? ブレーキ周りを 診てみると



ブレーキダストで ホコリまみれ までは 解りますが



なんだか   「ネチャ ネチャ」   で 様子が変!


日野 レンジャー


ブレーキシューの 内側に 溜まったのは



「何やっ 」

日野 レンジャー



恐る恐る 触ってみると



ネチョリ としており



どうやら  「油  「グリス と ブレーキダストが 「融合」 してるみたいだ



日野 レンジャー


ドラムの  内側にも  同じヤツ が 周辺一杯に   「こんもり!」  堆積してる!



「油が まわってる!」  のは この事のようです




ブレーキが 効かないのも こヤツの せいですわ!


日野 レンジャー



日野 レンジャー

色々と ドラムの内側を 観察していると




周囲は 真っ黒なのに  「ココだけ なんか変




全ては 後々に  解ったのだが・・・・・・・・・

日野 レンジャー


リヤの 次は フロントに 移ります



日野 レンジャー


取り敢えず ハブキャップを 




「パカッ!」  っとな


日野 レンジャー


見ると   


キャップの 内側に 有ってはならぬ  「水滴が!」  



それにしても  サビサビ やないか!



どうも 液体ガスケットを 塗られた 痕跡が 見当たらン!



もしや コレが 原因か?


日野 レンジャー




日野 レンジャー

ベアリングも サビ混じりになってるし



グリスが 水に犯されて 「カス カス!」 ですわ!


日野 レンジャー





日野 レンジャー





日野 レンジャー

フロントブレーキは 



幸いにして 油が まわってない様です



日野 レンジャー

しかし ライニングが リベット スレスレで




「アウチ


日野 レンジャー

重い 車重を ガッチリ止めてるので



ドラムの 内側も  負担が掛かってるのか?



結構  「ガリ ガリ君」



せっかくライニングを 交換するのだから



この際  「セット!」 で やるべし!

日野 レンジャー


左の フロントタイヤを 抜き取る時に 



普段、感じない 違和感が あったので



強く揺すって 見ると 

 

「ガタ!」 らしき感触ですが  



「カチン! カチン!」  って音もする!?  



『何やろぅ~


音のする方に  耳を傾けると  どうも 右側から 伝わってくる感じがする



音の鳴り方からして  メチャ 嫌な 予感が・・・・・・ 


日野 レンジャー

右側に 回って 



「ガタ!」 らしき 箇所を 確認しようと 



見回しましたが   「


日野 レンジャー

アチコチ 眺めているうちに 


「異変!!」   に気づいた!




タイロッドエンドの ネジ部分が



ナットから突き出してる ハズなのに




『エライ 凹んでる!』



『もう少しで 抜け落ちそうや!』



走行中に エンドが 抜け落ちれば   



「右の タイヤは  関東を向き!」       「左の タイヤは  九州へ向き!」    



「乗ってる 人は あの世行き?」


日野 レンジャー



日野 レンジャー

エンドを 持ち上げてみると



こんだけ 緩んでた事になります


日野 レンジャー

抜けかかり 揺すられてた為か



ネジ山も 消え去り  「ツル ツル」  になっており



昨日 や 今日に 始まった事では なそうや!


日野 レンジャー


では、ブレーキの オーバーホールを やりたいところでは あるが




まずは    「掃除!からやっ!」



ドライバーなどで   「ネチャ ネチャ!」 を こそぎ落として みるが



日野 レンジャー


「キリが ない!」



日野 レンジャー


なので イッキに やってみます


日野 レンジャー





日野 レンジャー

コテコテ していたが



だいぶ サッパリ しました



『やっと 触る気に なったわ!』


日野 レンジャー



ホイルシリンダーの ピストンを 抜きまして




日野 レンジャー


それを 一つ一つ


洗います



日野 レンジャー


カジりの 有った所も


ペーパーで 馴らして


日野 レンジャー





日野 レンジャー


「怪しさ タップリ!?」 であった ベアリングも



こんな状態じゃ  善し悪しが 判別出来ないので



日野 レンジャー


綺麗に してみると


日野 レンジャー

全くもって!



「あきまへん!!」


日野 レンジャー

ホイルシリンダーの 内面はと言うと



ホーニングしてやれば いけそうだ

日野 レンジャー





日野 レンジャー



日野 レンジャー


イスズと 違って 日野のインナーベアリングは



ホーシング側に 残るタイプで



抜くには SSTが 必要と言う事もあり



ベアリングの メンテを 「ほったらかし」 に され易い様です
 

日野 レンジャー






日野 レンジャー




日野 レンジャー

ベアリングを 抜き取れば



ホーシングを ペーパーで 綺麗に 仕上げときます


日野 レンジャー






日野 レンジャー


日野 レンジャー

お次は ドラムを やります



タイヤから 縁を 切り離して



日野 レンジャー

ドラムだけに して


日野 レンジャー

「コテ コテ!」 を 



ヘラを 使って ある程度  



取り除いて


日野 レンジャー

ある程度 取ってみたが



時間ばっかり 掛かって   「悪戦 苦闘!」


日野 レンジャー

その後、洗浄液の中に 漬け込んで



ハンド パワーで  やってみる!



「きちゃない!」 が 



これが  「男の 仕事!?」

日野 レンジャー

洗浄の後



ドラム研磨も 済ませて



蘇りました

日野 レンジャー


日野 レンジャー


アウターレースに ベアリングの ダメージ痕である  ラインが くっきり




なので これも 交換に なります


日野 レンジャー


ブチ抜いた  アウターレース

日野 レンジャー

それでは レースを 打ち換えます


日野 レンジャー



新品の レースを 叩き混みます


日野 レンジャー

レースの打ち換えは 



寸法に 見合った 「当金」 使いますが



色んなモノを 持ち出し 思考錯誤しながら ヤルのが 大変


日野 レンジャー



何とか 打ち込めました



日野 レンジャー



日野 レンジャー


ハブの レースの 打ち換えが 終わった所で




ブレーキの組み付けを やります


日野 レンジャー

洗浄した シリンダーピストン と  カップキットを


準備して


日野 レンジャー


シリンダーに 組み付けまして


日野 レンジャー



新品の ライニングも 用意して



日野 レンジャー

組み上がりました




簡単そうに 見えますが



大型に なれば成る程  リターンスプリングが 強力過ぎて



ライニングを 取付難い!



やれば 解ります


日野 レンジャー

組み付けが 終わったので



ブレーキのオイルラインの エア抜きを しまして



ブレーキ周りは 完成!  


日野 レンジャー



ちょうど その頃



あの タイロッドエンドの 部品が  届いたので  交換しましょう!



最初に メガネを使って ナットを緩めてみるが




エンドが 落ちきって しかも ネジ山が 潰れてしまってたせいなのか?




「ボール部分が 共回りして 抜けへん!」




ファイヤーさせて 頭を ブッ飛ばす! 事も考えたが



下品なので  インパクトの力を 最強にセットして やってみたら



割ピンを 巻き込みながらではあるが 



なんとか ナットが 抜けてくれた  『ヤレ ヤレ』 です

日野 レンジャー


その後 パイレンを エンドに噛まして



グイグイ 回して 


日野 レンジャー


取り外しました



日野 レンジャー

新品のエンドを 取り付け



割りピン で 止めれば  完成です!



日野 レンジャー


それでは 残りの


作業を 進めましょう





裸だった ドラムを  タイヤに ドッキングさせて


日野 レンジャー


ベアリングに



日野 レンジャー


グリス を 注入していきます



日野 レンジャー


そのベアリング を ホーシングに カチ込み



日野 レンジャー




ハブの インナーシールを


日野 レンジャー


グリスを 充填させた ハブに



打ち込んで




日野 レンジャー


組み込みます


日野 レンジャー


フロント側も


日野 レンジャー

挿入して




日野 レンジャー


ベアリングを 入れて



閉め込み調整を 施し


日野 レンジャー


最後に ハブキャップを するのですが



この時  外部からの  「進入!」  を防ぐ為に



ハブキャップの周囲に ガスケットを 塗っておくのが ポインです



これで


ブレーキ周りの オーバーホールが 完成です!


日野 レンジャー


最後に  「コレ !!」




「ココだけ なんか変!」 って感じた
  


アブラまみれのドラムに 元々取り付けられていた   「ハブシール!」



それを  奇麗に 洗った  「ヤツ !」 です


日野 レンジャー

やった事が有る人なら 解ると思いますが


日野 や ふそう の リヤハブシールは 入れ難いモノ!です


シールの幅が 薄い割には 径が大きいのが 原因だと思います


4t車よりも 10t車 は 更に 難しく


一般の人なら 一晩経っても 打ち込む事は 出来ないことでしょう!?  ってぐらいです

日野 レンジャー

こちらのシールも 苦戦しながら 打ち込んでいくうちに 


シールが 歪んでしまい 


行く果てに   「苦肉の策で!?」 「やけくそで!?」


力の伝わる マイナスドライバーで? カチ込んだのでは?


推測の域は 出ませんけど!


いずれにしても 


ハブグリスが 「この穴!!」 から 


ドラム側に なだれ込んだようだ!!


『それにしても 無茶しよる


日野 レンジャー



無事に 修理が 完了して 納車となりました。



ありがとうございました



=================================================

今回の


修理期間中の ある日の事


すっかり太陽も沈み 星空が見え始めた夜


黙々と 修理作業に 勤しんでいる中


テクテク っと 工場に入って来る人の気配を 感じたので  


直ぐさま そちらに 振り向くと 


その人は 久しぶりに再会する 知人でありました


知人は オイラの顔を 見るやいなや

  
  知 : 「このトラック どないした~ん!?」


  オ : 『どない って !見たら分かるやろ 修理で預かってんのや!』

  知 : 「え~~ ホンマに~ !!」


  オ : 『それが  どないしてん!』


  知 : 「昨日 通り掛かったら このトラックが 入ってから 来てん!」

  オ : 『それでぇ~・・・?』


  知 : 「知ってるぅ~?  このトラックの プラモ 有るの !」


  オ : 『?・・・・・・・?』


 その知人から このトラックに纏わる事を 色々と 教わり


翌日、 見たら 


 かなり 驚いた!


『Amazon で 売ってたわ このトラック 



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示