FC2ブログ

DPD警告ランプ点灯!?詰まり洗浄修理!【エルフ・アトラス修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

いつものように

まったりと お仕事をしておりました時に


突然 「リリリリーーーン」 と鳴り  


電話にでますと


「 ネットを見たんですが・・・・・・  

 DPD警告ランプが 点滅 しておりまして・・・・・・・」



と言う事で 入庫しました


イスズ エルフ の 「OEM!」 車両  日産アトラス トラックです


エルフ OEM アトラス

お話を聞きますと


「中古で買ったのですが  最近、手動再生をしても すぐに警告灯が点滅するので

 
 知り合いの修理屋さんに 相談したら 本体交換 !?・・・・・」
   らしく



「他のページに載ってる 方法で何とか 凌げないか!?」 



と言う事です


エルフ OEM アトラス


走行距離は 153、000km 余り




では、早速 状況を確認してみると


エルフ OEM アトラス

「点滅」   と お聞きしておりましたが




メーターを見ると   「点灯」  じゃないか!




おまけに 「エンジン チェックランプ!」 まで 点いてるぞ!



エルフ OEM アトラス


DPDの 再生 スイッチ を  「プチッ!」 



これで DPD再生モードに突入して フィルター燃焼が 始まるハズ?



しかし 何の応答もなく 



『事が 始まらない!』



エルフ OEM アトラス

仕方ないので 



テスターを突っ込んで モニターしてみます




『アカン!  メチャ詰まってるやん!』



エルフ OEM アトラス

他のも 見てみますと



「DPD  PMステータス」  が   「レベル 5 !」




「Max まで 溜まってるよ!」  「メチャ危険 !」  って事です



エルフ OEM アトラス

もはや 運転席側の スイッチでは



「DPD手動再生!」 は出来ませんので



 「テスターで 強制再生!」 を やってみます


エルフ OEM アトラス


強制再生が



『すんなり 始まったぞ!』



エルフ OEM アトラス



『どれ どれっ 


排気ガスの 出る方に 手をかざして見ると



アイドリング時にしては  「熱い!」


エルフ OEM アトラス


温度計で 測ってみたら 



『110℃』 ぐらいある



通常、なんの作用も果たしていない場合は 



『90℃ 程度!』 と言う事を考えれば 「働いている!」 みたいだ 


エルフ OEM アトラス


見る見るうちに 工場中が 



朝霧に包まれたみたいで




物凄く  「煙たいしぃ~!」


エルフ OEM アトラス

だが!


すんなり 強制再生が 終わってくれるものだと 思っていたが



予想を 遥かに裏切り



すっかり 「夜!」 になってしまった



DPDは 「環境に やさしい!」 ハズ の 思惑で製作されてるのに この有様!




この煙で  「コッチが ヤラレるわいっ!」


エルフ OEM アトラス


そうこうしているうちに


メーターの   は  「DPD警告灯」 もとより



「エンジンチェックランプ!」 も 消えている!




「強制再生!」 は ウマくいったみたいだ



エルフ OEM アトラス


「強制再生!」 直後を モニターしてみると



「差圧」 は こんな感じです


エルフ OEM アトラス

エルフ OEM アトラス


通常は 「車両まかせの 再生!」 で 「完了!」 と行きたいところですが



それを繰り返していると 再生スパンが だんだん短くなってきますので



非常に 「使い勝手が 悪い!」



それに DPDの  「故障!」  や  「破損!」 の危険性が いつまでも 付きまとう



それらの 「悩み?」 を 少しでも 「解消!」 してやる為に



DPD本体を バラして 出来る限り 清掃してやり 



「詰まり対策!」 を 施します

エルフ OEM アトラス


イモ虫みたいな ヤツが  「DPD!」

エルフ OEM アトラス


早速、フランジボルトに 工具を 引っ掛けましたが



これまた  尋常じゃないほど   「カタッ!」



「PMを 燃焼!」 の 熱による せいで



どうやら ボルトが ヤラれてるに 違いない


エルフ OEM アトラス

こんな時は   「いつもの ヤツ!?」  で



やっつけます


エルフ OEM アトラス


なんとか 抜けた 「ボルト!」




クビレた 腰が なやましい?




迷わず  ゴミ箱へ  「ポイッ!」  してやりました


エルフ OEM アトラス

取り付け ボルトも 外れましたので



ミッションジャッキで 受けて



DPD本体を 降ろします

エルフ OEM アトラス

差圧パイプも 熱で ヤラレてましたので



力技で  「グキッ !」  っとな

エルフ OEM アトラス


エルフ OEM アトラス


パイプを 外したところで


DPD本体を 立てて  「分割 !」 してやります



エルフ OEM アトラス


見えているのが  「DPF !」



マフラーの 後ろ側に 位置しております




エルフ OEM アトラス

分割した 右側に 有るのが 「酸化触媒 !」 です


これは 


排気ガスに含まれる 「SOF」 と呼ばれる物質を 還元させる   「フィルター!」 ですが



一般に  「黒煙!」 と呼ばれてる 物質を捕集するのが   左側の 「DPF!」 です 



主に 「詰まりを 発生させる!」  のは  この「DPF!」 



エルフ OEM アトラス

これを  何とか してやりましょう!



エルフ OEM アトラス


「強制再生!」  で  「すっかり 綺麗に なったハズ ?」   ですが



エアーブローしてみると



黒いヤツが  次から 次へと 



「出るわ !  出るわ !」


「強制再生だけでは 不十分って事ですかね

エルフ OEM アトラス


エルフ OEM アトラス

繰り返し やった! が



ヤッパリ! まだまだ   「溜まってる !」   もんです

エルフ OEM アトラス

エアーブローを 何度も行った結果



「残留物が 殆ど出ない!」 ので 



この辺で 「終了!」 と 言っても良いのでしょうが



エアーでは  「取れない!」 ところに 挑戦してみます



『最後は コレしかないやろ!』

エルフ OEM アトラス


予想通り  「コビリ付いた 汚れ!?」 が  面白いように 出てきます


エルフ OEM アトラス

1回 や 2回 では 済みませんので



これを 何度も 繰り返し



とにかく 「猛烈!に やってやりました!」


エルフ OEM アトラス

エルフ OEM アトラス


最後に それぞれの フランジ面を 整えて


エルフ OEM アトラス

エルフ OEM アトラス

エルフ OEM アトラス

フィルターの分解洗浄が 終わりましたので



お次は ちっぽけに 見える



この パイプです


エルフ OEM アトラス

DPDフィルターに 「目」 が行きガチ ですが



こちらの パイプも 問題を引き起こす? 重要部品ですので




パイプに 棒を 突っ込み 「こちょ こちょ」 してみます



エルフ OEM アトラス


これも 相当  「詰まってる!」 みたい




入口付近で   「コレだけ 出てくる!」  ので



中央辺りの 詰まりは  「ヒドい !」 ハズや!


エルフ OEM アトラス


しかし、パイプは クネクネ しており 


 棒を 使って 「奇麗にカスを かき出す!」 のは  「至難の技!」 


って言うか  「無理」 



パイプを ファイヤーさせて カスを 取り出す方法も 有るが



クネクネ パイプの中身の  「出来栄え!」 を確認出来る ハズもなし



「詰まりの程度!」からして   ここは 「交換が 賢明!」  と 判断しました


エルフ OEM アトラス

新品の フランジガスケットを 用意して


組み付けます

エルフ OEM アトラス

PDF本体を 車両に 取り付けて


パイプを セット いていきます


エルフ OEM アトラス


エルフ OEM アトラス

取付が 終わったぁ~  ので


エンジンを 始動させて 排気の 様子を 伺います


「荒技?」 を 駆使したが 排ガスの煙は  問題は なさげだ


エルフ OEM アトラス

それでは テスターを 使って モニターしてみます



「車両任せ!」 の 「強制再生!」  よりも



「差圧!」  が 下がり  



DPDにとって   『良い状態では ないか!』


エルフ OEM アトラス

ちと 気になるのが  「噴射の バラつき」


エンジンの 振動は それ程でもないが 


「今後の 課題?」 かもです


エルフ OEM アトラス


「仕上げ!」 に 専用の エンジンオイル と エレメントを 交換して



エルフ OEM アトラス

「DPFの洗浄」 作業が終了!



無事に 納車と なりました



今回は  ありがとう ございました



==============================================


その昔


排気ガス規制も 今ほど 厳しくなかった頃の ディーゼルエンジンは


メンテナンスの 無頓着な方でも なかなか故障するモノじゃ なかった。


それは 日本の 「機械精度の高さ!」 と共に


メカの構造が 「単純!」 と言う事に 助けられていた と思います。


しかし、時代は とっくに 「21世紀!」


現在のディーゼルエンジンは  「パイロット噴射」 や 「ポスト噴射」といった


直接 「爆発!」に関係ない 場面でも 燃料を噴射しております


それに 汚い空気である 「排気ガス!」 を 再びエンジンに 吸入させたりもしております


すべては 「排気ガス規制!」 の為に!


しかし 年々 「排気ガス規制値!」 のハードルが 高くなってきており


メカのシステムが 「ギリギリの 対応!」 で 凌いでいる様に 思うのです


なので 「メンテ不良!」 「ちょっとした異変に対する 放置!」 などの要因で


「不調!」 「不具合!」 「故障!」 などを 頻繁に起しうると考えてます。




「昭和の 思考」 に お気を付けて・・・・・・


車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

車のエアコン修理!夏の思い出アレコレ!?東大阪 《車の車検・トラックの修理》

“喉もと過ぎれば・・・・・・”  とは よく言ったもので


近頃は めっきり過ごし易くなってきまして


あの暑さは  「 なんやってんやろっ!」 って感じます。


今回は そんな  「夏の思い出!」  の エアコン修理アレコレ です




まずは、 アメ車のキャンピングカー


シボレー アストロです


シボレー アストロ


以前に 「ガス補充!」  で 効いてはいたが


最近、エアコンが全く 効かんので 診てほしい   


との事です



早速、 スイッチを   「ON 」 して  状態を 確認してみたところ


お話の通り  「全く 効いてない!」 


シボレー アストロ


「送風?」   と言うよりは   むしろ 「熱風!



目一杯  「CooL!」  にしてるのに 異常な この暑さ



コンプの停止状態は 承知しているが



「ヒーターコントロールも 駄目!」  みたい



これでは いくらクーラーが 正常でも  「冷風!」 は 出てきません


とりあえず 修理は   「ココ 」 からです



シボレー アストロ

日本車では


「電気 仕掛け!」  か  「ワイヤー式!」  で  ヒーターコントロールを 行っておりますが




そこは  「アメ車!」


勝手が 違うようで   なんで?か   「バキューム式!」



「ハンバーガー育ち!」  の考えは   「よう 解らん! 


シボレー アストロ


ゲージを 使って  「故障箇所の診断!」 を 行います


シボレー アストロ


問題の有る 系統が 見つかりまして


その  「ホース!」 を 取り外すと



すでに   「シワ シワ の ご老人!


シボレー アストロ

触ると 



ポロポロ と  「砂状!」 に崩れだして



「元々 これは ゴムか ?」

シボレー アストロ

ホース と共に バキュームタンクも 逝かれてまして


なんとか「裏技?」 で 作動させて やりました。



ここからが 



本題 の 「エアコン作業!」 に 移ります



まず、ガスチャージの バルブキャップを 


取り外しますと

シボレー アストロ


うっすら  「茶色!」 


「ガス補充の 繰り返し!?」  で  


アチコチに ダメージを 与えているのかもです


シボレー アストロ



「真空引き!」 して ガスチャージです



シボレー アストロ





シボレー アストロ


ガスチャージを するに連れて


ドンドン 冷えていきます


リヤ側も エバのドレンから 排出された水で   「ビジョ ビショ!」


冷えてる 証拠です


シボレー アストロ


低圧側に 水滴が付着してるのが   「イイ 感じ!」


シボレー アストロ


6.2℃』 まで 冷えました



しかし、根本的な 解決には 至りませんが  「予算の都合で!」    今回は ココまで   



今後の 「無事!」 を祈ります

シボレー アストロ


お次の 患者さんは  マツダ スピアーノ 


スズキ ラパンの  「OEM !」  車両です



お客さんから お話を聞くと


「 〇〇〇バックスで 見てもらったが  冷えない原因は  コンプレッサーだろう!・・・・
 
 何処かで? 修理してもらってください! ・・・・・・・・・?」




らしい


マツダ スピアーノ


エアコンの スイッチを  「ON !」




マツダ スピアーノ


まったく  冷えません


マツダ スピアーノ


マニホールドゲージを セットして




真空引き ⇒ ガスチャージ  で診ていきます



マツダ スピアーノ


アチコチ 調べていくと


マツダ スピアーノ

エバポレーターの 取り付け付近が   「オイル!」  で ベタベタしております



なので、


「冷えない !」   のは  漏れによる    「ガス不足が 原因!」



コンプだけを 交換しても 何の解決にも なりません


マツダ スピアーノ


ところで エアコンサイクルは? と言いますと



冷える事は  冷えるのだが



「ゲージの 動き」 から判断して 「コンプが少々弱ってる!」


マツダ スピアーノ


以上の事を お客さんに


「冷えない! 直接の原因は ガス漏れでして・・・・・・・・・・・・・・ 

 しかし、コンプも少々 弱ってますが・・・・・・・・・・・」
    と 伝えますと



『すべて やってください!』   の ご返事



では、やってみましょう!

マツダ スピアーノ


フロント周り を 取り払い


イジリ 易くします



マツダ スピアーノ


エアコンの心臓部  「コンプレッサー!」 が 見えます 


マツダ スピアーノ


コチョ コチョ して コンプを 外しました


片手で すんなり持てる 大きさです


最近の 軽自動車は  「世間の声!」 で 


無理矢理に?  室内空間を 広げた車両が 多いですが


本当のところ  こんな 小さなコンプでは  「役不足!」  だと 感じております。



負担が大きいので  軽の コンプは よく イカレます


マツダ スピアーノ


マツダ スピアーノ


必須部品の 「リキタン!」 も 交換します


マツダ スピアーノ



あとは、 今回の 「冷え不良の原因!」 を 修理します


マツダ スピアーノ



黒い物体 が クーリングユニットです




マツダ スピアーノ


マツダ スピアーノ


この辺りから

マツダ スピアーノ


漏れてました


「ベタ ベタ ですわ!」


マツダ スピアーノ


エアコンフィルターを 外して見たら



「エラく 詰まってる!」



マツダ スピアーノ

今回は エアブローで



マツダ スピアーノ


詰まりを 取り除きます


マツダ スピアーノ



部品交換の 後は


真空引き



マツダ スピアーノ

真空状態を 確認して



問題なかったので



ガスを充填します

マツダ スピアーノ


体感的には  そこそこ冷えて  『10.3℃』



気分は 「やや 不満!」  ではあるが



軽なので いた仕方ないところです



マツダ スピアーノ






最後は


トヨタ イプサムです


お話を聞きますと


「エアコンが突然 効かなくなり! ・・・・・・・・・・・
 
  かと思うと突然 効いたりする!」
  



トヨタ イプサム

なにやら 奇妙な 症状です!



早速、 エアコンスイッチを 「ON!」  して



診ていきましょう!


トヨタ イプサム

今は 


 「効いてる!」


いや  「効きすぎ!」



4.4℃』



トヨタ イプサム


「効かない時には   このランプが 点滅するらしい!」 



しかし、いくら待っても その兆候は 現れずで



悩むところです

トヨタ イプサム

イロイロ 資料を あさってみると




ロックセンサーが 関係してることが 解った


トヨタ イプサム

テスターで調べてみたが 


エアコンが 効いているので  当然  「良の 判定!」



そうこうと 作業をしているうちに



配線の 違和感に    「ピン と 来た!」

トヨタ イプサム

元々の 配線状況と 異なる 


「修理跡 !」 に気づいたのです



「ココに 何かあるな !」  との思いで



配線を 捲りだして見ると  



以前に 「修理した 痕跡が あるでは ないか!」



「怪しさ 満点!」

トヨタ イプサム

さらに、被服テープを 取り除くと


見事に 「ビンゴー !」  チギレておりました



しっかり補修しておれば 


こんな事にならなかった かも? です


トヨタ イプサム


厳重に! 「配線 修理!」 しまして



「これで、大丈夫でしょう!」


「効いたり」   「効かなかったり!」  のエアコン修理が 完了です


トヨタ イプサム


この度の イロイロな エアコン修理


ありがとう ございました


================================================


この夏も 様々な症状の エアコン修理が ありました。



ひと口に  「エアコン不良!」 と言っても 色んな原因が あるもので



ちっぽけな 箇所が悪くても  「全く 冷えん!」 って事になります。



また、他の修理でも 同じ事が 言えるのですが



結果だけを見れば  「たった これだけで!」 みたいな事が よくあります。



実は  その 「たった これだけ!」 を突き止めるまでには



多くの  「時間」 や 「労力」 や 「思考錯誤」 が いります




それに 「涙」も・・・・(笑)




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

エアコン修理の泣き所!?【トヨタ スープラ エアコン修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今年の夏は 「暑い!」 



って 全国のアチコチで 悲鳴を上げておりましたが



最近になって 朝晩は 涼しさも感じられ 一頃の蒸し暑さは 無くなりました。



しかし、依然として 日中は 30度を 軽く超えております ここ大阪



今回も 飽きずに?  エアコン修理で 入庫しました



トヨタ スープラ (JZA80) です


トヨタ スープラ

お話を聞くと


「エアコンが 効かなくなり カーショップ?で 特殊な道具?を使って 色々と見てもらったが・・・・」

 
「ガス漏れでしょう?  けど 解らない・・・・・」





 
「サジを投げられた?・・・・」らしい  

トヨタ スープラ


では 早速


エアコンの 状況を点検してみましょう!


只今の 車内温度は  『33.6℃』 で とても暑い!


スイッチを 入れて みますと


トヨタ スープラ


溜まってた 熱気だけが 吹き出してきまして



たまったもんじゃない   『42.8℃』



我慢して送風だけで 過ごすのも



これまた 「自殺行為!」




やっぱり  「ガス切れ!」のようだ



トヨタ スープラ

「ガス漏れ箇所」 & 「エアコンサイクル」 の診断をする為にも



まずは、「真空引き!」 です。 


トヨタ スープラ


トヨタ スープラ

かれこれ 1時間以上も 「真空引き」を やってるのに!



思ったように ならず この状態! 



結構な漏れかも? です


トヨタ スープラ


これ以上は 待ってられない!ので


とにかく ガスを充填してみましょう!



ガス注入とともに エアコンスイッチを入れてみたが



改造車特有の   「ブォォッ~~~ ブォォッ~~」


エンジン音にかき消されて 聞こえづらいが


「微かに?」 「何処やらで?」 音がする

トヨタ スープラ

直ぐさま エンジンを停止させて


リフトアップして 車体の下から 音のする方へと覗き込むと



『シュッ~~ ~ッ  シュッ~~~ ~~~!』  



っと 確かに 音がするではないか!



そして 車体の下には   コンプオイルが 派手に 



『漏れてるじゃないか!』


トヨタ スープラ


漏れたコンプオイルの 跡からすれば



どうやら  




『この辺りだ!』


トヨタ スープラ


部品達が 密集して 見えづらいので



バラしに 取り掛かります


トヨタ スープラ


取り外した エアコンパイプです


トヨタ スープラ


後付けしてある オイルクーラーホースと接触して



「ガリ ガリ」 に やられてました


トヨタ スープラ


トヨタ スープラ

オイルクーラーホースの 表面は 「ステン製!」



エアコンパイプは 「アルミ製!」



擦れ合えば 「アルミの負け!」  当然の結果です




なので 他にも 「怪しい!?」 とこはないか?



探ってみると



トヨタ スープラ


こちらも 結構 ヤバイ!



トヨタ スープラ

「貫通!」は していないものの



「危ないどころだ!」


トヨタ スープラ


コンデンサーは?と 言うと



トヨタ スープラ

薄暗さが 邪魔して 判りづらいが



「ど~も? 怪しい?」



でも違いない!

トヨタ スープラ

痕跡が 見えましたので



「アウト!」 と判断


トヨタ スープラ

お次に


室内側も 探ってみます



トヨタ スープラ

可能な限り バラして


フロアカーペットに 頭を擦りつけながら 潜り込み


覗いて見ると



「ココも かっ!」  です


トヨタ スープラ


ガス漏れ箇所の 捜索が 終わりましたので




早速、修理へ取り掛かります




トヨタ スープラ

まずは コンデンサーを 取り外しますが


その前に 



邪魔になる ラジエターを 引き抜きまして


トヨタ スープラ





トヨタ スープラ



トヨタ スープラ


コンデンサーを 取り外します

トヨタ スープラ

暗くて解りづらかった 「漏れ跡!」 ですが




明るい所に引っ張り出してみると



簡単に 判別がつきます

トヨタ スープラ

削れてしまった エアコンパイプについてですが



「部品注文!」 してみたところ



『ありまヘン!』    と悲しい ご返事



たった コレごときに 修理が 完結しないなんて 



「泣けてきます」



ワタクシも 「サジを 投げたい




泣く泣く 現物を 「溶接修理!」 で対応することにしました



トヨタ スープラ


パイプの付け根も



グラつきが 見受けられたので



これまた、 「溶接!」で  


トヨタ スープラ


トヨタ スープラ

他のパイプも  アチコチ の付け根で グラつきがアリ



「ガス漏れを 起こしそう !」 なので



コレも やっときます

トヨタ スープラ



トヨタ スープラ

パイプ修理が 終われば



コンデンサーに ドッキングさせて 

トヨタ スープラ

コンデンサーを組み付ける!




その前に


トヨタ スープラ

「何か エエものが ないかな 


と 工場の アチコチを アサってると



トラックの  「補修用 幌シート」 が あったので 



適当な大きさに 切り込み



巻き付けときます


このシート って意外に 頑丈なのです

トヨタ スープラ


それから コレを 使います


トヨタ スープラ


「危ない!」  ステンメッシュホースに 巻きつけて


接触する 他の部品達を 


これで 守ります

トヨタ スープラ




トヨタ スープラ


「ガリ ガリ !」 に いかれた


エアコンパイプも 守ります


トヨタ スープラ


では、新品コンデンサーを 取り付けてみます


トヨタ スープラ



トヨタ スープラ

エアコンパイプも コンデンサーに 連結させて



トヨタ スープラ

オイルクーラーホースの 取り回しが 


「キツイ!」  ので


接触は やむを得ない!



コレで 「良し!」 とする他ないです

トヨタ スープラ


コンデンサー周りが 終われば



室内側の 「エバ!」 に 取り掛かります



外した エバッポレーターです



ユニットで覆われて 密閉されている ハズ なのですが



「雑草?」  が



エラく 絡みついてます


トヨタ スープラ

ダメな エバポを 「部品注文!」 したところ  



「今から 造りますので・・・・・・・」




待たされ! 待たされ!・・・・・・・・  



ようやく 届いたのが   「3週間後!」



でも、造ってくれるだけマシ ですわ!



左 : 取り外し品                                  右 : 新品


トヨタ スープラ


エキパンも 当然!



交換しときます


トヨタ スープラ


トヨタ スープラ



エバポレーターを 室内に 収めて



トヨタ スープラ

この後、エンジンルーム側から 


エバとの 連結をさせるのですが



僅かな隙間に 


道具を 滑り込ませて 取付ボルトを 締め込む


この地味さ!


こんなのが  「実は 大変なのです!」 

トヨタ スープラ


パイプの修理 や 部品の交換 が終わりましたので



お決まりの 「真空引き!」 を入念に行い 



負圧状況を 時間を掛けて見極めてから ガス注入してやります 



トヨタ スープラ


トヨタ スープラ


それでは エアコンスイッチを 「ON



トヨタ スープラ

冷気が で出しました。



入庫当時を 思い出せば



この程度でも 「十分な冷え!」 と 感じられるくらいですが



温度は 『19.5℃』



まだまだ、みたいです

トヨタ スープラ


ガスを注入していくにつれ



さらに 冷えが増して



11.6℃』


トヨタ スープラ


.0℃』


トヨタ スープラ

エアコン能力の高さ と 室内空間の狭さ が相まって



冷えるスピードは 半端ない!



アッと言う間に  『.6℃』



トヨタ スープラ


これぐらいで 十分でしょう



トヨタ スープラ


概ね 1ヶ月の 修理が完了で



無事に納車が できました



ありがとう ございました




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示