FC2ブログ

隠れた不良箇所!?のエアコン修理【ホンダ オデッセイ エアコン修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

暦の上では・・・・・・・ですが 


大阪では そんなの 関係ないみたいです


“理想と現実”は ウマい事いかんもんで メカも この暑さに 悲鳴を上げております。


今回も  


この暑さに エアコンが ヤラレた 一台


ホンダ オデッセイ (RA6) です


ホンダ オデッセイ

走行距離は 10万kmオーバー




そろそろ 何か?あってもおかしくない



それが、今回であったようです


ホンダ オデッセイ

お客さん曰く


『エアコンが効かなくなり   診てもらおう! と イエロー○○○ を訪れたら

 ガス漏れを起こしてる!ので 修理しないとダメですよ!・・・・・・・・  ? 』
 


と言う事で 対応してくれない  らしい 



早速、エアコンスイッチを 「ON」 させて


状況を 診ますと  『全然、効いとらん!』


ホンダ オデッセイ

『やっぱり ガス漏れかいな?』



ホンダ オデッセイ


ボンネットを オープンして



それらしい所を ザックリ見渡すと


ホンダ オデッセイ


高圧ホースが オイルでベタベタになっており



あっけなく 「ガス漏れと判明!」



イエロー○○○の店員が  「漏れてるよっ!」 



って  直ぐに 判断したもの 解ります。


ホンダ オデッセイ

いつもは 漏れてる箇所を探し、 「判断を下す!」 までに



「あそこ かな?」  「ここ かな?」  「これは 漏れた跡かな?」



って 時間も掛かり、頭を悩ますところですが





今回は  『けっこう 楽勝や!』


ホンダ オデッセイ


一応 ここも 診てみることに!


ホンダ オデッセイ


怪しい!ので 『ついでに交換しておいた方が 良さそうだ!』


ホンダ オデッセイ

新品の高圧ホースを 注文しておいて



ダメになった ホースの交換に 取り掛かることに します



ホースを抜き取った コンプの排気口を 見ると 「粉」 が混じった跡は 見受けられず



走行距離の 割りには 良い状態を 保っているようだ 



ホンダ オデッセイ

取り外した 高圧ホースです

ホンダ オデッセイ


見ると ホースの両サイドの か締め部分から



オイルと共にガスが 漏れております


ホンダ オデッセイ

新品のホースが 準備できましたので



取り付けていきます



ホンダ オデッセイ


ホースの片側を コンプレッサーに繋ぎ



もう片方を コンデンサーの左サイドから 取り回して 取り付けます。



外す時も そうだったが!  その隙間が メチャメチャ 狭い! 




「本来は ラジエターを外してからでは」 とも思うが





得意の? 力技で? ネジ込んでやりました 


ホンダ オデッセイ


車齢のいったヤツは 



このバルブも 替えときます


ホンダ オデッセイ


ガス漏れ修理が 終わったところで  真空引きガスチャージを やってみます




この時、大事なことは システムの寿命を左右する  「オイル補充




エアコンの  「ガス充填!」 や 「部品交換!」 の際には これが 必須と考えておりますが




意外に 「行われていない!」 「知らない!」 のが 多いように 感じます 



ホンダ オデッセイ


真空引きをして


ホンダ オデッセイ

状態を吟味して


ガスを注入していきます

ホンダ オデッセイ

では、スイッチをいれて



エアコンを 作動させましょう!


ホンダ オデッセイ


風量は 「Maxで!」



ホンダ オデッセイ


ガスが 入っていくとともに




順調に冷え出して  只今の温度 『22.5℃』 



ホンダ オデッセイ



「ゲキ冷え!」 目指して



ガスを追加注入して ゲージを眺めていた矢先!



グングン! 「高圧が上がっていくでは ないか!」 



『わぁぁぁ・・・・・・・・・』



『ヤバぃ・・・ ヤバぃ・・・ ヤバぃ・・・!!』


ホンダ オデッセイ


慌てて 散水ホースを引っ張り出して



消火活動さながらで



コンデンサー目掛けて 夢中で 水を ブッ掛けるてみる!


ホンダ オデッセイ


その間、十数秒だろうか?



何とか危険域から脱出し、エアコンサイクルの 「破裂!」 だけは免れたようだ!



『とにかく 焦った!』

ホンダ オデッセイ

一息ついた その後


『なんで?・・・・』 






『ひょっとして!』


ホンダ オデッセイ

エンジンルームを 見てみると



左のクーリングファンは 元気よく回ってるのに



右のファンは 止まったまま!  「逝ってるやないか!」



これでは 十分な 冷却が出来ないので 



コンデンサーが 「オーバーヒート!」を起こしていたのです



ホンダ オデッセイ



通常、ガスが抜けて エアコンシステムがダウンしてる状態では 




ファン回路に通電しない為 前もっての 良否判断は困難で 致し方ない事では あるのですが




ホンマに 『すんなり いかんもんだ!』




ホンダ オデッセイ

色々調べてみたが 


やっぱりファンモーターが 逝かれてるみたい!




お客さんに 連絡をして 




協議の結果    「リサイクル部品」で 行くことに決定!
 

ホンダ オデッセイ


リサイクル部品も 




念の為、調べておきます


ホンダ オデッセイ


リサイクル部品を 組み付けて



ガスチャージを 再開させていきます


ホンダ オデッセイ

まずは エアコンスイッチを  「ON!」



只今の温度は   『32.1℃』  




近頃の暑さに比べりゃ まだ、穏やかな方です


ホンダ オデッセイ


クーリングファンも 勢い良く回っているので 一安心
   

ホンダ オデッセイ


圧力も良好なんで



後は ガスを補充してみて 



どんだけ 「冷やすか!」 です 



ホンダ オデッセイ


かなり冷え出してきた!


.8℃』

ホンダ オデッセイ





.4℃』

ホンダ オデッセイ


6.6℃』


ホンダ オデッセイ


.2℃』


ホンダ オデッセイ


この辺まで 冷えれば 十分でしょう!



最後に ガス漏れ と 圧力の動向を 確認して



これで 修理が完了です。



ありがとう ございました。






今回のように 



エアコン修理は 複数の不良箇所が 存在している事もありまして



初期の段階では 見えてこない事も 頻繁にあります。



特に 酷くガス漏れを 起こしている時は



まず、そのガス漏れ箇所を修理してから エアコンシステムの良否を 判断しますので



組み付けてから コンプも駄目だ! とか 詰まりが有る! とか



隠れた不良箇所が 判明する場合があるので 厄介です



こちらの お車は この程度?で済んだので ラッキーでしたけれど・・・・・・





車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
 

関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ガス漏れもイロイロ!?のエアコン修理!【トヨタ アルファード エアコン修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

全国的に猛暑の 日々が続いて 熱中症に関する 注意喚起の報道が 連日なされており  



例外なく アタクシも グッタリの毎日です



毎年、こちら大阪では 他府県に比べて 暑さがヒドイのですが



今年は それにも増して! と言う感じがします。



こんな暑い中で エアコンの効かん 車なんか 乗ってられまへん。




今回は ネットからの お客さんで 

「エアコンが効かない!」 お車



トヨタ アルファード (MNH10W) の入庫です

トヨタ アルファード

走行距離は 年式からすれば



比較的少ない 38、600km ほど 



見た目も 綺麗ですが 「エアコンが 効かない!」 ので 夏場は 致命的!です


トヨタ アルファード

お客さんから 話を聞くと




エアコンが効かなくなった! ワケに 「心当たりが ある!?」 らしい




とにかく 効かないエアコンの 動作確認を してみます



スイッチを 「プチリ!」 とやってみますが 「熱風!」



やっぱり 「冷えん!」


トヨタ アルファード


では、 お客さんの言う  「心当たり!」 を診てみましょう



トヨタ アルファード


その 「心当たり!」 とは



グリルとコンデンサーとの 空いたスペースに



「外品ホーンを 取り付けた!」 が クリアランスの確保が 十分で なかったみたい!?



「振動する度に コンデンサーと接触!」



トヨタ アルファード


お客さん 自ら  「ココから ガス漏れ?」 と 判断したみたいです



ホーン取り付けによる 「自虐!」で 



「エアコンの効き不良!」 の良くある パターンでもあります


トヨタ アルファード


しかし、よく見てみると コンデンサーに 「傷」を負っているが



ガス漏れを 起こしたと同時に 漏れ出すハズの コンプオイルの 「痕跡が 無い!」ようだ



しかも 蛍光剤 の 反応も 「無し!」
 



トヨタ アルファード


今の 状況では  「これが犯人だ!」 と断定づけるのは 



いささか 気が引ける



ゲージを繋いでみると  エアコンガスが 「全然 無い!」



なので、真空引きを行い 蛍光剤、コンプオイル、エアコンガスを 注入して




「何処から!?」 




反応が出るのを 期待します


トヨタ アルファード



時間を掛けて しっかりと 「真空引き!」 を行い




その状態で 長時間放置してみます



トヨタ アルファード


「もう、ソロソロ だな!」 と言う頃に



ゲージを見てみると  『んっ!』



気持ち?真空が 保持できてない?




ヤッパリ少し漏れてる?のか?



トヨタ アルファード


では、真意のほどを確かめるべく



ガスを注入してみます。



トヨタ アルファード


エアコンスイッチを入れて



勢い良く風が出るのを 確かめて


トヨタ アルファード


この時 「ガス漏れの特定!」 は勿論ではあるが




「エアコンサイクルの良否も合わせて 点検するのが 大切です。




「ガス漏れ!」 + 「コンプも 駄目!」 ってことも よくある話ですから・・・・



トヨタ アルファード

エアコンサイクルは 特に問題は無い!と判断しまして



「ガス漏れ!」 に絞って 



例の箇所を 確認してみます




ガスを充填させて、エアコン運転していくうちに




コンデンサー内のガスが 「高温 、高圧」 になる従って 




「反応が 出てきましたぞ!」


トヨタ アルファード


オイル漏れも 起こして



「コンデンサーで 間違いナシ!」




他の箇所なら 大変な作業になる事が 予想できるので



『ここで良かった!』


トヨタ アルファード

犯人が 特定できましたので 


コンデンサーの交換を 行います



この お車は 


コンデンサーとラジエター が 共締めされて



ラジエターと一体で 外してやりますので



意外と手間が 掛かります


トヨタ アルファード



クーラントを抜いて ATホースの縁も切り


トヨタ アルファード


ラジエターサポート や ファン も取り外して



トヨタ アルファード


一体となった ラジエター & コンデンサー を取り外します


トヨタ アルファード


分解してコンデンサー 単体にします



左  : 新品                     右 : 取り外し品


トヨタ アルファード


コンデンサーとラジエターを ドッキングさせて


トヨタ アルファード


取り付けます


トヨタ アルファード


取り付けが 終われば


真空引きをして   そのまま長時間、放置させてから



真空状況を 確認します。


トヨタ アルファード



確認が 終われば


ガスを注入していき

トヨタ アルファード


エアコンを 作動させてみます

トヨタ アルファード


それに ラジエターも 外していますので


トヨタ アルファード

テスターを繋いで


エア抜きの方も 同時に 行います


トヨタ アルファード


そうこうシテルうちに




.6℃』



なんだか 激サブ!


トヨタ アルファード



リヤ側の 吹き出し口も エラい事に!



この車 ってスゲェ~ 

トヨタ アルファード


大きなトラブルに 巻き込まれることなく



無事、納車となりました






車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示