FC2ブログ

トラックのキャビン載せ替え交換!やってみるかっ!?最終回【マツダ タイタン パワーゲートトラック編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回の続き



怖い 思いをしながら 


大したケガもなく 無事に キャビンを降ろせましたが


身動き出来ない トラックを このまま放置して   


別の作業に移るほど 工場の広さに 余裕が有るハズも無く


なんとか 「移動可能!」を 確保するまで


急ぎで! やってみましょう!  


DSCN0393ha.jpg

ドナーである 黄色い タイタントラックの


「鼻面」 を ピタリとあわせて 横に整列させます 


ホイストで キャビンを吊り上げて 移動させるので この位置関係が とても重要になります


停止位置が 決まれば 


早速、ドナー車両の ステアリング、ブレーキマスター、クラッチマスター等の機能部品を


シャシから 「縁を切り離す!」 作業を この状態のまま 行います


普段は 車両をリフトアップしてから ヤルものですが


出張修理さながらに 「寝板」 を駆使して 車両の下に 潜り込んだりの作業! 


この時点で早くも 「グッタリ」 です


思いのほか 時間は掛かりましたが 「縁切り」 を終えましたので


スリングを キャビンに 巻き付けて 吊り上げ準備へと 移ります

タイタン トラック

巻きつけを 完了しましたので


キャビンの 連結ボルトを外して


タイタン トラック 

すると

いきなり 「グラッ!」 っと きた!


予測は していたものの  予想を 超える 振り幅で



 「ヒヤリ!」  


ここまで ウマくいったてから 余計に 「ドキ ドキ」 です


タイタン トラック

心臓を 「バク バク」 させながらの 作業は


 「体に悪い!」


寿命が 縮まりましたわ!



DSCN0403ha.jpg

例のごとく 

「ジワリ~ 」 と  慎重にホイストを操作して


キャビンを 持ち上げてみて 様子を 伺います


『どうも なさそうだ!』


タイタン トラック

そして 揺れが落ち着いた頃を 見計らって


キャビンを 少しずつ 左にスライドして行く訳ですが



動かして 止めた瞬間 、  『わぁッ!』  



キャビンが振り子のように  ブラブラ揺れだし


『何とも 気色が悪い!』


タイタン トラック


その揺れを 手で補正させながら


載せる車両に 近づけて いきます



タイタン トラック

チビリ チビリ と 時間を掛けて移動させ


目測で  『この辺りで イイかいな!?』  って 所で停止させて


キャビンを 「ドッキング!」 体制に 入ります



タイタン トラック

マウント目掛けて キャビンを ゆっくり降ろしてみると 


 『ヤッパリ や!』  


ボルト穴が  『思うように 合わん!』   『どうやら 少しズレてる ようだ!』


予想?予定? は していたももの  今更ではあるが  「ボルトを 食わせる!」  には


『やはり 手こずり そうだ!』  


『でも やるしかない!』





 「迫り来る身の危険!」 を感じつつ  ひたすら  偶然?を期待して!  ネジネジを試みます 



DSCN0408ha.jpg

どうやら 「日頃の 行いが 良かった?」 ようで


何とか ボルトが 食い付いてくれまして 


見事 キャビンの取付に成功!  


ココまでくれば  「圧死!」 だけは 免れたようだ


タイタン トラック

「身の安全!」 は 確保されましたが  


まだ、先は長い!  ココで 一息ついてる場合じゃないみたい!


この車  依然と 身動き出来ないので


次の作業である  内側の ペイントを してみましょう!  


タイタン トラック


「ドンガラ!」 なので 簡素な マスキンングを 施して


ペイントします



タイタン トラック


DSCN0441ha.jpg

タイタン トラック

とりあえず 内側のペイントが 済んだところで


身動き出来る!最低限のパーツである


ブレーキ、クラッチ、ステアリング関係の機能部品を 組み付けておきます


タイタン トラック

タイタン トラック

最後に クラッチとブレーキの オイルラインのエア抜きを 済ませれば


移動も 「OK」 です


タイタン トラック

少し落ち着いてきた ところで


板金作業を やってみることに!



この車 バンパーブラケットも 強くヒットさせてますので


コレを 何とか しましょう

タイタン トラック

ブラケットは 直接フレームに 溶接によって 取り付けてあり 取り替えるのは 結構大変!


なので


グイグイ引っ張って 修正で 対応してみます


タイタン トラック

ガチャコンで グイグイ やってみるが


『思ったより 手ごわいぞ!』



こうなれば  お決まり! の   「ヤツ!」 を 使ってみることにします


タイタン トラック

『やっぱり 頼りになる ヤツだ!』



『コレは こんなもんで イイだろう!?』

DSCN0468ha.jpg

化粧ペイントを 施し 


バンパーブラケットは 一先ず 完成!

タイタン トラック

続いて


この車の為に 特別に!? 用意した コレを使います


タイタン トラック

ドロ っと した感じが いかにも効きそう!


見栄えは ともかく 


防錆コートに 重視して  ハケを使い


「床抜け修理!」  の所を 重点的に  タップリ ベッタリ と


「これでもかっ!」 って位に 塗りたくって 処理をしときます



DSCN0462ha.jpg

防錆処理の次は


「ヘッドランプの 問題!」  


2灯式 ヘッドランプ用の ブラケットを つけてみます



タイタン トラック

破損が著しかったブラケットは 新品を 使うことにして


右に映ってるのは 現車から モギとっての再利用です


タイタン トラック

「バチッ バチッ」   と溶接して   ブラケットを 取り付けます


これで、 4灯式  から 2灯式  へ 変更になります。


もちろん 写真には無いですが 配線の加工も 施しております。


「いかにも 簡単そう!」  に見えるのですが




ココに 至るまで   



 事前の 「調査!」 「検討!」 して 「形にする!」 のが 大変なのです



タイタン トラック

いつの間にか 深夜に突入しておりますが


『外板ペイント だけは やっておこう!』 



 との思いで 臨みます

タイタン トラック

タイタン トラック


DSCN0484ha.jpg


タイタン トラック


タイタン トラック

タイタン トラック

最後に フロントパネルを 「黒塗り」 して


本日の作業は 終了したいと 思います


『それにしても 疲れた!』


タイタン トラック

寝たと 思ったら 『もう!朝やっ!』

朝は 来るのが 早いもんです


では、今日も がんばってみましょう






今まで作業を 進めつつも 気になっていた!


微妙な アールで 仕切られていた ツートンカラーの再現方法です


この朝  ふと 思いついた!  コレを 使って 試してみたいと 思います

タイタン トラック


残骸となった 旧のキャビンに 張り合わせてみまして


「型取り」 を 試みます


何度も 「シワ」 に なって ウマく 行かなく 諦めかけましたが 



 奇跡的!?に 成功!  


『なんとか ナル もんです!』


タイタン トラック

それを 剥がして


コチラの キャビンに 合わせて


「ライン決め!」  してみます

タイタン トラック

タイタン トラック

後は マスキングして


タイタン トラック

ブルーの ペイントをして



タイタン トラック


DSCN0530ha.jpg

ツートンカラーの 再現が出来まして



残すは パーツ達の組み付けを 残すばかり!

DSCN0532ha.jpg
インナーパーツを 組む前に!


未だに 気になる 「床抜け修理」の 後始末


コレを 使って


DSCN0535ha.jpg

さらに 補強を してみました


不燃性?で 熱を加えれば ゴムの様な 質感になり


クッション性と フィット感が バツグンで 


この箇所には ピッタリな素材です


「念には 念を!」 で 3枚重ね!   これで 「良し!」 と しておきましょう


DSCN0536ha.jpg

内装パーツを 組み上げます。





破れていたフロアカーペットが


よもやの 「生産中止!」 であったので


目隠しを兼ねて  ハンドメイドのカーペットを 敷いて 最終補強です



DSCN0543ha.jpg


タイタン トラック

外装パーツも 組んで


DSCN0551ha.jpg

無事、「異種?キャビンの載せ替え」 の 完結です



『いや~~ それにしても 長かったぁ~!』



『我ながら ココまで 出来たもんだ!』


こんな仕事は めったに無いので 良い経験となりました。



 『ちとは スキルが 上がったかな? 』


============================================================================


この前 近所の道路で 
 

この車が 走ってるのを 見掛けました


『どうやら 無事に使ってる みたいだ!』 (笑)




車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

トラックのキャビン載せ替え交換!やってみるかっ!?③【マツダ タイタン パワーゲートトラック編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回の続き



業者オークションで購入した トラックの室内周りの 

 
「床抜け修理!」が終わったので 



事故でダメになった このキャビンに 手を付けていきたいと 思います


タイタン トラック

前回でも 室内を バラした お陰で


要領も把握しておりますので 手際よくいってみましょう! 

タイタン トラック

先ずは 目の前の ステアリングを グイっと 外して


タイタン トラック

コラムカバーを バラしていきます。

タイタン トラック

続きまして コンビメーターの取り付けビスを取り


メーターを起こして 僅かに出来た その隙間から 手を忍び込ませて


繋がっている配線カプラーとを引き抜いて 取り出すのですが


このタイタンは スピードメーターの作動を 昔ながらの ワイヤーを通じて 動かしており


そのワイヤーケーブルの 「遊びしろ」 が 極端に 短くて 思うように引き出せないのが難点。


タイタン トラック


なんだかんだ 強引!さも 織り交ぜ 


苦戦しながらも なんとか


メーターを抜き取りまして 


タイタン トラック

後は ただひたすら 目の前にある 数知れないビスを 


「クリクリ ネジネジ」と


ドライパーで 回して抜き取って いきます

タイタン トラック

ダッシュが 外れましたが


エアコン、ヒーター、ワイパー ブレーキ、クラッチ 等々の機能部品達が


ギッシリ残っておりますが

タイタン トラック

ここで フロントガラスを


先に 取り外しておきます

タイタン トラック

左側に位置する エアコン、ヒーター、ブロアなどを 取り除きましたので


残るは ステアリングシャフト、ブレーキ、クラッチを 残すばかり

タイタン トラック

コレを 取ってしまうと 「身動き」 が取れないので


あらゆる想定を思い巡らせ 最終確認を 済ませてから 

タイタン トラック

「ブチッ ブチッ ブチッ!!」  


っと 破天荒!?に やってしまいます


タイタン トラック

ここまで 「やって しまった!感」 たっぷり


一度 やってみたかった 「キャビンのドンガラ!」 


しかし これで、エンジンは掛からないし、車体を押しても 舵を切る事も出来ない


それに ブレーキもないので 止まる事もできない 「亀」 状態

タイタン トラック

キャビンに 収まっていた 部品達を


外しては 後ろのボディーに 積み込んで行き と言う作業を 繰り返して行くうちに


いつしか 「知らぬ間にか こんな姿に!」




バラシで 分かったことは 


「キャビンの中身は 場所を取る!!」 

タイタン トラック

残るは キャブロックの部品だけとなり

タイタン トラック


これを 外して


いよいよ キャビンを吊り込みに 入ります


タイタン トラック


今回、この為に 用意した コレを使って 


吊り上げたいをと 思います

タイタン トラック

ドアを締め切った状態で スリングをキャビンに巻きつけて


その先を 引っ張り上げるホイストの フックに引っ掛けて


ある程度の テンションを掛けておきます

タイタン トラック

それから、キャビンの下に潜り込み


つっかえ棒を外したり、取り付けボルトを外して行きますが


新車の段階で組み付けて以来、外した事のない? 箇所であるが故


サビつきも起こしているので カチコチで 難儀します


その上、ボルトを緩める度に キャビンがグラつき 恐怖感たっぷり


何かの拍子に キャビンが身体に 乗っかってきたら 


『たまったもんじゃない!!』


タイタン トラック

最後のボルトを 外した瞬間 


「事」 が 起こった!!


「グラッ!」 



慌てて 何とか手で キャビンを押さえるものの 


「成すがまま!!」


幸い スリングのネジレによる グラつきで 納まりましたが


『全くもって 気持ちの イイもんじゃない!!』

タイタン トラック

何とか キャビンの吊り上げに成功して


「恐る 恐る!」 キャビンを 上昇させてみると



『なんとも なさそうだ!!』


タイタン トラック
タイタン トラック

こうやって 何枚かの写真を撮ってみたものの


カメラのモニターを 「凝視!」 なんか出来る余裕もなく


気が気でない状態が 続くので


この辺で 一旦  「撮影中止!!」 


タイタン トラック

ホイストを 横にスライドさせて 


準備しておいた 軽トラの上に!

タイタン トラック

軽トラに ウマく乗っかり


よく見ると 


『軽トラの荷台の寸法って トラックのキャビンを載せるのに ピッタリや!!』 



妙~に 関心してしまいます。

タイタン トラック

キャビンを 取っぱらった 「この絵面!」


エライもんで キャビンが無くなれば 


どんな? 車だったのか  判らなくなってしまいます

タイタン トラック

こんな状態やったら 


『エンジン整備しやすいでぇ~』 って単純ですけど


タイタン トラック


それにしても


『これまでは 幸い ウマく いった!』



しかし

『キャビンは 外せたものの ウマく載せられるかいな?・・・・・・・』




次回に続く


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示