FC2ブログ

水が漏れてるぞ!ウォーターポンプ&ホース修理【ホンダ アクティ・ストリート編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は 


車検で お預かりしました



仕事に! 街乗りに! 最適な ワンボックスタイプの 「軽」



ホンダ ストリート(HH3) です  


ホンダ アクティ ストリート 


お客さん曰く


「普段は 月に数回の ちょこっとした買い物に! そして 年に数回の墓参りに 使うぐらいで


 全然乗ってないし、 どこも悪くないので・・・・・・・・」  



ホンダ アクティ ストリート 

と お決まりの 常套句?


車齢が そこそこ逝ってるので 怪しさ満点!


タイヤを外して 見ると



早速  「発見!」



「アカ~ン やん!」  「水が漏れてるやないかいっ!」 


ホンダ アクティ ストリート 


エンジンを掛けている 間は



「ポタ ポタ」  滴り落ちてきます  



「滲みやっ!」 みたいな程度なら どうにか誤魔化しで? なんとかやってみるところですが 



それどころの次元じゃなく   ガッツリ  「アウト」  です


ホンダ アクティ ストリート 

ウォーターポンプや! というよりは



その辺り 全部や! って感じ  


ホンダ アクティ ストリート 

リヤゲートをオープンして


ホンダ アクティ ストリート 

エンジンサービスカバーを 開けて 見渡すと


怪しさが プンプンしてきます
 

ホンダ アクティ ストリート 


下から 覗きこんでみたら  「ヤッパリ!」

 
アッパーホースからも チョロチョロ と  クーラントが 漏れ出していて


これまた アウトです  



ホンダ アクティ ストリート お


お客さんに 報告しますと  


「しゃ~ないなぁ~  水漏れ関係、修理しといて~」


と シブシブ? 了解してもらって バラし 開始です



ホンダの この手のエンジンは



タイミングベルトに カバーが掛かっているのは 勿論ですが



ファン&クーラー ベルトまで カバーが掛かっているので



点検や バラし にも 手を焼かせる やり難いエンジンです



ホンダ アクティ ストリート

ホンダ アクティ ストリート 

タイミングベルトが 見えるところまで バラして

ホンダ アクティ ストリート

ホンダ アクティ ストリート 

ウォーターポンプの 周囲を見ますと


カビが生えたように  


あちこち クーラントが 漏れ出した 痕跡が あります


ホンダ アクティ ストリート 

では、ホースを 取り外していきます


ホンダ アクティ ストリート 

アッパーホ-スも交換です

ホンダ アクティ ストリート

ホンダ アクティ ストリート 


ホースが 終われば


サーモケースと ウォーターポンプ を 外します


ホンダ アクティ ストリート 


サーモケースの取り付け部分からも


染み出している 感じが 分かります


ホンダ アクティ ストリート 

長年 お役に立った サーモスタットも



この際 交換しておきます


ホンダ アクティ ストリート 

サーモケースを 取り付け 


ロアーホースと ヒーターホースも 


当然 交換しておきます


ホンダ アクティ ストリート 

お次は  ウォーターポンプを やります


このウォーターポンプは Oリングで シールして 水漏れを防ぐタイプですが


右の 取り外した ヤツ には 液体ガスケットも 合わせて 塗られています


不安要素たっぷり? の メーカー設計?



この辺りが ウイークポイント かもです



左の新品 Oリングは 幾分か 太く見えます



って事は 「対策 Oリング?」  



ホンダ アクティ ストリート 


ウォーターポンプの 取り付け面を きれいにして 準備しておきます

ホンダ アクティ ストリート 

ウォーターポンプを 付けまして


ホンダ アクティ ストリート 

タイミングベルトも 張り

ホンダ アクティ ストリート 

後は バラした パーツ達を 組み付けまして

ホンダ アクティ ストリート 
組みつけが 終われば


クーラントを入れて エア抜きをしていきます


ラジエターが前にあって エンジンが後ろにある


リヤエンジンタイプの車は  とにかくウォーター経路が 長い上に


ホースや パイプの アップダウンも 絡み合って  エアが抜けにくい構造になっております



「抜けた かな?」 と 思って放置してたら


「空焚き」 になってた と言う話も聞きますので 要注意!

ホンダ アクティ ストリート 

エア抜きが 済んだら


漏れを確認して 終了です


車検も 合格して 無事 納車となりました。


==================================================================================


よく オーナーさんから 



「調子が ええで!」 「何も悪いとこ 無いで!」  という事を聞きますが



そんな場合に 限って 「何かが 有る!」 事が多い様に 思います。



大抵そんな場合は 「乗っている感覚だけ」 の判断でしかなく



あらゆる箇所が 悲鳴を上げてるものです



特に エンジンに対しては 「オイル」 と 「水」 関連が



最も重要な 整備箇所であり 寿命を左右させる 「生命線」 であると言えます



「事が 起こってから」 「問題が 起こってから」 「異常を感じてから」 の修理は



時に 原状回復が 見込めない場合が ありますので 



「予防整備」に 勝るもの無し と 思うのですが・・・・・・



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

暑いっ!効かない!エアコン修理しよう!【三菱パジェロ編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は


「ネットを 見ました!」  で 入庫いただきました


三菱 パジェロ (V43W)車両です。





三菱 パジェロ 

お客さん曰く

「エアコンが 効かなくなった事に気づき 立ち寄った ガソリンスタンドで

 ガスの充填をしてもらったのですが  1時間もしない内に また、効かない状態に逆戻り
 
 どうやら ガス漏れしてる感じ? 室内から音もする?・・・・・・」


と言う感じだそうです



三菱 パジェロ 

では、点検してみましょう!


エアコン スイッチ オン! で効き具合を 診ますと


なまぬる~い 風 が  「ブォ~~~」  ただ出るだけで  余計に不快に感じます 


全く コンプレッサーが 働いておりません  


三菱 パジェロ 

では、「ガス漏れ」 で あろう所を 捜索してみよう! と ゲージをセットして



真空引きガスチャージを 試みますが


三菱 パジェロ 

10分待とうが 20分待とうが 


これ以上 ゲージが 下がってくれないので   ガスチャージ出来ません。


ガソリンスタンドでは どのように?  ガスを充填したのか?


疑問が残ります 


三菱 パジェロ 


原因を追究するために  


無理やり? 圧を掛けて見る事に!


三菱 パジェロ 

圧をかけてみたものの 


ゲージの針 が みるみる 下がっていきます


「完全にもれてるぅ~~」  って事は 分かりますが



「さ~あ 何処や!」  



圧が下がりきる前に 捜索やっ!



三菱 パジェロ 

お客さん が 言っていた 


「何やら 音もした?」 


室内の怪しい所に  耳を傾けて じっくり聴いてみますと



「シュ~~ シュ~~~・・・・・・・・・・・・・・」



ハッキリ とした音が エアコンユニットから  聞こえましたので



ユニットの 「バラシ」 が 決定!!  


三菱 パジェロ 

グローブボックスを 外して


ユニット目掛けて  あれや これや と バラシます


三菱 パジェロ 

三菱 パジェロ 

外した ユニットです


三菱 パジェロ 

エバポレーターの 様子を 見ますと


意外に ? 年式の割りに? 綺麗な姿です


三菱 パジェロ 


エバポを 取り出し 目視で 漏れの箇所を見てみます



通常、エバポ から ガス漏れを起こした場合は 腐食によって 「穴」 が明き


そこから ガスが漏れると 共に コンプレッサーオイルも 漏れ出るので


オイルで ベタついているものですが    それが無い!?


なので 「コレやっ!」 って所が 見当たりません

三菱 パジェロ 

エバポから 漏れている事は  


ほぼ 間違いない ところでは ありますが


最後の 「確証」 を得るために 


水を張った 容器に エバポを 沈めて

三菱 パジェロ 

圧を 掛けて みます


「ブクブク」  と 出てきて


やっぱり 「ビンゴ~!」  でした

三菱 パジェロ 

取り出して その辺りを 見ても ハッキリと分かる箇所は 見当たりませんが


どうやら 「中の方?」 から 漏れてる みたいです。


いずれにしても  コレ は 交換やっ!


三菱 パジェロ
(左 : 取り外し品)                            (右 : 新品)

三菱 パジェロ 

三菱 パジェロ 

ガス漏れを 起こしているにも関わらず オイル滲みの 形跡が 見当たらない?


これは エアコンシステムに欠かせない 「オイル 不足!」 を意味していて かなりヤバイ!


なので オイルも入れておきます。


では、組み上がった エアコンユニットを 取付けていきます


三菱 パジェロ

三菱 パジェロ

三菱 パジェロ 

ユニットの取り付けが 終わりまして


エアコンシステムの機能を 保つために重要な 部品のリキタン。


これは 「問答無用!」 で交換です

三菱 パジェロ

三菱 パジェロ

三菱 パジェロ 

Oリングも換えまして パイプを 連結させます

三菱 パジェロ 

すべての 組み付けが 終わったところで


早速、 「真空引き」 を行います 


三菱 パジェロ 

ガス漏れが 半端ないこともあり


いつもより 長~く  「真空引き」 してやる 必要が あります


しっかりと 真空引きが 出来まして


いざ 「ガスチャージ!」  みたいな事はせず



このまま 放置させて ゲージの 行方を 確認してからガスチャージをしてやります



三菱 パジェロ 

今回 入れるガス は これ!


とうの 昔に 生産中止!! の  「R12 フロンガス!」 


高価な上に 今後さらなる 入手困難が 予想されますので


現行ガスの 「134Aに仕様変更させましょう!」 と 提案しましたが


お客さんの 返事は  「R12でっ!」  と言う事です


三菱 パジェロ 

長時間  放置させた後   「真空状態」  を確認し



問題ないと 判断しまして



いざ 「ガス 注入!」  



三菱 パジェロ 

エアコンスイッチを オンしまして


三菱 パジェロ 

早速、噴出し口での 温度を 測ってみますと


こんな感じです 


当然 まだ、「送風」

三菱 パジェロ 

エアコンシステムに ガスが 回りはじめて コンプが作動し



少しずつ 効き始めてきました 


三菱 パジェロ 

エアコンガスは  「入れりゃ~ 冷える」 てな ものじゃありません。



「入れ方」  「入れる量」 に よって 冷え具合が変わる事が ありますので



ゲージを 注意深く見守り  ゆっくりと ガスチャージすることが 重要です


三菱 パジェロ 

ガスチャージをしていきまして


どんどん 冷えていきます


三菱 パジェロ

三菱 パジェロ

三菱 パジェロ 

三菱 パジェロ


ここまで くれば 十分ですが


「この温度計  ホンマに 合ってる~?」  って  疑心暗鬼になりましたので



「アナログ式!」 でも 確かめてみると  「大差ナシ!」 で 一安心


三菱 パジェロ

納得の  「冷え方!」 になり  これで OKです!

三菱 パジェロ


これで無事、納車となりました



===============================================================================


まだまだ 暑くなっていきますので  



これから エアコンの効き具合は 顕著に表面化してきます



この時 「効きが あまい!」って感じたら 



安易に 「ガスを補充しよう!」 と考えガチですが



この発想が ヤバイ のです



「効きが悪いので どこやらで ガスを入れてもらったのですが  どう~も?・・・・・・・」



みたいな話を よく耳にします




実際には 「ガス漏れ」 であったり 「エキパンの詰り」 であったり



    「コンプが悪い!」 であったり 「電動ファン」 であったりと



エアコンサイクルの何処か? が オカシイ事が 殆んどです



ガスチャージの前に 修理だと思うのですが・・・・



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示