FC2ブログ

タイミングベルト交換!ついでに水&オイル漏れ対策!?【イスズ ピアッツァ修理】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回の続き



メーカーが

“一肌脱いで 部品を造ってやろう!?” ってな感じかは わかりませんが



長~~い事  待たされた末 ようやく部品が入ってきたので   



早速、入庫頂きました イスズ ピアッツァ車両です

ピアッツァ

部品待ち! の間  



ラジエターサブタンクの 冷却水が 



どんだけ? 減っているのかを 見た所  大した事は なさそうです



しかし 汚れの方は   「クーラント」  と言うよりは    「淀川の水!」 



このバラシで 洗浄が出来るので 良い機会では ありますけど


ピアッツァ 


では、タイミングベルト、ウォーターポンプにホース 、サーモスタット に カム&クランクシール



 「この際 やれる事は 同時にやりましょう!!」   修理の 始まり はじまり~


ピアッツァ 

まずは エンジンバラしの出発点


オルタ や エアコン の ベルトを 「サクッ」 と外しまして


ピアッツァ

ピアッツァ 

ラジエターシュラウド カップリング も  「ザクッ」 っと外します


ピアッツァ 


年代モノ?の ラジエターも取り外して


フィン周りの 掃除と コアの内部洗浄を しておきます



最近では アルミ製コア と 樹脂タンクを 組み合わせた ラジエターになっており

 

一度、漏れが 発生すると  「交換や!」  になります



一昔?前までは  ラジエターといえば


オール金属で 出来ており   タンクに ピンホールが 出来て 水漏れを起こした場合は 


「溶接修理!」 で何とか対処できたものでしたが・・・


最近は そんな光景も お目に掛かることが すっかり無くなりました


ピアッツァ 
クランクプーリーのボルトを  「パキッ~ン!」  と 折れるかのごとく 


物凄い音を たててながらも なんとか緩めまして


ピアッツァ 

プーリーが 外れました

ピアッツァ 

が! しかし


プーリーの取り付け フランジが  ガッチリと クランクシャフトに 噛み付いて


なかなか抜けて くれません

ピアッツァ 

そんな時は sst  を使って

ピアッツァ 

抜き取ります。


よくみれば 単なる サビ付き とは 様相が異なり   「赤褐色したモノ」 が 付着しております



「確か~昔のエルフも こんな事、されとったよなぁ~」 って ふと思い出しました。



特種なボンド? で ボルトのネジ山に 塗布して締め付けて 


暫くすると そのボンドが硬化して   「抜けませんよ!」 ってヤツです


「クランクシャフトに そんな事してる車なんか 見たことないわっ!  イランことすんなよっ イスズ!」 って感じです。


ピアッツァ 

ようやく タイミングカバーが取れまして


ピアッツァ 

ベルトを 外します


ピアッツァ 

カムシャフトプーリーを とってみたら


今まで   「怪しい 怪しい? タイミングカバーの 下が オイルで濡れている?」 と 秘かに思っていた謎?


ようやく 掴めました。


カムシールから 「チョロチョロ」 出ているのが ハッキリわかって 納得です


ゴム部品は  「実働」 もそうですが  やはり 「経年」 には 勝てません


ピアッツァ 

オイル漏れによって ベタ付いた所を 綺麗にふき取った後


ウォーターポンプを 外します


ピアッツァ

ピアッツァ 

クランクシールからは 漏れてる様子は 無かったですが


これも  「近いうちに 漏れ出す!」  と いけないので 交換が必要です



安く済ませる為に 

「イケる 所は そのままで!」  との要望で 仕方なく放置して 作業をした事もありますが



暫くして   「漏れ出した!!」   



 と 後で 嘆くお客さんも 数知れず 見て来ましたので ・・・・・・


ピアッツァ 

クランクシールを 抜きます

ピアッツァ 


漏れていた カムシールも 抜きまして


ピアッツァ
上段 : やつれた部品  


下段 : 新品


ピアッツァ 

走行に対して なんら違和感もないし  支障もなさげですが


以前から?  どうも 水温計の示す位置が  「変?」 かも


と言う事で


ついでに サーモスタットも 取り替えてやります


ピアッツァ 

「整備士に対して 嫌がらせ?」 


もっとやり易い ええ場所に 付けとけやっ! と 言わせたい様に


奥ばった 所に ひっそりと サーモスタットが 居座っています


ピアッツァ 

外したサーモスタットを 比べると 僅かではありますが


隙間が 出来ており  弁を閉じ切れておりません


エライもんで この程度でも   「メーターの指針が変?」  ってことにも成るものです


ピアッツァ 

さあ~ 組んで行くぞ!


と 思いきや ウォーターポンプパッキンの こびり付きを メクリ取っていませんでしたので


これを 剥がしていきます


この 「紙パッキン」  って言うヤツは 


スクレパーを使ってみたり 特種薬品を使ってみたりで やるのですが


この様に 年数が経てば経つほど メクリが大変で 30分以上格闘する事も しばしばあります


ピアッツァ

何とか かんとか メクリが終わって

ピアッツァ 

さあ~ 組むぞ!


と思い  オーターポンプを 見比べると


新品部品には   「ストッドボルトが な~い!」



そ~言えば  昔も 付け替えていたな~   って思う反面



「これぐらい 付けとけ~ イスズ~!」   と叫びたい

ピアッツァ 


古いウォーターポンプから スタッドボルトを もぎ取り


新しいヤツに 付け替えて いくのです

ピアッツァ 


4本すべての   「ボルト移植」 が 済みまして


ピアッツァ 


今度こそ!


さあ~ 組むぞ~!


手始めに カムシールを 打ち込んでいきます


この車   「部品供給が 困難?」  故に 失敗が命取り?


なので 慎重に 打ち込んでやります。

ピアッツァ 


クランクシールも バッチリです

ピアッツァ 

簡単なようで 意外と時間の掛かる


ウォータポンプも ドッキングです



ピアッツァ

ピアッツァ 

では、 本命?の タイミングベルトを 掛けて行きます



よく見ると プーリーに掛かる 凸の高さは  最近の車に比べて 低いように 思われ



早めの交換が 良いかもです



ピアッツァ 

アイドルベアリングも 当然! 交換です  


ピアッツァ 


位置を確認して 張り具合を調整して


ピアッツァ

オイルで ベタついた タイミングカバーも

ピアッツァ 

ピアッツァ

サッパリさせて 被せます

ピアッツァ 


長年、締め付けられて 



ゴム本来の 弾力性を 失った ATクーラーホースも お役御免で


ピアッツァ 

新品ホースに 交換して 


しっかりパイプに 食いつき 当面は安心です

ピアッツァ 


ラジエターホースも  「グイッ」 って 


締め付けの後が ありますので アウトです

ピアッツァ 

やれたホース達の交換が 終わり

ピアッツァ 

水を入れて  

エンジンを始動させて エア抜きをしていきます

ピアッツァ 


数分経った位 からでしょうか



今まで 頼りなかった 水温メーターが 



本来あるべき姿? に 戻り 一安心

ピアッツァ

最終チェックを済ませて


「この際 やれる事は 同時にやりましょう!!」 の修理が終了しまして

ピアッツァ 

無事、納車となりました。



ありがとうございました。


===================================================================================



今も昔も タイミングベルトの交換目安は   「10万kmで!」  と言うことですが



これは あくまでも目安で   「早ければ 早い程!!」 に越したことはないと 思います



その昔、   「メーカー推奨! 10万kmで交換!」  にも関わらず



5万km代で 「ブチッ」 と逝き  ・・・  の 車を何台か 見てきました



『10万km交換! 違うんかいっ!』 と お客さんが 嘆くも



それなりの 車齢が いっており  「メーカー保証は NG!」  で   




「自己判断」  「自己責任」 に委ねられる 事を 思い知らされました。




ゴム部品は  「距離」  と  「車齢」 を 加味することが 重要みたいです



ですが

「年間走行距離 500km!!」  って お客さんが 居てますが



こんな時   「どう~するぅ~」  って  悩み中 (笑)


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

水漏れは 何処だ!? 【イスズ ピアッツァ修理】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回の お車は



以前にも お越し頂いてます 毎度、毎度お馴染み?の ピアッツァ車両です  



ピアッツァ

お客さん 曰く


『いつも通ってる ガソリンスタンドで エンジンルームの中を 見てもらったら

 ラジエターサブタンクが 空っぽで 慌てて保水をしてもらったんだけど 

 それ以降 水の減りが 気になって ちょいちょい ボンネットを開けて確かめてみるが

 ど~も 減ってる みたい? ・・・』



気になるので 診てほしい との事です


早速、ボンネットを オープンして

ピアッツァ

サブタンクを見てみますと 確かに 減っています  



しかし、減り具合からして  「ポタポタ」  漏れてる感じは  無さそうですが



放置しておけば いずれは 無くなり 「オーバーヒート」して エンジンが お釈迦に!なんてことも



早期の 原因追及が 望ましいのですが



「いつから?」  「どの程度?」  が お客さんも 分からず



その辺りが難儀です


ピアッツァ

下回りを じっくり確認してみますが


「これやッ!」 って感じの ところは 無いです

ピアッツァ


この状態では 埒が明かないので テスターに頼って調べて行きます



「グイっ」 っと 高めに圧力を掛けて



一昼夜、ほったらかしにして 結果が出るのを 待ってみます  

ピアッツァ 


丸一日以上 やってみたが  変化が 「これっぽっち?」  



確かに 針が 下がっているので   「何処かで!」  「何か が有る!」 って程度



場合に よっちゃ~ 漏れてても すぐに乾く かも?  



ヘッドガスケットの 軽度な弱り や


ダッシュに覆われて 目視確認が 出来そうもない 「ヒーターコア」 だと


断定に苦労するので   「分かり易い所で あってほしい~」   と願うばかりです  

ピアッツァ

よくアリガチな ウォータポンプを 期待を込めて?  



覗いてみるが 「やっぱり! 漏れてな~い!」  残念!  



易々と 許してくれない 旧車です

ピアッツァ


エンジンルームを眺めてみても 「ジャジャ漏れ」 する箇所は 見当たらず



ラジエターを始め ヒーターホース や バイパスホース 



それを 連結する パイプの腐食 や ガスケットの不良を じっくり 診て行きます


ピアッツァ

すると 上から見ていた時には 分からなかったが


ホースの取り付け部分の 下から 「ジワリ」 と 出ているのを 「発見!」   



「漏れてる!」  と言うより  「湿ってる?」 ぐらいで



漏れるのと 同時並行して 乾き始めてる感じ



そりゃ~ お客さんも 気づきませんわ~   


ピアッツァ 

サブタンクが  「空に なってた!」  との事だったので



排ガスの 吹き戻しも 念の為、確認しておきます


ピアッツァ 

冷却水の状態を 見てみますと



重症に至るほど ヘッドガスケットは ヤラレておらず



エンジンは ダメージを受けていないようなので 一安心です



ピアッツァ 


と言う事で


お客さんに  

「どうやら ホースが弱っていて 取り付けの所から 漏れていますので・・・・・」


と告げますと




『どうせなら 、この際 タイミングベルトや ウォーターポンプの辺りも やってほしいので・・・・』



で早速 、関係部品の 問い合わせを してみることに!



メーカーの  「暫定的 回答?」 が  驚愕の 『3ヶ月 待ち !!』



その事を お客さんに伝えますと


『海外モノ なら 個人輸入によって 2週間程で 入手も可能? しかも格安? で迷うところですが


 海外仕様との 「互換性?」 「精度の信頼性?」 に疑問を感じるしぃ~


 そんな訳で あくまでも made in japanで!』



幸いにして 水漏れの感じも   「気をつければ 乗れる!」  程度なので



メーカーの言いなり? で  気長に 待って頂くことが 決定!
 


次回に つづく

車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

えっ!ミッション? 異音の修理 【トヨタ スプリンターマリノAE101】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

 前回の つづき



漏れ!漏れ!修理が 完了した トヨタ スプリンターマリノ(AE101)です



いざ! 車検を 受けるべく   最終チェックの 「足の向き」を 測定してみます


トヨタ スプリンターマリノ 

テスターにタイヤを 転がしてみたところ


いきなり     「ぶぃ~~~ぶぃ~~~」         猛烈な ブザー音が 工場中に響き渡り


壊れんばかりに  メーターが    「レッドゾーン」  を振り切り  測定不能 に!



こんなの 通常の状態では 考えられませ~ん



事故を起こし 激しく足回りに ヒットさせたなら 分かりますが・・・・


トヨタ スプリンターマリノ


とにかく 「足」を 元に戻してやります


トヨタ スプリンターマリノ

こんなもんかな?


って グリグリ ネジネジして


トヨタ スプリンターマリノ

測定しまして


「まだ、足らん! やり直しやっ!」

トヨタ スプリンターマリノ 


調整 ⇒ 測定 ⇒ 調整 を 繰り返し


トヨタ スプリンターマリノ 

ピッタリ うまい事 いきましたので


こんへんで ヤメときます



予想外に 「足」 調整に 苦戦してしまい  慌てて 車検に 向かいます


予定していた時間に ギリギリ間に合い 何とか 車検も 合格しまして

トヨタ スプリンターマリノ 


その、 「帰り道」  「寄り道」  で  異音を 探るべく


色んなパターンで 走行して 異音の 出方を 聞き比べて じっくりと 「吟味?」 して


テストドライブしてみます  


トヨタ スプリンターマリノ 
あらゆるパターン走行しているうちに 


オーナーが言う  「ATミッションからする?」    「ガラ ガラッ」   と言うヤツに なんとか遭遇!



確かに 「ギヤ鳴り」 の ような 気色悪い感じの音ではありますが 



あらゆる条件を頭の中で 思い巡らせて 考えてみると    「ミッション内部の異常?」  じゃないぞ~



しかし 何処や! と言われれば 確かな答えは分からない



あの音かな?  この音かな? と ある程度 アタリをつけておいて 



工場に帰還して リフトアップです


トヨタ スプリンターマリノ

運転している時に 聞こえていた 「異音」 に アタリをつけて見たものの



その時に 目視確認出来る ハズもないので 曖昧な感触しか 得られないのは 当然!



下回りを 点検してみますが  「これが 悪い!」  と確信のもてる箇所を 発見するのに泣かされます



トヨタ スプリンターマリノ 

聞こえた感触では


オーナーの 言う通り ミッション付近? のようなので


リヤ周りは 関係なさそうです

トヨタ スプリンターマリノ 

フロント周りに絞って 探っていきます



パワステラックは ハンドルを旋回させた時に 違和感がなかったし



目視で確認しても ガタツキなど 見受けられないので 「OK」 と しておきます 


トヨタ スプリンターマリノ 

そうなれば   「エンジンマウント?」


しっかし ラバーは しっかりしているし~ 



取付けボルトも 緩んでないし~   



もしかして 迷宮入り?  

トヨタ スプリンターマリノ 

って 思いかけた瞬間  


「修理の神様」 が 舞い降りてきました  


トヨタ スプリンターマリノ 

マフラーの触媒コンバーターを 支えている 「マウント」 から


ニョキッ  と出ている 取付けステーに  「注目!」



トヨタ スプリンターマリノ 


ボルト穴が 「長穴」 となっていて  「調整出来ますよっ!」 って 気が付いたのです



言い換えれば 状態によって 「調整しなさいよっ!」 と言う事です


確かに よく見れば マウントが やや後ろ方向に 引っ張られている感じです


トヨタ スプリンターマリノ

なので 取り付け ボルトを 緩めてみると


トヨタ スプリンターマリノ 

マウントが 中立の位置に 戻ったところで


ボルトを 「グイッ」 と 締めこんでやります


これで 走行中に起きる 前後の振動にも 無理なく マウントが絶えるハズ?

トヨタ スプリンターマリノ

マウントを 締めこんだところで  早速、試運転に出掛けます  



低速、高速、急発進 など 色々と試してみたところ



先程まで 鳴っていたトライブポイントでは  「異音」 が 消えて ヤッホーです  



終わってみれば  「な~んや! それっ!」 ですが 



異音が解消されまして なによりです


トヨタ スプリンターマリノ

オーナーの 悩みの種  「異音」 が解消しまして


無事、納車となりました


ありがとうございました


===============================================================================



異音追求は 



まず、 「こんな時に 鳴る!」  と言う 感じを掴むのに




「アクセルを強く踏む場合なのか?」  「減速の場合なのか?」   「シフトアップ時なのか?」


 
「旋回した時なのか?」 「段差を通過した時なのか?」 「エンジンが温もってから?」 
 


人それぞれ 乗り方や 感じ方が違いますので  そのオーナーの運転状況を再現することは 難しいものです



しかし、「それらしい? 音がした!」  と分かったところで



ドライブ中であるが故に   「音源のする 場所に 耳を 近づけて聴く!」



と言う事が 出来ないので アタリを付けて挑みます



また、「他の工場で 修理してもらってから!」 というヤツは



「経年変化による要因」 に加え 「人為的要因?」 も加味して 




検討する事になる場合が ありますので 特に 厄介です



一般に 「異音が 気になる!」 って言うヤツは 「なんやッ! コレかいな~!」 



みたいな事が 多い様に思いますが



しかし、  その「なんやッ! コレ かいな~」 に 至るまでに 1日~2日間 掛かることが ザラで



整備作業全体で 90%以上もの時間を 「音源の探求」 に費やされる事ほとんどです




なので 異音修理は 難しい~~


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示