FC2ブログ

末期症状を修理しましょう ② 【ボンゴフレンディ・フリーダ ブレーキ編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回の 続き




ルーフに テントをドッキングした 


いつでも 「キャンプに 行けます仕様?」 の


ボンゴフレンディ OEM フリーダです

フリーダ



オーナー様 曰く  


「結構、以前からやねんけど ブレーキを 踏むと 

 後ろの方から ゴーゴーと 音がして いよいよ 危ないかな と思って・・・」

と言う ことです

フリーダ

まず

後ろの タイヤを 外して


ブレーキを 点検   

フリーダ

ローターの 外側が 1mm


パッドの 1mmは よく見かけるが


「強烈」


どこまで、「我慢すんねん」(怖)


限界を 遥かに こえて 逝く寸前



もちろん


パッドも 鉄板を ガリガリに 擦っており


惨劇を 物語ります

フリーダ

新品と パッドの 厚みも 違います

フリーダ

ローターを 取り外すと


ローターや パッドの 削れた 鉄粉カスが 


バックブレートに ビッシリ です 

フリーダ

鉄粉を クリーナーで 清掃してやります   


フリーダ


左が 新品ローター                               右が 惨劇品ローター

フリーダ





フリーダ

フリーダ

最後の砦 

ブーツで 支えられ 

飛び出るのを 踏みとどまった キャリパーのピストン   


フリーダ

「出すぎたピストン」 を 引っ込めてやり

フリーダ

ブレーキパッドを 組みます

フリーダ

キャリパーにも しっかり グリスアップ !!

フリーダ

ローター キャリパー パッドを 組み付け


テスト走行をして 終了です  

フリーダ


思いますに


入庫時に 

オーナー様の


「結構、以前から ゴーゴーと 音がして・・・・」と 


話す「涼しげな表情」 を考えると 「凍りつきます」





あと 2日~3日 入庫が 遅れていたら


完全に ローターが 粉々になり


キャリパーのピストンが 飛び出し


ブレーキオイルが漏れ


高速道路を 走行中ならば・・・・



その日の 全国トップニュースとして


報道ステーションで 「惨劇」を


放送されていたに ちがいない



と思わせる 修理でした



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示