FC2ブログ

燃料漏れ?謎は深まります?配線修理!!②  【日産アトラス OEM エルフ編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回のつづき


謎の「車両火災?」 原因不明で 困らせます


エルフ OEM 日産アトラス 車両です  

エルフ OEM アトラス


配線が こんな感じで パイプと擦れあい? 炎上?



これって あまりにも不自然?


エルフ OEM アトラス

とにかく ヒューズを確認してみます  

エルフ OEM アトラス

とりあえず この辺りの ヒューズかな?


ってな感じで 抜き取り 確かめてみます

エルフ OEM アトラス


やっぱり ヒューズが ブッ飛んでいまして  


エルフ OEM アトラス


ショート切れを起こしており 配線が擦れた為に 「炎上」  と言うのは 薄らいだようですが 



原因が掴めないまま とりあえず 焼けたハーネスの取替をしていきます


エルフ OEM アトラス

ハーネスは 目立たぬように 取り回しされている事が 殆んどなので


いざ 取替え となると そこらじゅうの 部品達を 外さなければならないので


意外と大変な作業です
 

エルフ OEM アトラス


まずは 配線がどのように配置されているかを ある程度、把握しておき


バラしていきます


エルフ OEM アトラス

そこそこ バラしていけば ハーネス全体が浮き出てきて


もう簡単に取り外せそうな 気がするのは 気のせいです


エルフ OEM アトラス

この辺から 意外と大変なものです



見えないところに 配線止めの バンドがあったり 



エルフ OEM アトラス

そのバンドを止めている ボルトが 妙に外しにくかったり 


カプラーが 新車の組み立て時から 一度も外されていないことで 思うように抜けなかったり 


エルフ OEM アトラス

ようやく ハーネスを抜き取った 瞬間です


長年の同じ姿勢だったこともあり


変な癖がついていて クチャクチャです

エルフ OEM アトラス


被覆が溶けた 銅線むき出しの 部分です


普段、なかなか お目にかかれない レアな姿


エルフ OEM アトラス

取り外した ハーネスと 長さや 線の数 カプラーの相違を 照らし合わせてみます


当然、「合っている!」と思いきや ここで トラブル発生!!


一つだけ カプラーの形状が 「違ってるぅ~」


カプラーの形状が 違えば差込が出来ないし  もちろん それを差し込まない状態では 



作動や制御に影響がでるのは 明らかで 使い物になりません



って言うか  「これって違うもの?」 



しかし 心あたりが ない訳ではないのも事実です



というのも 実は 「姿」 「形」 は 「いすゞ エルフ」でありますが  



車名は 「日産 アトラス」 であるので  



これが ややこいさを 招いた?



日産に部品を注文してみたら 「現在、 在庫がないので 納期は未定!」



いつ手元に届くか分からないとのこと  (これが元祖でない OEMの泣き所!)



そんなに待てないので 少ない脳みそで  「ひねり出した知恵?」 が 「あだ?」 に



想像がつくとは 思いますが いすゞ車両での類似型式で 「いすゞ」 に注文してみた!



「これで上手くいく!」 と 目論むが   こんな目に合うとは  トホホ です  


エルフ OEM アトラス

幸いにして どうやら 違うのは カプラーの形状だけで



その他の 配線の配列や 色は 同じだと 確認が出来ましたので 一安心 



「移植手術!」で なんとかしてやりました  


エルフ OEM アトラス

軽油の漏れた フューエル リターンパイプの ガスケット

エルフ OEM アトラス

当然、新品に変えてやります

エルフ OEM アトラス

焦げた フューエル デリバリーパイプには 現在の所 漏れは確認できませんでしたが


今後、腐食の事を考えて 交換しておきます

エルフ OEM アトラス

ハーネス部品の問題も なんとか解決できましたので 


組み付けていきます


狭く限られたスペースに ネジレを 考慮しながら 配線を押し込んでいき


取り回しが 終わったところで 配線を固定する バンドを留めていきます 


この時に 今後 接触振動によって 被覆が捲れる可能性が 高いと思われる部分に


補強のテープを しっかり巻いておきます



エルフ OEM アトラス

ハーネスの交換作業が 終わりましたので


付属関係部品を 組み付けて


早速、エンジン始動!


「キュル キュル ブオ~ン」  何事もなく 一発始動です


暫く 様子を見て 燃料漏れの無い事を確認して


作業の終了です


なんとか 無事に納車できる運びになりました


エルフ OEM アトラス


原状復帰としての 修理は完了しましが 


この様になる 原因は 最後まで 掴めないまま  何か しっくりこない 修理でした



後々ですが

数ある 作業写真の中に この1枚の写真が 埋もれていました

エルフ OEM アトラス


ネックレスらしき? 「鎖」


こんな 金属性の異物が エンジンに グロープラグ辺りに転がっていたら


火災の可能性は 有ると考えます


ブロープラグの電極端子は 「裸」 で


グローの通電時間も長く 大電流の為 ちょとやそっとでは フューズが飛んでくれません



よく、テレビで報道された 走行中の車両火災は こんな感じの部類が多いようです



フューズ容量が大きい為に 「ヒューズが飛ぶ」 前に 「ファイヤー」 です



この車両に関しては

飽くまでも 推測の域は 出ませんけど!  電気は恐ろしい~~


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

追加メーター取付で車両の管理!? 【スズキ エスクード編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は

メールで

「追加メーターを 取付てほしいのですが・・・・・」  の問い合わせを頂き



「メーターは もちろんですが 付属取付部品一式を 自分で用意して 頂けるなら可能です」

と返信メールして
               :
               :
               :
               :
               :

忘れかけた 2週間後

「部品の用意が 出来ましたので・・・・」


と言う事で 入庫しました 「スズキ エスクード」 です  



ブラックボディーに 「イカツイ」 顔面で  


なかなか いけてる クロカン仕様車です
                       

エスクード

オーナー様は 


大阪の 北部地方の山に 道なき道を よく走行しに 行くそうです  


久々に見ました !!


乗用車の 「マニュアル ミッション」  



エスクード

取付る 追加メータ と 付属パーツです

メーターは 油圧 油温 水温の 計3個になります

そういえば 

油圧 油温は もちろんですが

水温メーターも付いていない 車も 最近は よく見掛けます


エンジン始動直後の 水温が低い時は ブルーのランプが点灯して

水温が 上がれば ランプが 消えて

オーバーヒートの状態に なれば 赤いランプが点灯します

これだと 50℃なのか 80℃なのか 途中の状態が 全くわかりません


「走り」を 楽しむ方は とても気になる所でも あります   

エスクード

エスクード


では リフトアップして   

取付開始です

エスクード

エンジンルームは せせこましい 感じです  

エスクード

エンジンオイルの 油圧、油温 は 


オイルエレメント取付部分に アタッチメントを取付て そこから 情報を 取り出しますので


エレメント回りの スペースが 重要になります


「エアコン コンプレッサー」 と 「エキマニ」 に挟まれた所に


エレメントがあり 結構 狭いです




エンジンブロックと エレメントの間に アタッチメントを かましますので

 
センサーを 取付て 準備しておきます


エスクード


アタッチメントを 取付けると こんな感じです。

エスクード

エスクード

プレッシャーセンサーの 飛び出し寸法が かなり有ります。


なんとか この位置で 「ギリギリ」 で取付られましたが


アタッチメントの センサー取付位置 や プレッシャセンサーの 大きさが 違えば


「取付られなかったかも?」です 

エスクード

センサー から メーターまでの 配線を 


目立たぬように 室内に引き込んでやります

エスクード

配線の取り回しのために 


センターパネル周りを 外していきます

エスクード

エスクード

ナビユニットごと 外しまして

エスクード

そこから 各メーターの 電源を ヒューズをかまして 取り出して おきます

エスクード


エアコン ルーバーパネルを 外した所に


センサーからの 配線を 出しておき 

エスクード

ルーバーパネルに 穴をあけて


化粧に グロメットを入れておき


すべての 配線を 穴からだして

エスクード

「ちょっと 前に」 とか 「ちょっと 斜めに」 とか 「ちょっと 右に」とか


運転席から見やすく さらに 配線の取り回しに 無理が掛からないように


メーターケースを 仮止めして 取付位置を決めていきます


(こういった 地味な 思考錯誤が  結構 、 時間や手間が 掛かります)

 
エスクード

位置決めが 済み


「ビス」 と 「両面テープ」 で ブラケットを固定取付をして


メーターを 取付ます


エスクード

メーターの 取付が 終われば 水温センサー関係に 入ります


冷却水のクーラントを 抜いて 水温センサーのユニオンパイプを 取付るのに


ラジエターアッパーホースを 切ってやります


この車のアッパーホースは 長さが 極端に短く 


さらに 「アール」 も結構ある為に 


ホースを 切る箇所が 「1点」 しかなく むやみやたらに 切ることが出来ない 困難な作業です

エスクード

パイプユニオンに 水温センサーを 取付て準備します

エスクード

アッパーホースに パイプユニオンを取付けたら 


あらかじめ 準備していた 配線と結線 して


クーラントを 注入して エア抜き作業を済ませれば 終了です

エスクード

メーターも 「スッキリ」 収まり 素敵です

エスクード

「オレンジ」も 迫力があります

エスクード

エンジンを 始動させて メーターの 作動を確認します


針が 上昇して 作動は しているのですが


念のため 赤外線サーモメーターでも 確認しておきます


多少の誤差は 有るものの パイプユニオンの 表面温度なので 問題ない範囲です

エスクード

すべての 作業を 終えて 無事に納車となりました。




====================================================


実は

完成するまで 「トラブル?」 が 結構ありまして

              :
              :
              :
              :

メーターの取付、配線の 結線が 終了して


「キー」 を ONにした 直後
 

メーターの イルミランプが 激しい 点滅を 繰り返しだすので


直ぐに 「これは 異常だ!」 と分かり


ウチの 「ミス?」 と思い


あらゆる 箇所を 取り外して 点検することに


             :
             :
             :
すると

メーターに付属されている配線に 「あらかじめ 結線されている端子」

何もしないのに 配線から 「スルッ」 と外れていました

まさに 「メーカーの結線不良」 です


ウチに 在る端子で 「カシメ」 治し



再度

「キー」をONにしてみると 異常な点滅は 治まり


エンジンを掛けてみると メーターが 動作しません 「またかょー」 です


色々ためしていると 「スモール ランプ」を 点灯させた時だけ 動作する事が分かり (メッチャ変)


ウチの 「結線ミス?」 と思い


またまた、バラシ て確認してみることに

                :
                :
                :

何度も 取付説明書に 記載されている 結線図面で 確認しましたが 


結線した配列に 間違いは ありませんでした。


試行錯誤の結果 「独自に あみ出した?」 配列に変えてやると 何とか動作させる事できる この始末


元々は 配線配列を 指示どおり 組み替えれば 


イルミパターンが 「4種類」から 選べることになっていますが

 
どうしても 「3パターン」しか 出来ない事も 判明 !


要するに 「メーカーの取付説明書」 「メーター本体も!」 の不良です

何もかも 泣かされる 部品です




再度

「キー」を ONにして エンジンを 掛けてみますと  すんなり メーターが作動しています


「これで よし良し」 と しばらく様子を 見て


各箇所を点検していると


 エンジンオイルが わずかに 漏れ出してきました


「ウチの 取付ミス?」 と思い


よ~く 確認すると  


オイルエレメントの アッタッチメントに付いてある  盲栓プラグから 漏れ出しておりました。


プラグは 結構 締まっておりましたが プラグを 取ってみると アルミの ガスケットが 入っています


「メーカーの ミス?」


完全なる メーカーのミス では無いけれど


アタッチメントが アルミ製なので  


馴染みを 考慮すれば ガスケットは 「銅」 が 当然だと思いますが・・・


ウチには 合う「銅ガスケット」が 無かったので


さらに強く締めなおし 何とか オイル漏れを 止めてやりました




と言う

「外来製の おかげ?」 で さらなる経験値 が アップしました (泣)




ドレスアップの 関連商品が ネットオークションや 〇〇〇バックスでも 安く販売せれておりますが


その 大部分は 「アジアの大国?」 で作られております


こうやって 取付けたりすると 「精度」 の違いが ハッキリ 分かります


だだ、この 「精度の低さ」 の しわ寄せが ウチに来ても 困ります  




おしまい  



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ワイパーモーター取替修理 ハイゼットトラック  東大阪 《車の車検・トラックの修理》

ハイゼット トラック  オーナー様が


激しく降る 雨模様の中  


何の 前触れも無く 


「ビショ 濡れ」 状態で 突然の入庫です 



お話を 伺いますと

「ワイパーが 動かないんで 見てほしい」 との事


「不幸は突然に !」


お車を預かることにしまして

ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

早速 点検です

ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

まず ワイパー の 動作確認 から

ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

ワイパーレバースイッチ  「オン!」
      ・
      ・
      ・

HI ・ LOW  いずれも

 「 生体反応 」 が ありません 


ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

電気部品の作動不良は 99% (ちっぽけな 経験上)


「ヒューズ」 「配線」 「カプラー」 「スイッチ」 「リレー」 「センサー」 「アクチュエーター」


の いずれかに なります


「やり易い所から調べる」 「怪しそうな所から調べる」 と 考え方は色々ありますが


 いづれにしろ 「しらみ」つぶしに 調べるしか 方法が ないのです



作業前に

「だいたい 値段は いくらぐらい 掛かりますか?」 とか


「だいたい 時間は どのくらい 掛かりますか?」

 
と言う 質問を 受けますが 




「配線が 途中で切れている」 とか


「スイッチの 接点が焼けて 通電しない」 とか


「リレーが 働かない」 とか


「カプラーが 外れかかって いる」 とか


「センサーの 特性が づれている」 とか


「アクチュエーターの 内部が断線している」 とか  色々で


調べて 判明することばかりなので 「答えようがない」 のが 正直なところです  



例えるなら

何処かに 失踪して 行方不明に なった人を 捜索する事と

よく似ていると 思います




では、「未知への 捜索活動」 へ 移ります


ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

ヒューズの 確認

「OK」 です


コラムカバーを取り外し

レバースイッチの点検

「OK」 です


続いて 一番 「怪しい」 ワイパーモーターの点検をするのですが


モーターがメーターの奥に 配置されているので


メーターを 外します


ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

メーターを外せば モーターが 顔をだします ので


単体点検 は この状態で 「チェック」 することに
           ・
           ・
           ・
やはり モーターが 「アウト」 で ご臨終



ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

この状態では  ワイパーリンクアームが 邪魔をするので


ダッシュパネルを 外します



ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

モーターは 無抵抗に なりました ので

さっさと 取り替えてやります

ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター


ダイハツ ハイゼットトラック ワイパーモーター

これで 滞りなく「捜索活動」は 終了です ・・・・  いつも こうだと いいのですが


無事 オーナー様に 納車となりました


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ウインカー修理  ホンダライフ   《東大阪・車の車検・トラックの修理》

電話が リリリリーーーン となり




電話にでると




「右に曲がる時 に 突然 ランプが 点かんようになったわー  今から行くから   みてー」 と SOS





待つこと 数十分後  ライフ オーナー様 が 来社




見てみると




確かに ウインカー が 点滅 点灯しません




右にも 左にも



前 も 後ろ も




4灯 オール パンク しております 




私   「数十分とは 言え  点滅なしで 右に 左に 曲がり  よくぞ ココまで ご苦労さまでした」



オーナー様  「点滅なしで 右に 左に 曲がらな あかんし えらいことやー・・・・・」 



と 道中の出来事 で  しばし談笑 




・・・の後




代車をお渡しして



しばらく 預かることに

ライフ





 
「4灯 パンク なので 球キレ では なさそう」 なので




ウインカー配線系統と にらみ




早速 点検開始です



ライフ





ライフ




まずは 

 

ハンドル コラム パネル を ばらし



ウインカーレバースイッチ 廻りの 点検です



スイッチカプラーを 取り外すと








いきなり   「ビンゴー」  です



ライフ





端子が 



かなり 焼けて 真っ黒に 




その上  カプラー も 若干 熔けて 



車両火災 の 一歩手前


ライフ



さて、ここから が 悩みの種




カプラー 単品部品 の 供給がなく




メーンハーネス  (他のスイッチ配線類 が 一束にまとめられた 配線部品)




のみ しか無い・・・・  しかも数万円





オーナー様 に連絡し  協議・・・ の結果





配線加工修理 に なり




端子を修理し




他の 配線との 絶縁対策 を 施し




かなり 細かい 



手術 は みごと 成功   



ウインカーも点滅し




作業は 無事終了し 納車となりました 

ライフ



電気系統の故障は 



思わぬ 事故に繋がる 場合がありますので



不具合を感じたら 即入院をおすすめします



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示