FC2ブログ

ATF交換!トルコン太郎でやってみる!?【トヨタ イプサムATF交換編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

ATFの交換に ついて



ネットの中では   「アマ」   や  「プロ」  



それに  オイラみたいな   「セミプロ」   まで 参入して 



色々な噂?   や   持論? が    言いたい放題に?  飛び交って



いったい   「どれが  エエのか?」     「何が  正しいのか?」  



皆さんも  悩まれることでしょう?



そんな中 



「ATF 交換!」  の依頼で  入庫しました 



トヨタ  イプサム (ACM21W)    です


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム

「ATF交換!」   に対する   要望は  



とにかく    「奇麗に して欲しい」   です



お車の 車齢は   とっくに 10年が過ぎて   年季の入った ワンオーナー



走行距離は     15万km を   超えたところ
  

ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


15万km 以上も   走ってるのに


 
ATFは    未だに  「 無交換! 」  



新車から  乗り続けている   オーナーが  言うのだから  間違いない



それにしても   ATFを  交換するので あれば   



『余りにも   スパンが   長すぎや しないか?』    



お客さんも   それには  気付いてた らしく



Dらー に  出向いて   ATFの交換を   依頼してみたが  ・・・・・・



バッサリ  切られたと (笑)



ゲージを  抜いて   見るATFは



想像通りに  コンガリと   焼けまくって 



エンジンオイルと  間違って  しまいそうでっせ!


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


なので  作業の 一発目は



テストドライブに   出掛けてみます



キョリ多め!   ではあるが  



走行してみると  シフトアップ時の   ショックは  感じないし



変速タイミングも   良好であり  



コレと言って  大きな問題は なさそう


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


試運転を 済ませて



工場へ戻り   お車を  リフトアップ



ATF交換の  準備が  整ったところで



ATオイルパンの  ドレンコック を   少しだけ 緩めて



「ジワ~~リ」   と   滴る ATF を    容器に 移し取り
 

ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


15万km 無交換   突破記念で?   




サンプルとして  取っておきます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


容器に 入れた  15万kmモン は  



赤褐色と  呼ぶには  程遠く   ひたすら 「まっ黒」 だな



透き通りも   まったく感じられまへん



『良い子の皆さん! こんなに 成るまで  乗ったら  アカンよ~~ 』 (笑)


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム

只今から  使用する トルコン太郎について



ちまたでは  



循環式の交換 と 比べると


ATFを 圧送して  交換するので  とても交換率が高い



とか



AT内を  ススギ洗いして



内部に溜まった   汚れを     排出 して 洗浄



など



ネット上での  露出度も高く   高評価を 得ている ようです



では   トルコン太郎を   使って



15万km 無交換である    こちらの  イプサムに  



ATFの交換を    やってみます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


トルコン太郎の  スイッチ  を  「ON」  させて



一セット目  「9L」  の  ATFを  圧送交換します



ATから  排出される  オイルを



このモニターで   監視しながら




汚れ具合を   確かめて いきます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


クリーニングモードを   終えた 段階で   



モニターを  確認してみたが




ちっとも    良くなってない




よっぽど   酷い 汚れなのだろう




なので   




「 プチっ ! 」    っと    2セット目を   やってみる


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


廃油モニター  を眺めてみると




先ほどよりも    幾分かは   マシな ATFの  色合いだ



ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム

2セット目の    入替が   完了したのち



クリーニングモードを  



長時間の  放置プレー   で   様子を見守る



メッシュフィルターの  浄化作用?  によって 



ATFが   より一層  クリーンに 成るのを   期待してみたが



劇的に  良くなる事は なく    時間だけが   過ぎていく


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


汚れが  キツイ事も   重なってるのでしょうか



すでに    廃油タンクが  満タン近くまで 



ATFを  費やしてます



やっぱり    15万kmオーバー  は   手強いぞ


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


そんな   訳で



ATFで 一杯になった  廃油タンクを  カラにしてから



3セット目に   突入です


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


廃油モニターで  見るATFは



奇麗に  成りつつある  


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


左に見える   「新油」   と 比べてみると



マダマダ  ですが



入替当初よりは   随分と マシにも  思える


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


奇麗になってきた  事もあり



ここからは   ATFの  入替量を  落として



4セット目に   突入 です


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


透き通り感が 出てきた 



『 おっ~~ 』   随分と  奇麗に なった


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム

この辺りで


「メッシュフィルターの  縦スジが  見えましたので

  奇麗に  入れ替わりましたよ!」    



 と    どこやらで   見掛けた事が ありますが



「新油」   と   比べると   



正直    『マダ  かな ?』


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


なので




5セット目  を  やってみます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


時間を掛けて    クリーニングモードを   行い




「新油」  と  比較してみます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


『う~~~ん ?』    




とても  悩む  ところですが




「やっぱり  ちと   違うかな  ?」    と感じたので   




最後の  一回  と言う事で


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


スイッチに  手が延びて   



『ブチっ !』



6セット目を  決行 してみました


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


クリーニングモードが    終了して



よく   観察してみると



ATFが   完全に 入れ替わった?   ようです



『 これぐらいで   良いんじゃね~か 』


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


本来は?   これで    「完全交換!   出来ましたよ~~」  



と 言いたい  ところですが  ・・・・・



「 禁断の  ベールを脱ぐ ? 」     時が  やって来た



しかし   そんな ヤル気満々な 思いとは   裏腹に



工場の  周囲を  見渡すと    



すっかり   日も 暮れてしまったので



ATFを   ドレンから   抜き取って



本日の  作業は  終えることにした


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


夜 遅くまで ATF交換をした  翌日の  お天気は  気持ちの良い  「晴れ!」



昨日   やり残した  



「ベールを 脱ぐ??」     



作業を  引き続き やっていきましょう!



ATFは  抜き取ってあるので



早速  オイルパン  を   捲ってみます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


残っていた  ATFを  




廃油トレイに   移して


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


オイルパンに   顔を 近づけて



底を  じっくりと   観察してみると



うっすらと    「灰色した」     モノが ・・・・


『ありゃ ~~ ? 』


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム




「奇麗に  なった!!   ハズ だが ??」



ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


そんな   オイルパンの



鉄粉を  定着させている    「 磁石 」  を



真っ先に    取りあげて


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


一先ず    ペーパーの上に  




取り分けて  置いて


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


磁石を   取り除いた  「オイルパン」   を



早速   ペーパーで   拭き取ってみたところ


『全然  アカン  やん!!』 



『スラッジ が   タップリと  残ってまんがな 』 


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム



ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


結局  終わってみれば



一枚の ペーパー  だけでは



十分には   拭き取れなかった


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


お次は




AT本体に  取付られた  ストレーナーへ  移ります


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


ATの  ストレーナーを  取り外し




横に 並べて   比較を  してみます


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


見た目で  分かるように




色の違いは   歴然で


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


その ストレーナーの  表面を



毎度のように?   




柔肌を  「お触り」  (笑)


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


化けの皮が  剥がれました (笑)




地金は ピカリと光った   「シルバー!」   でしたよ


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


ストレーナーを  取り外した  ATですが



見た目は  奇麗に 映っていて



問題は  なさそうでは   ありますが 


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


ペーパーを 使って


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


コマメに  拭き取って  やりますと



ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


ペーパーで  拭き取った 汚れが  



こんなにも ・・・・・



『ここも  じぇんじぇん  取れてねぇ~』 

ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム



可能な 限り     汚れを  取り除いてやり





新品の  ストレーナーを   取付て


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


奇麗にした AT オイルパン に 




新品の  ガスケット を  準備して


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム




ATに  組み付けます




ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム




そして  抜きでた分の  ATFを   補充して




ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム



2日間に及ぶ  一連の作業が  終わりましたので



早速   テストドライブへ  GO



元々 問題がないフィーリング  でしたので



大きな変化は  感じないものの



「普通に  乗れる」   のが  一番だと思います


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


工場に 帰還後 




ATFの  チェックを  済ませて


ATF交換 トルコン太郎 トヨタ イプサム


すべての   作業が 完了し


無事に   納車です



後日、お客さんから


「ATF交換の 前よりも  随分とフィーリングが 良くなりましたよ!」


と 言って頂き  安心しました


ありがとうございました m(_)m
 


===========================================


今回の  「ATF交換」 について



トルコン太郎は


その特徴である  「圧送式」  や  視認性が高い 「モニター&フィルター」 


それに   「給油」   と   「廃油」  の  経路を分けた点 など


現在  業界で 出回ってる   チェンジャーの 中において


高性能で  とても優秀な  部類だとは 思いますが


機械作業ゆえの  避けられない   「弱点?」  も  あるようです


ヤリ方 次第で  もう少し マシな結果に なるんじゃね~か? と


手応えは  有るのだが 


泥臭い?  手作業の 介入が必要なのは 変わらないようです


しかしながら  ちまたでは


トルコン太郎の   「性能」  や  「特徴」 を   過大評価して?   


目に余る? 「表現」   や   「言い回し」   などを  見受けたりもする


それって   「願望?」    っと  残念に思ってしまう


色んな事を  やってみて 分かるのですが


トルコン太郎も


ATFは   奇麗になるが


問題視されている  「スラッジは  あんまり 取れないかな?」  




では  では   (o・・o)/




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com

06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ATF交換!奇麗になるまで!?【トヨタ エスティマ ATF交換編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回は


多走行の 車は 



   「入れ替えると キケン!?」



   「少量だけ 入れ替えて 様子見!?」   など

   


チマタで 物議を醸す? ATFの交換で あります



そんな中 ブログを ご覧頂いた方から



「やって欲しい!!」  との依頼で



入庫してもらいました



トヨタ エスティマ (ACR 30W) です

atf交換 エスティマ


走行距離は 


14万キロ を 超えたところで あります



何年か? 前に Dらー で 交換してもらった らしいのだが



距離も 距離だし  車のことを 考えると  



「ぜひとも 奇麗にしたい!」    といった感じです 


atf交換 エスティマ

まずは ATFの チェックからです



ペーパーで 拭き取った ATFは 



それ程 汚れた感じは しなかった


atf交換 エスティマ


それでは 今回も



「ATFの 完全交換?」  を やってみましょう!


atf交換 エスティマ


オイルパンの ドレンコックを 緩めて


atf交換 エスティマ


ATFが 勢いよく 出てきました



見ると



ペーパーで 拭き取った ATFの 色合いとは



随分と かけ離れた 感じで



結構な  汚れ方を しております


atf交換 エスティマ

これを サンプルとして



取り出して おきます


atf交換 エスティマ


これから始まろうとする  「ATFの交換!」 について



お客さんには


 『30分 や 1時間程度では  できまへん!』 


 『どんだけ 急いでも  1日  掛かりまっせ!』 
 

 『その間  パチンコでも 打てばぁ ?」 



 と 事前に お伝えして おりましたが



いざ 来られると



「そんなに 時間を潰す所も 無いので・・・・・・・・・・」    と言うので  




今回は特別に 観戦してもうらう事に・・・・・・・



そして オイラが 作業を進めている 知らぬ間に!



「アウトドア チェア!」   に  「実験 セット!?」   を コンパクトに 広げて



用意周到に 準備!?  (笑)



聞けば   「弁当まで 持参!」 やて  (笑)

atf交換 エスティマ

ATFの 抜き取りが 終わりましたので


お次は



取付ボルトを 緩めて


atf交換 エスティマ


オイルパンを


取り外して やります

atf交換 エスティマ

ストレーナーも 取り外して



黒ずんだ 表面を



指で なぞってみたら

atf交換 エスティマ


「ベッタリ !」



でした

atf交換 エスティマ



新品の ストレーナーと 比べて見ると




違いが  明らかです




atf交換 エスティマ



そして




オイルパンを 奇麗に してやり





atf交換 エスティマ






atf交換 エスティマ

奇麗に 感じる






AT本体 も



atf交換 エスティマ


拭き取ってやると



黒々とした 汚れが



付着しております

atf交換 エスティマ


可能な 限り



AT本体を 洗浄しまして



ストレーナーを 取り付けます


atf交換 エスティマ


オイルパンを 被せて



atf交換 エスティマ


ATFの 注入が 終わると



トルコン内部に 溜まった ATFを 掻き出して やる為に




テストドライブに 出掛けよう!  とした その頃




「飯時!」  に差し掛かってたので




お客さんに 



「お昼」  にしましょか!?    と告げましたら




「私が その間  テストドライブへ 行ってきますわ!」    と お客さん




atf交換 エスティマ


オイラが  お休み している 間に 



テストドライブを 済ませて 頂きましたので



昼イチ に 



掻き出された  「ATF!」  の 抜き取りです


atf交換 エスティマ


そこへ



計量カップを 持った 





軍手姿の 手が   「 ニョキっ !」    (笑)



atf交換 エスティマ


オイラは 



これで  採取


atf交換 エスティマ


そして


ここからは



ATFを 注入しては

atf交換 エスティマ



抜き取る  を



「奇麗に なるまで!」  繰り返し


atf交換 エスティマ


その間




お客さんも ・・・・・ (笑)



atf交換 エスティマ


納得するまで



「吟味!」  しております  (笑)



『どう しますぅ~?』


『ここで やめる のも 良し』


『もう 一回 やる のも 良し』


と お聞きしましたら




「んっ・・・・・・・・・・・・・・?」



と しばらく 考え込み 



「  もう 一回 やってみましょう!」    と お客さん



atf交換 エスティマ


お客さんが



吟味して 納得した結果が



ご覧の通りです


atf交換 エスティマ


お客さんに 聞きましたら



ブログを 見て   「感じ取った 思惑?」 は




もっと  「簡単に済む」  であったらしいのですが




実際に 体験? してみると




手間や時間 そして 費用が掛かる事が 納得されたようでした



atf交換 エスティマ

朝の 7時頃に 家を出発して



夕方まで 無償のアルバイト を こなして ?



帰っていかれました

 

もちろん  「実験キット!」 を  お土産に (笑)





今回は 



わざわざ  遠方から  お越し頂いて



ありがとうございました 


==============================================



お話は 変わりますが




わざわざ   「遠方から!」   と言えば




先日 こんなのが 届いてました




心当たりが無い? オイラですが




これは  『ファン レター ??』
 

atf交換 エスティマ


「ガンバレ ・・・ 」   やて



 マーク には   思わず吹き出した




そして



裏返して



atf交換 エスティマ


「宛名」  を  見てみると




おもいっきり!



呼び捨てやん!  (笑)







車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ATF交換!無交換車にチャレンジ!?【トヨタ カローラ ATF交換編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回の修理は


とある日に 


突然  電話が鳴り 出てみると


ブログを見た!  と言う  お客さんで



「今まで ATF交換は した事がない! のですが・・・・・


  是非 やってもらいたいのですが・・・・・・・」




という事で

日程の 打ち合わせを してから


お越し 頂きました


トヨタ カローラワゴン (AE100G) です 

トヨタ カローラ


エンジンルームは シンプルな レイアウトで


ほどよく 空間も確保されて


整備性が良く  


お手本? となるような 代表的な エンジンです 


トヨタ カローラ


走行距離は 100,000km を  少し超えたところ です



早速 お客さんから


色々と お話を聞くと


『エンジンオイルの交換で 立ち寄った  なんちゃらバックスで

  あえて?  ATFの汚れを指摘され  

  交換しないと  ミッションが   壊れまっせ!』
   らしい



それに

頼んでもない  「エアコンの 無料点検?」  で 


『エアコンの ガスが少ないようです

 このままでは  エアコンが  壊れまっせ! 』




と  「数々の  ダメ出し営業?」 


されたらしい(笑)


ATは まだしも エアコンについては


そヤツに

『壊れる! 論理を じっくり 聞いてみたい!』


トヨタ カローラ


では




「ATFの 交換!」  を やってみましょう!


トヨタ カローラ

まずは


ATFの ゲージを 抜き取り



汚れ具合を 確認してみると



「今まで 一回も 交換してない!」   だけあって



結構な汚れでした


トヨタ カローラ

お車を リフトアップ させて



ATオイルパンの ドレンコックを 緩めて



オイルを 抜き取ります


トヨタ カローラ

本来、真っ赤な 色をした ATF ですが



抜き出した ATFを見ると見ると 



全くもって 透明感が 無く



エンジンオイルと 間違いそうな感じの


汚れ方を してます


トヨタ カローラ


科学の 授業で 使いそうな



試験管を 用意しまして


トヨタ カローラ


抜き取った  ATFの 一部を


この容器に 入れてみました



これが 抜き取りの


「第 一回目 !」 です

トヨタ カローラ


ATFの 抜き取りの後は


オイルパン外しに 取り掛かります


トヨタ カローラ


オイルパンドレンから 抜き取った ATFですが



オイルパンを 取り外すと 



ドレンからでは 抜き取れない ATFが 


随分と 残っております


トヨタ カローラ

そのATFを 


廃油缶 に 移して


オイルパンの 底が 見える状態に なりました


トヨタ カローラ


じっくり 見てみると 



「異物!」 らしき 物が 



アチこちに  溜まって おりました



それを 指先で なぞってみた ヤツが




「これ !」


トヨタ カローラ


「諸悪の根源!?」  であろう ヤツを



ペーパーで 拭き取ります


トヨタ カローラ

オイルパンが 黒いせいで


分かり難いですが


拭き取ると 


黒々とした  「鉄粉!」 が


付着しておりました

トヨタ カローラ

お次は


AT内部に 取付られた


この 「フィルター!」  も 取り外します


取付ボルトを 緩めると


コレまた 内部に溜まってた  「ATF!!」  が


「ドバァ~~ ドバァ~~ ! ・・・・」


これを 取り外すだけでも  結構な ATFが 抜けてくれます

トヨタ カローラ

取り外した  「フィルター!」 の表面を




指で なぞってみると


トヨタ カローラ

これまた 



「鉄粉!」  が ビッシリ です


トヨタ カローラ

新品の 「フィルター!」 と 比較すると



元々は 



ピカピカした  「シルバー だった!」 

トヨタ カローラ


そして AT内部も 


軽く拭き取ると


トヨタ カローラ

ここも



汚れてます


トヨタ カローラ


手の入る 所を


入念に 拭き取って やってみると


トヨタ カローラ

これだけ



汚れてました 

トヨタ カローラ

出来るだけ  「鉄粉!」  を


取り除いてやり



新品の 「フィルター!」  を 組み付けます


トヨタ カローラ

古い オイルパンガスケットを




剥がして


トヨタ カローラ


オイルパンを 取り付けます


トヨタ カローラ

ATFの 抜き取り や フィルターの交換



それに 各部の 清掃が 終わりましたので



新油を 注入して 

トヨタ カローラ


ゲージの 確認を しましたら



「新油!」  そのもの

トヨタ カローラ

しかし ここまでやっても


実は すべての ATFが


交換できた訳じゃ ありません 


エンジンを ブン回してみると 


 「汚れた ATF!」 が 出てきます



なので  テストドライブに  出掛けてみて


その 「隠れた ATF!!」  を かき出して やりましょう!


トヨタ カローラ

あらゆる 走行を 繰り返し


工場に 帰還して


再び お車を リフトアップして



ATF を 抜き取ります


トヨタ カローラ


トヨタ カローラ


これが  「第 2回目!」   



採取 です


トヨタ カローラ


その後


「ATFの 注入!」  をして

トヨタ カローラ


エンジンを 回転させながら


抜き取り


トヨタ カローラ

そして 「補充!」  して



また 「抜き取る !」




その 作業を 繰り返し




「ATF が 奇麗になった!!」 



ので

トヨタ カローラ


「ATFの 交換!」  が 終了です


トヨタ カローラ

出来上がったことを 


お客さんに   伝えまして


後日  引取りに 来られました時に


ATFの事と 合わせて


テストドライブを した時の 


「エアコンの 効き!!」  について


問題ない範囲の 冷え具合だと お話しましたら


お客さんも


「私も そうだが  嫁さんに 聞いても  

 十分に 冷えてる! って 感じてるのに ・・・・・・・・・」






無事に 納車と なりました


今回は ありがとうございました 




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

オートマのショック!!を直そう!【スバル フォレスター修理編】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

ある日の早朝に



突然 電話が 鳴ったので 出てみると




「ブログを 色々と見まして・・・・・・・・・・

 
 つい最近になって 突如 オートマのショックが 出てきて おまけにランプも点いて・・・・

 
 おタクなら 直せる! と思いまして・・・・・」






とても ありがたい言葉ですが


『修理の神様!じゃぁ あるまいし』


『何でも!! は 無理かもしれへんでぇ』  



と 思わず心で つぶやいてもた






で 早速、その日の午前中に 入庫頂きました



スバル フォレスター (SF9)です


スバル フォレスター


お客さんが 来てから



改めて お話を聞くと


ウチに来る以前に ディーラーへ 相談を持ち掛けたらしく



その時の話では  「マルゴト交換!」 で あったみたいです



そんなに  『重症なのか ?』



はたまた 世に聞く   『新車購入!へ 誘導か??』



しかし この時点では ATの 状態が 解りませんので



車を お預かりしまして



診断から 始めてみました


スバル フォレスター


メーターを 見ると 確かに  「ランプが 点灯する!」



しかし 



「何処か?が 悪い!」 って事ぐらいしか 解らん!


スバル フォレスター

しかし この状態では



乗り味が さっぱり解らないので



まずは  興味津々で? デストドライブに 出掛けてみた


スバル フォレスター


お客さんが 言う 


オートマのショックが  「ゴンッ! ゴンッ!」 と 不快な衝撃が 常にする



そこで 工場に 帰還して



テスターを繋いで



調べてみます

スバル フォレスター


スバル フォレスター


スバル フォレスター

「怪しい!」 所が あったので



その「系統!」 目掛けて



調べていきます


スバル フォレスター


見ると アノ辺りに 「配線!」 が 見え隠れしているのだが



やけに 狭くて  手の入る スペースが 無いので


スバル フォレスター


エアダクト周りを バラし



作業は それからやっ!


スバル フォレスター


これで 調べ易く なりました


スバル フォレスター


カプラー越しに 繋がってる線を


一つ一つ 確認して


絞り込んで 行きます


スバル フォレスター



スバル フォレスター

ハーネス自体は 問題なさそうなので



ここから先は 「ミッションの中!」



中身を見ない事には  先へ進めないので



オイルパンを剥がす為に オイルを 抜き取ります


スバル フォレスター


抜き出た オイルは  マメに交換されているのか?



すごく 汚れていた感じは しなかった

スバル フォレスター


スバル フォレスター

オイルを 抜き取り


オイルパンを   「いざ!取り外し!」


って 引っ張ってみたが



ちょっとだけ エキパイに 引っ掛かり  



『抜け ヘン!』



『この程度の クリアランス確保! ドナイか ならんかったのか!?』  



『おいっ! スバル !』



スバル フォレスター


少しの 事なのに



結局 どデカイ エキパイまで 外さなアカン!とは 


スバル フォレスター

エキパイを 外して


「これで スンナリ外れるぞ!」  


って  無造作に抜き取ろうとした 瞬間!!


スバル フォレスター


「ドバァ~~   ドバァ~~   ドバァ~~~」


作業服にまで 浴びながら



床のアチコチが  「ビチャ ビチャ!」  になってしもた



だから オイルパン捲りは    『嫌ッ !』




『カメラ片手に ヤルんじゃなかった!』


スバル フォレスター



スバル フォレスター


オイルパンを剥いだ ミッションを 見上げて


スバル フォレスター

浸たり落ちる ATオイルを 交わしながら


原因を 探ってみます

スバル フォレスター


スバル フォレスター


スバル フォレスター


スバル フォレスター

ココまで やれば 間違いないでしょう!




「こヤツが! 悪かった!」

スバル フォレスター

原因は 掴めましたが




バラした からには




モチの ロン! で    「フィルターも 交換!」  


スバル フォレスター

オイル交換は 頻繁にしてそうでも



外した フィルターを比べて見ると



「全然  違う!」




スバル フォレスター

オイルの 導入口である メッシュ部分なんかは



茶色く 変色しております




ATF交換!で  「中身が綺麗になった! つもり!?」  でも




「鉄粉が!  です


スバル フォレスター

トラブルを 避ける為には 



やはり フィルターも マメな 交換が 必要だと 言えます



組み付ける その前に



液体ガスケットの 「宿命!」

スバル フォレスター

「メクリ!」 を やります




見た目に 地味ですが




これに メッチャ時間が 取られます




「スバルは 液体ガスケットが お好き!?」 で




修理屋泣かせが  『ホンマに 困るわ!』



スバル フォレスター

さあ 『組み付けて ヤルぞ!』



と 行きたい所ですが



オイルパンの 「取付ボルト!」 を見ると



ガスケットの 残りカスが 



『メチャ!気になる!』


スバル フォレスター

紙パッキンなら 取付後に 起こった 「オイル漏れ!」



たやすく修正 出来そうだが   



「液体ガスケット!」 ともなると   「勝手が違う!」



メクルのに  「数時間!」 



取付けて 乾燥させるのに  「一昼夜!」




「取付後に 漏れる!!」  事を 思えば  




『ズボラを かまされヘン!』


スバル フォレスター

ワイヤーブラシで



「ゴシ  ゴシ!」


スバル フォレスター

1本だけなら  まだいいが



『いったい なん本?  アルんじゃい!!』


スバル フォレスター

ミッション側の 液体ガスケットも 掃除して



壊れた部品 や フィルターも 



交換しまして



スバル フォレスター



周囲に ガスケットを 塗ります



スバル フォレスター

オイルパンにも



『悔いの 無いように!?』



タップリ 塗り込み 取付ます



スバル フォレスター


取付ボルトを 締め込んでいくと



アチコチの 隙間から 液体ガスケットが



「にゅいっ !」 



と出てきて 見た目は ブサイクでは 有りますが



この際  



『許してねっ!』


スバル フォレスター



エイパイも 取付けて



スバル フォレスター



オイルを 注入して



スバル フォレスター

確認しますと


スバル フォレスター

スバル フォレスター


ランプも 点灯しなくなり



スバル フォレスター


最後は 


お決まりの テストドライブで



調子を 確認しまして


スバル フォレスター


見事に ショックも なくなり


これで ストレス無く 乗れそうです



工場に 帰還して 


オイル漏れが 無いのを 確認して 


修理作業が 終了!


無事に 納車となりました


ありがとう ございました






ウマイこと いきましたが


『過大なる期待!?は 怖ぃ~』




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

旧車?は 泣かせます!?【イスズ ピアッツァの車検・修理編②】 東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回の 続き


やり易い 「ランプの修正」 や 「下回りの防錆塗装」 や 「ブレーキ&ハブの 修理」


を終えた ピアッツァ ネロ です

イスズ ピアッツァ

ここまでは 何とか なりましたが



問題の ATは


猛烈に エンジンの回転数を上げて 


通常では 考えられない程の速度に 達しないと変速しないのです


そこで


キックダウンケーブルの アジャストボルトを 少しずつズラしては 「試運転!」


繰り返しやってみたが  「正常に戻る事は なかった!」


もはや 「AT内部が ダメなのか!?」


イスズ ピアッツァ

以前の オーバーヒートによる



エンジンの載せ替えに伴って 降ろした 「ATミッション!」 について



『ATオイルが 少なく、しかも汚れているので 入れ替えをしてみるが・・・ 

 不具合が 起きるかもよ・・・・ 』



と言う ディーラーの忠告が あったらしい!



それが  「運悪く的中した!のかぁ  




しかし、事の成り行きから判断して  「妙な 違和感を覚えるのだが・・・」


イスズ ピアッツァ
ATミッションに関する 部品供給は オイルパンガスケット ぐらいで 寂しい限りですが



取り敢えず オイルパンを 剥いで見ることに!



しかし 何やら コックの周囲に  「漏れ跡が!」


イスズ ピアッツァ


とにかく オイルパンを 取り外して



「中身を 確認してみよう!」 と思い

イスズ ピアッツァ


ドレンコックを 取り外すと



『有るべき ガスケットが 無い!』   これでは 漏れるハズ!です



ATオイルは シャバシャバ なので 暫く放置すれば 漏れに気付くと 思うのだが・・・・


イスズ ピアッツァ



抜いた ATオイルは 焼けた色して 汚れてますわ



イスズ ピアッツァ


ATオイルパンを 恐る恐る



外していきます


イスズ ピアッツァ

溜まった 「鉄粉?」 は こんな感じ



やっぱり 汚れてますよね


イスズ ピアッツァ


初めて見る ピアッツァの AT内部です



イスズ ピアッツァ


ストレーナーを 見ると



「オイルの 汚れ!」 の割には



目立った 「異物が無い!」 のが 少し驚きで



「もっと 詰まってる!」 と思ってた


イスズ ピアッツァ


ケーブルも 見てみるが



しっかり ガイドに 収まっているし




「動き!」も 問題なさげである



イスズ ピアッツァ

パーツ達 を 外して



「もっと内部へ 侵入してみたい!」 気もするけど



肝心な 部品やパッキン類が 皆無なので 



今の段階では 「まだ、踏み出せない!」


イスズ ピアッツァ

仕方が ないので



オイルパンに 溜まった鉄粉を 取り除いて




新油を 注入してみて  「奇跡の回復!?」 を 祈る事にします



イスズ ピアッツァ




イスズ ピアッツァ



真っ白だった ペーパーも 


 
鉄粉を 取り除いた時には  「真っ黒!」 です


イスズ ピアッツァ


オイルパンを 奇麗にして



イスズ ピアッツァ

新油を入れて



ATの回復を 願って 状態を確認してみるが・・・・・



 『全く 変わっとらん!』  


トホホ・・・  

 
『どうすれば イイのだろう?』    


「部品無し!」  「整備書無し!」 「関係情報 無し!」  の 三拍子



『行き詰まって しまった!』


イスズ ピアッツァ

現車のATを元に  あらゆる情報を 求めて・・・・・・・・・    



探しに探した 「一週間!」



当時、 このATは  トヨタ と 三菱 の  とある車種にも  「搭載されていた!?」  



と言うところまで 掴めたが 現物を比較してないので 真意の程は  「



これは 「大きな第一歩!?」 では あるが 



他の修理も 有るので 一旦 お休みする事にして





「水の減り!」 を修理しながら 考えときます


イスズ ピアッツァ

では、水周りの修理に 移ります


先ずは プッレッシャーを 掛けて



アチコチの様子を 見てみると



『ラジエターコア がっ!!・・・・・・』



イスズ ピアッツァ

それに エンジンの 下を除き込むと



ラジエターとは 無縁の所も



「水が 垂れてくる!」


イスズ ピアッツァ


せせこましい所に カメラを  忍び込ませて


ズームして撮った写真です。


画面を確認して撮れないので  ピンボケですが 


「ココが 怪しい!!」 ようです

イスズ ピアッツァ

では早速 バラしに 取り掛かります



まずは 「ラジエター」 から


イスズ ピアッツァ

ドレンから 水を 抜きまして


イスズ ピアッツァ

カップリング や 各ホース 


それにプラケットなどを取り外して



「グィッ!」  っと フェンダー越しに 抜くのですが



昔のラジエターは  「重い!」


最後は エンジンに乗っかり 引き抜きましたわ!

イスズ ピアッツァ



イスズ ピアッツァ


お次は


入り組んだ中の 「何処か?」 に向かって


バラしてみましょう!


イスズ ピアッツァ


『この辺り なんだけど!?』



『さっぱり 分からん


イスズ ピアッツァ

とにかく 外します


イスズ ピアッツァ

サージタンクを 外すだけでも



ナットは 外し難いし



ホースは カチコチで  数も多いし 



「メチャ 大変!」


イスズ ピアッツァ

ようやく 外れた サージタンク


イスズ ピアッツァ


僅かな隙間から 顔を出す ホース達


イスズ ピアッツァ

その中で


下に向かって 入り込んでる このウォーターホースが



「一番 怪しい!?」


『いったい 何処に向かってるのだ


イスズ ピアッツァ

それに向かって




更に バラします

イスズ ピアッツァ



パワステホースも 邪魔ですので 取り外し


イスズ ピアッツァ


エアコンコンプレッサーも 


ホースの許す限り ズラしてやります


イスズ ピアッツァ

頭を入れて 除き込む様な スペースは生まれないが


何とか カメラだけは 侵入させる事が 出来ましたので


「パチッ!」    っと 撮りました この写真


「怪しいヤツがっ!?」   しっかり 写っておりました


イスズ ピアッツァ


狭いスペースなので


ミラーを 使って


イスズ ピアッツァ

反射させた所を 見ると



このホースで 間違いなさそうです!



しかし この時  「ホースバンドが 新しい!」  事に気が付いた!




『エンジンを載せ替えた あの時に 取り外したのなら・・・ 』   と思うとガッカリです

イスズ ピアッツァ


このホースを 引き抜き

イスズ ピアッツァ





イスズ ピアッツァ

外した ホースを 



ジックリと見ると


イスズ ピアッツァ

「パックリ!」  割れております


ココが 水漏れの 原因です


イスズ ピアッツァ

エンジン側に 突き刺さったままの ホースも


見ると


「ヒビ割れが 凄い!」

イスズ ピアッツァ



イスズ ピアッツァ


結局、 細いヤツが 2本  太いヤツが 1本 




合計 3本のウォーターホースが 問答無用で 交換です


イスズ ピアッツァ

連日 エンジンの隙間に



「グリ グリ!」  突っ込んでいたので



「たいぶ ヤラレました!」

イスズ ピアッツァ


早速 ダメな ホースの 部品問い合わせを してみるが



予想通り  「部品供給 無し! の回答なので



これを 何とか しなければなりません



まずは 寸法を 取って




それに見合った 「汎用ホースで!」  やってみる事にします


イスズ ピアッツァ

  

しかし、細い2本のホースは すんなり 見付かった のだが



漏れのあった 太いホースが  『見つからん!』



「ブリジス○○」 や 「ヨコハ○」 や 「トガ○」 等々 色々探したが・・・・・・



有名どころなら 「有る!」 と 睨んでいたが



『これが 大きな誤算だった!』


イスズ ピアッツァ


現代の武器?  を駆使して


ようやく見つけ出しましたが


すでに 『丸三日 経ってた!!』

イスズ ピアッツァ

コレを  「無理なく曲がる!」  寸法に切り取り



接触するであろう 部分には  補強テープを巻きつけて

イスズ ピアッツァ


『これで 何とかなるだろう!』


イスズ ピアッツァ


このホースを 下側の ユニオンパイプに 突っ込み


イスズ ピアッツァ

「ニョキィ!」  と 上に出して

イスズ ピアッツァ


コチラに 取り付けます


イスズ ピアッツァ

ホースの取付が 終わったところで


サージタンクを取り付ける前に 各部分をチェックしていた時に



『ATの神様が 舞い降りてきた~!!??』


「奇跡の発見?」  



『恐らく これを修理すれば AT不良は 回復するだろう!!』 




早る気持ちを 抑えて


残りの修理作業に 突入です


イスズ ピアッツァ

サージタンクを 組み付けて



イスズ ピアッツァ

新調した 「ラジエター!」


イスズ ピアッツァ


イスズ ピアッツァ

組み付けまして



イスズ ピアッツァ



イスズ ピアッツァ


ATホースも くたびれてましたので

イスズ ピアッツァ


これも 換えときます

イスズ ピアッツァ

「水漏れ修理!」 が 終わったので


エア抜きをして 


各部の 漏れ確認を します


イスズ ピアッツァ


お次は 「ガソリン漏れ!」 をやります 


こちらの部品も   「供給無し!」 だったので


程よいヤツを 探しに探しまくった 


「一週間!」


こヤツにも  『泣かされました!』


イスズ ピアッツァ

これを取り付けて



ガソリン漏れ修理も終わり



「すべての 修理が完了 です


イスズ ピアッツァ

ATの件ですが


あえて 分かり易いように 「白ペン」 で 印を付けておりますが


本来、その印が 隠れる位置まで チューブが入るようです。 


そのチューブが 2センチ程 抜けかかってる事に 気付いたのです。


「たった コレだけ!」 では あるが


その分だけ ケーブルの全長が 伸びてしまい 


「ATの不具合!」 を起こしていたのです


イスズ ピアッツァ

カシメてあったところから 抜け出たケーブルを戻すには 決して容易でなく


お得意の? 「力技で!」 ねじ込み 取り付けてやりました。


ご覧のように 取り付けてしまえば


ケーブルが 僅かに抜け出ているなんて 判別が出来ないのも


分かって貰えると 思います


『よく気が付いた もんだ 


『もう少しで 迷宮扱いに するところだった

イスズ ピアッツァ


試運転をしてみたら



あの不具合が 解消されて



トップギヤに もっていくのに 「100km/hオーバー!」 なんて事は なくなり



イスズ ピアッツァ

車検にも 合格して


1ヶ月以上もの戦い末 無事に 納車となりました



ありがとうございました。



=============================================


思いますに


エンジンを 載せ替える事になった時に


ディーラーとの 詳細なやり取りまでは 不明では ありますが


「オーバーヒートを起こして!」と言う事を  


事前に把握しての 修理作業であったにも関わらず


ラジエターからの 「水漏れ!」 って!


確かに オーバーヒート修理は


「エンジンを組んで みない事には!」 次のステップには 移れないもの事実です


しかし、オーバーヒートを起こした そもそもの原因は 


「水漏れからでは?」って  真っ先に 思い付きそうな事では あると思うのだが・・・・



それに 「ATの件」も


自論では ありますが 


「ATF交換 直後に!」 不具合を起こす事は 殆どないと 考えております


不具合を起こすなら 「暫くして!」 とか 「後々に!」 など


幾らかの 「時間の経過!」が 有っての話だと 思うのです


なので 「事の成り行き!」に 違和感を覚えたのです


その事で 今回 「発見 出来た!」のかもしれません




車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

オートマ変速ショック修理!『ガツーン!』が直ったぞ!?【三菱ミニキャブ・タウンボックス】東大阪 《車の車検・トラックの修理》

今回の修理は


EKワゴンやトッポbj 、パジェロミニ や ミニキャブ、タウンボックスなど


三菱の 「軽」 特有?の オートマ変速ショックです。


ちまたで 噂されている?症状は どの車種を取り上げても 共通なようで


1速から 2速へ シフトアップする時に 「ガツ~ン!」 と 激しい衝撃が起こります


その事を知らずに 乗れば  「ムチウチに なる!?」 ってヤツで


コチラの お車も ご多分に漏れず その様です

三菱ミニキャブ・タウンボックス

以前に その症状が出た時は


「ATFの交換!」で マシになりましたが



年月の 経過とともに  1速~2速が 「ガツ~ン!」 が激しくなり



どうやら ショックが復活! したようだ


三菱ミニキャブ・タウンボックス


走行距離は 150、000kmオーバーの ご老人ですが



前回の教訓?で 



今回は 「手術!」に踏み切る事に しました



三菱ミニキャブ・タウンボックス


まずは ATオイルパンドレンを 緩めて



オイルを抜き出します



三菱ミニキャブ・タウンボックス


三菱ミニキャブ・タウンボックス

抜き取った ATFは たったこれだけ



2Lも無いでしょうね


三菱ミニキャブ・タウンボックス

お次は 取付ボルトを緩めて



オイルパンを 手で支えて 慎重に 取り外します


三菱ミニキャブ・タウンボックス


残ってた ATFは 結構あるもんです


三菱ミニキャブ・タウンボックス

黒くて 四角いヤツが フィルターで



これも 取り外します

三菱ミニキャブ・タウンボックス


外したフィルターからも 


「ドバ~ ドバァ~~」 と出てきます


三菱ミニキャブ・タウンボックス

見えるは ATFの流れを コントロールする


「バルブボディー!」


三菱ミニキャブ・タウンボックス


長さが マチマチの 取付ボルトを 取り外して


三菱ミニキャブ・タウンボックス


バルブボディーを 降ろします

三菱ミニキャブ・タウンボックス

すると 塞がれていた ATFの通路から


またもや オイルが 「ドバァ~~~」 とな


普段の 「ATF交換!」 では 「到底 抜けない!」 ところも


しっかり 抜けてくれます

三菱ミニキャブ・タウンボックス


今回は このバルブボディーを イジって  どうにか ならないものか?


と言う事で 


こやつを バラしてみたいと 思います


三菱ミニキャブ・タウンボックス


バルブボディーを 「表?」 にして


配線が 繋がった 円筒形の部品が 3個


これが 「ソレノイド!」 




三菱ミニキャブ・タウンボックス


「変速しないぞ!」って時に  疑う所です



三菱ミニキャブ・タウンボックス


まずは コレを 外して


三菱ミニキャブ・タウンボックス


じっくり 眺めて見ましたが


フィルター部分には  「コレだ!」  って言う 異物等は無く


至って 「普通?」


三菱ミニキャブ・タウンボックス

電気的な診断を してみるが



これまた 規定値のようで  



取り敢えず 「白!」 と 判断


三菱ミニキャブ・タウンボックス

お次は 本体を バラしてみますが



余りにも多くの ボルトが有り 



しかも 長さが マチマチなので  



本体を 一旦 「パチッ!っと撮影! して 


三菱ミニキャブ・タウンボックス

後々

「このボルト何処? やったかいな? を防ぎます


三菱ミニキャブ・タウンボックス


本体を 分割してみれば



それぞれの通路は しっかりとした役目が 有るのでしょうが



余りにも 「複雑怪奇!」 で 一見しただけでは



何がなんだか 解らないのが  「バルブボディー!」です



三菱 ミニキャブ・タウンボックス


ポロッ と見つけた 「小さな 鉄のタマ」



このタマを 「失くしたり!」 「場所を間違えたり!」 すると 




大変な事ですので 慎重に 取り扱います 



三菱ミニキャブ・タウンボックス


バルブの ストッパーとして 入り込んでる    「アルミ製 プラグ!」


役目は ただの 「蓋!」


しかし コレを 抜き取るのが   「非常に カタッ! かった」(泣)



バルブボディーに内蔵されている 多数のパーツ達は 何一つ欠けてもダメですが



厄介な事に 単品供給 「ありまへん!」



チギレたり 破損したりすれば   この時点で 「探求修理?」 が 白紙に逆戻り



強制的に バルブボディーの 「アッセンブリー交換が決定!」



なので 無事に 抜けたのが 幸いであった

三菱ミニキャブ・タウンボックス

内蔵されている 「バルブ!」を 抜き取りながら


入り組んだ ATF通路を 点検してみると



てっきり


「何やら 欠けたモノが有るぞ!」  とか



「鉄粉が 堆積してるぞ!」など



確たる証拠が 在るものだと 思っておりましたが



いくら探しても それらしいモノは 見当たらず


「おもいっきり 期待ハズレ!」


「想像していた事と 違うぞ!」



三菱 ミニキャブ・タウンボックス

ハッキリした 「答え!」 を 得る事が 無いまま



精一杯 「出来る事!」 「やれる事!」 「思いつく事」 を施してやりましたが



 
この事によって 「思いもよらぬ 結果!」を 生み出すなんて




想像もしておりませんでした 


三菱ミニキャブ・タウンボックス





付着した ATFを ひたすら奇麗に洗い流した



「バルブボディー!」 です



三菱ミニキャブ・タウンボックス

それでは 奇麗にした バルブ達を


組み付けて行きましょう!

三菱ミニキャブ・タウンボックス


慎重に 被せて 取り付けます


三菱ミニキャブ・タウンボックス

数多くのボルト達を 所定の位置に 取り付けて


三菱ミニキャブ・タウンボックス

残すは 「ソレノイド!」


外したからには  「Oリング」も 変えときます


三菱ミニキャブ・タウンボックス

これで バルブボディーの 組み上げが 終わりました



三菱ミニキャブ・タウンボックス


ATFで ベタ付いた ミッションを 綺麗に拭き取り



三菱ミニキャブ・タウンボックス


組み上げた バルブボディーを 取り付けていきます


三菱ミニキャブ・タウンボックス


モチのロン で ATフィルターも 交換です


三菱ミニキャブ・タウンボックス


ATオイルパンを 取り付ければ



一先ず 取付完了です

三菱ミニキャブ・タウンボックス


最後に ATFを 注入します



三菱ミニキャブ・タウンボックス


「ヤルには やった!が これで ウマくいくのか



「どちらか言えば 決定的な 証拠!が 欲しかった





何となく 不安な気持ち タップリではあるが


早速、エンジンを掛けて 試運転に 出掛ける事にした!



普段なら エンジンの冷え切った 始動直後に 必ず起きる 



「ガツ~ン! ショック!」



「今回も 起きるのかいな!」 って思っておりましたが




見事に  「ガツ~ン ショック 直った!」  



半信半疑だが 「直ってる!」



更なる疑いをもって



エンジンが 完全に冷め切った頃を 見計らって試してみたが



やっぱり 「直ってる!」 みたいだ



当然、翌日も 試したが   「どうやら 直ってる

         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・

思い返せば  『あの作業が 効いた のだろう!?  



車検・修理の お申し込みは こちらまで!!                         東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村


テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ATF交換!目指せ!完全交換まで!?【車検で ガッチリやりましょう? ハイエース編】 東大阪 《車の車検・トラックの修理

前回の つづき 


車検で入庫の ハイエース

ガッチリ   下廻りの 防錆塗装が 一先ず、終わったところで

他の作業へと 移ることにします。

ハイエース
このハイエース


定期的に メンテナンスは しているものの


走行距離が 10万kmオーバーなので 


やっぱり、油脂関係が 気になります

ハイエース
シートを跳ね上げて エンジンルームを チェック!


あれは 去年やったし これは一昨年 やったし


しかし、これは距離からすると 『もうそろそろ だな!』 って感じで 点検していきます。

ハイエース
ATの ゲージを抜いて

汚れ具合を 見てみると  『チョイと 汚い!』

ATFの交換暦は有るが

『いよいよ今回は 本格的にやってみるかっ!』

ハイエース
と言う訳で 


『目指せ!完全交換!?』 を実行してみることに!


早速、ドレンコックを緩めて ATFを 抜き始めてみると

ハイエース
ゲージで 汚れをチェックした時よりも


遥かに 汚れた感じのする   ATFが  ドバッ~ ドバッ~


『これって エンジンオイル?』  

ハイエース
で  抜きたてホヤホヤ  の ATFを


容器に取って  サンプリングしてみましょう

ハイエース
で 抜き取ったATFを 見ると

「透明度ゼロ!」 で チョコレートフォンデュが出来そうな感じに 焼けております

そして、ドレンから抜いたにも関わらず

少量しか抜けないのかが 分かります。

この車に限らず、殆んどの車は 全容量の半分以下しか 抜けないのが 現状で


この問題を  『どう 解消するか?』 が FTF交換のポイントです!

ハイエース
このままでは 終わりません


次に ATオイルパンに 手をつけます

ハイエース
ATオイルパンを 取り外して 見てみると


ドレンコックから オイルを抜いてみたものの 


結構、オイルが 残っているものです

ハイエース

オイルパンに残っていた ATFを廃油缶に 移します 

ハイエース
しかし、オイルパンの底は


依然と 黒済んだ汚れが ビッシリ こびり付いるもので


おもむろに 指でなぞってみます。


「鉄粉 やっ!!」

ハイエース
その こびり付いた鉄粉を ペーパーで


綺麗に 取り除いてやります。


ハイエース

なかなか 頑固で 手を焼かせます 

ハイエース
汚れが スゴいので 


ペーパーも 真っ黒に なってしまい


多量の 鉄粉が溜まっていたのかが これで分かります

ハイエース

ハイエース
ようやく、綺麗になったところで 


オイルパンの清掃作業は 終わりです


底に 黒くて四角いものが 二つ有りますが 


これは 磁石でありまして ATが 働いている過程で発生する鉄粉を


寄せ集める役目をしますが 


鉄粉が多量になると 効果も激減してしまいそうです

ハイエース
オイルパンの作業が 終わったとことで


次に 取り掛かります。


ATが 裸になったところを 下から見ますと 


弁当箱ほどの四角い物が 「AT フィルター」 であります

ハイエース
当然!ですが

フィルターを取り外して 交換と 行きましょう!


が! しかし 

取り付け部を 緩めるや否や 中に溜まっていた汚い ATFが   ドバァ~~   っと溢れ出だし


作業服に掛かり 一気に テンション

ハイエース
フィルターを 取ってみると こんな感じです

ハイエース
ハイエース
肝心の メッシュの部分を見ると


細かな 「異物?」 が へばり付いているのが 伺えます

ハイエース

新品と 並べてみると 違いが分かると 思います

ハイエース
ATの バルブボディ廻りに付いた 


汚れたATFを 綺麗に洗浄してから


フィルターを 組み付けまして

ハイエース
オイルパンを 慎重に被せて


取り付けます。

ハイエース
で コックも締めて

ハイエース
ATFを 注入していきます

ハイエース
エンジンを始動させ  ゲージで ATFの量を確認し


ついでに ATFの 汚れ具合を見ると 透明感の有る 綺麗な状態です。


ここで、一旦作業を中断し 車検を受けるべく 往復2時間


テストドライブ & ATのブン回しも兼ねて 車検場へと 出掛けます。

ハイエース
無事、車検も合格して ATFの 交換作業は ココからが 本番です。

ハイエースを 再びリフトアップして オイルパンの ドレンコックを 緩めて ATFを 抜いてみると


「透明で綺麗な ATF!」  だったハズ!

が またもや!  「エンジンオイル!?」

最初に抜いた時よりも 幾分マシとは言え   「すんごく 汚れてる!」

ハイエース

これも サンプリングで とっておきましょう!

ハイエース

さて、ここからは ATオイルのパイプラインを 使って


交換作業を していきます。


ハイエース

セッティングを 済ませて 


いざ!  交換作業の開始!!


ハイエース

ATFを 注入して

ハイエース

第3回目の 抜き取りを やっていきます。

ハイエース

そして、抜いたオイルを すくって サンプリングを 採っておきます

ハイエース

3回目の交換が 終われば


ATFを 注入して 


4回目の 交換作業へと 進めます

ハイエース

セッティングしては

ハイエース

抜き取り

ハイエース

サンプリング!

ハイエース

抜いては 注入して・・・・・・・

ハイエース
綺麗になった!


もうエエやろぅ~!


って ところまでやって 終了です

ハイエース

幾度となく 抜き取った   「ATF!」 の サンプリング達


順番に 並べてみました ので ご覧ください!

ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース
ハイエース

抜いたATFの サンプリングに 指を突っ込み

ハイエース

指に付いたオイルを それぞれの所へ マークしていき

ハイエース
容器に入った ATFの色合いと 比較してみることに!


実際は 容器に入ったヤツは結構汚れてるにも関わらず


ペーパーに写し取ったものを見ると 


「汚れは それほどでもない!」 どちらか言えば 「そこそこ 綺麗だ!」 って言う具合に感じます

ハイエース

ATFの 「完全交換!?」が 終わって

ハイエース

最後に 量と色合いを 確認して 

ハイエース

終了とします

ハイエース

これで、無事 納車となりました



===============================================================


思いますに
 

端からみれば 不格好で しかも スゴく手間と時間が掛かかり


一日に何台もの交換作業がこなせない アナログチックな作業では ありますが


このアナログのやり方が ATFを綺麗に入れ替えの出来る方法だと 考えてます。




今や 各ディーラー や カー用品店で 「ATF交換」に欠かせないのが チェンジャーです。


その高価であるチェンジャーを使えば! 「さぞかし綺麗になる!」


って 思いガチですが



チェンジャーは ゲージパイプに ストローの様な細い パイプを突っ込み オイルを抜き取ります


その方法が故に 十分な抜き取りが出来ないので オイルパンの中に多量の汚いオイルを残したまま


ATFを注入していきますので 結果として十分な入れ替えが 出来ないのでは?と 思います


それと、長期間交換をしていない車は 「交換すると 調子が悪くなる!?」 みたいな事を耳にしますが


オイルパンに蓄積された 「鉄粉」 を取り除かずに チェンジャーのノズルで


「ブシュ~~」 っと ATFを注入する事で かえって底に溜まっていた鉄粉を カクハンしてしまい 


「寝た子を起こす!」 始末に!?


そして、その「鉄粉」が 「何処やらで 悪さする!」 結果ではないかと思うのです


なので、真っ先に 「鉄粉」を取り除いてやってから 交換作業に移れば ある程度は防げるハズ? と感じます



また、今回の「実験?」 のように


ATFをペーパーに拭き取って 「汚れ具合を見る!」 は


実際、オイルを容器に入れて確認するよりは 「遥かに綺麗に感じる!」と言った結果になり


誤認してしまう可能性が 多分に有ると思います。


まして 交換した後に 実走行したり ATを ブン回さないで ATFの状態を確認すると


「綺麗になった!」 と 錯覚してしまいそうです。





色々やってみて イイ勉強になった作業でありました。


車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
06-6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

不調を修理しましょう ② 【タウンボックス・ミニキャブ オートマ編】  東大阪 《車の車検・トラックの修理》

前回につづき


「不調」 修理の タウンボックス です


内容は 


問い合わせや 依頼も よくあります  「ATショック 対策」 です


1速~2速 変速時に 「結構な ショック」が あるので  


徹底なる ATF 入替と フィルター交換で


不調改善を 目指します   


タウンボックス

まずは ATFの 抜き取りですが 


トルコンチェンジャー なる物を使用して


オイルゲージ ガイドから 「ストロー?」で 吸い出し


抜いた分だけ 注入する



俗に言う 「上抜き」 で交換する のが 一般的ですが



この方法だと 完全には 抜け切れませんので



ワタクシの ところでは


どんな場合でも  アナログな 「下抜き」で ATFを 排出してやります。



タウンボックス

ATオイルパンを 取り外しに 掛かります


タウンボックス

タウンボックス

オイルパンを 取ると 


AT内部の 姿が 見え   


黒い弁当箱の様な 物が 「フィルター」です

タウンボックス


フィルターを 取り外すと


ポッカリ開いた 口が  「ATFの 吸入口」になります


ATFが どんだけ きれい でも


フィルターが 詰まっていれば


AT内部に 「ATFが循環しません」 ので


不調の 原因になります   




長年の 役目を 終えた


「フィルター」を 交換してやり

 
タウンボックス

オイルパンを 組んで


ATFの 注入をしてやります  

タウンボックス

注入が終わり


エンジンを始動し


待つこと3分   


そして  P → R → N → D → 2 → 1


各レンジにて


ATを 猛烈に 活動させて ATFを十分に 循環させてやります

タウンボックス

その後 再び 


ATFを 抜き 


そして 注入


P → R → D → 2 → 1



と言う工程を 繰り返し


タウンボックス

抜き取る ATFが

きれいに なれば 終了

タウンボックス

早速 「町内一周 試運転の旅」に 出かけます   


1速~2速への シフトアップは 


劇的な回復では ありませんが


比較的 スムーズ に 感じられ


3速、4速も 良好でした





思いますに


この車両は 10万kmを 越えており


もっと早くに 対策を しておけば


効果が 顕著に・・・・・


不調を感じたら 


いや 不調を感じる前の 対策が必要かも?



車検・修理の お申し込み お問い合わせは こちらまで!!                  東大阪 《車の車検・トラックの修理》
takaida2250@gmail.com
(06)6781-2250
 




やる気のでるスイッチ 『ポチッ』とお願いします 
       ↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takaida

Author:takaida
ご訪問 ありがとうございます。

大阪の東大阪市で
自動車の車検・修理業を営んでおります。

日々の格闘を見ていただければ幸いです。




車検・修理の お申し込みは   こちらまで!!

 06-6781-2250


 takaida2250@gmail.com

東大阪市高井田6-41
高井田サービス

カテゴリ
最新記事
月別 整備記録
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示